代走

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

代走(だいそう)とは、

  1. 野球において、出塁している走者に代わって出場する選手のこと(ピンチランナーとも)。この記事ではこれについて解説する。
  2. 鉄道などにおいて、ある運用に就く予定だった車両が検査や故障などで運用に就けない場合に、他の車両で運用をまかなうこと[要出典]
  3. 麻雀の競技中において、電話やお手洗い等で席を離れるとき(進行を止めないため)雀荘のメンバーがお客さまの代わりに麻雀を打つこと[1]。麻雀荘独特の用語の一つ

沿革・概要[編集]

19世紀に野球が始まった当初は、試合中の怪我や病気などの理由で先発した選手が試合に出られなくなった場合を除いて、選手の交代が認められていなかった。その後1試合に1人ないし2人といった人数制限、あるいはイニングの間のみといった制限のあるルールが運用された期間を経て、1891年に試合中の選手交代を制限なく行うことができる規則が設けられた[2]。これによって、監督は選手交代を作戦のひとつとして戦略的に行えるようになった。

攻撃側は、ボールデッドのときならいつでも、塁上の走者をまだ試合に出場していない控えの選手と交代することができる。このときの交代選手を代走という。なお、投手は最低1人の打席が終了するかイニングが終了するまで交代できないため、1回表の投手に対しては代走を出すことができない。代走は、交替した選手の打順と守備位置をそのまま引き継いで、引き続き試合に出場する。また代走と交替した選手は試合から退き、以後その試合で出場することはできない。

以前のプロ野球では、主に競り合った試合の終盤で、代走としてのみ起用される選手(言い換えれば、スターティングメンバーとして打席に入ったり守備に就いたりすることが少ない選手)が多く見られた。延長戦などで控え野手がいなくなった場合には、控え投手が代走として起用されることがある。

障害者の大会では、下半身に障害があり満足な走塁が行えない者に対して本人は打撃のみ行い、他の選手を走塁役として起用する形で「代走」が用いられることもある。[要出典]

安全進塁権を行使できなくなった場合の代走[編集]

走者(打者走者を含む)に一個以上の安全進塁権が与えられているとき、通常は、それらの走者が与えられた塁に達するまではそれらの走者を交代させる必要はないが、途中で負傷などにより走塁できなくなった走者(打者走者を含む)については、(ボールインプレイであれば審判員が必要に応じてタイムを宣告し、ボールデッドになった後で)代走と交代できる(公認野球規則5.10(c))。例えば、

  • 死球または危険球を受けた打者がその場から自力では動けなくなってしまった場合
  • 打者が本塁打を打つも、本塁に達する前に脚を痛めて動けなくなってしまった場合

などがこれに該当する。

代走と交代した選手に、本塁までの安全進塁権が与えられていた場合は、公式記録の得点は代走として出場した選手に記録される。

日本プロ野球では、本塁打を打った打者に代走が出されたケースが実際に以下の2例ある(2012年シーズン終了時点)。

代走のみで出場した場合は、連続出場としては記録されない(試合の出場は記録される)。連続出場として記録されるためには、少なくとも自チームのあるイニングの始めから終わりまで守備に就くか、塁に出るかアウトになって打撃を完了する必要がある。ただし、守備の完了、打撃の完了前に審判員によって退場が宣告され試合から除かれた場合には、例外的に連続出場記録として記録される。

臨時代走[編集]

日本の高校野球などでは、打者が死球を受けたときや走者が走塁中に負傷したときなど、走者の治療が必要なときに、審判員の判断により、臨時に代走を出すこと(臨時代走)を許可できることがある。これは、公認野球規則で定められた規則ではないため、大会の特別規定等により条件が異なる場合がある。

日本の高校野球の場合、高校野球特別規則 - 6.臨時の代走者[3]に規定があり、以下、これについて記述する。

高校野球特別規則では、次の趣旨の条項がある。

  1. 臨時代走を送ることができるのは、「試合中、攻撃側選手に不慮の事故などが起き、一時走者を代えないと試合の中断が長引くと審判員が判断したとき」である。
  2. この代走者は試合に出場している選手に限られ(以下のとおり)、相手チームに指名権はない。
  3. 打者が死球などで負傷した場合 : 投手と捕手を除いた選手のうち、打撃の完了した直後の者。
  4. 塁上の走者が負傷した場合 : 投手と捕手を除いた選手のうち、その時の打者を除く打撃の完了した直後の者。
  5. 臨時代走はその代走者がアウトになるか、得点するか、またはイニングが終了するまで継続となる。
  6. 臨時代走者に替えて別の代走を送った場合、負傷した選手に代走が起用されたことになり、負傷選手は以後出場できない。
  7. 臨時代走者の記録上の取り扱い : 盗塁、得点、残塁などすべてもとの走者の記録と扱われる。

高校野球では臨時代走のルールを巡り監督、審判団の誤解、誤認事例も散見され、全国大会では、2011年の全国高等学校野球大会東洋大姫路 - 海星)戦が有名で同校の監督の誤認より選手を交代しなければならない事象が発生した[4]

地方大会では2004年山梨県大会決勝 東海大甲府対甲府工業戦で臨時代走者を巡る選手交代で審判団がルールを誤認、選手交代を誤審した結果、甲府工業、東海大甲府両校ベンチより選手交代は誤審とのアピールを受けた。日本高野連より誤審と判断されたが訂正はなく、試合は続行された事例[5][6]、「臨時代走の臨時代走」が出された事例、1イニングに2度臨時代走が適用され、さらに塁上にいる臨時代走者に打順が回ったような事例も存在した[7][8]

代走に関する記録[編集]

プロ野球記録[編集]

  • 通算代走盗塁数 - 藤瀬史朗(105盗塁)
  • シーズン代走盗塁数 - 藤瀬史朗(25盗塁、1979年

代走に関する記録・エピソードを持つ選手[編集]

  • 飯島秀雄 - 元陸上選手。代走要員としてドラフト指名され、打席に立ったのは二軍戦での一打席のみ。
  • 盛田嘉哉 - 実働4年通算出場51試合で代走としての出場のみ。

典型的な代走要員[編集]

  • 羅本新二 - 出塁数16に対し、得点29、盗塁30、盗塁刺13を記録。
  • 湧川勉 - 出塁数6に対し、得点15、盗塁9、盗塁刺5を記録。
  • 今井譲二 - 出塁数7に対し、得点83、盗塁62、盗塁刺21を記録。
  • 高波文一 - 出塁数91に対し、得点119、盗塁52、盗塁刺24を記録。
  • 中野誠吾 - 出塁数0で、盗塁5を記録。
  • 浜中祥和 - 出塁数90に対し、得点88、盗塁51、盗塁刺27を記録。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本プロ麻雀連盟公式ホームページ 麻雀用語辞典
  2. ^ Baseball Rule Chronology”. 2009年11月6日閲覧。
  3. ^ 日本高等学校野球連盟. “高校野球特別規則 - 6.臨時の代走者”. 2012年11月11日閲覧。
  4. ^ 福田豊. “臨時代走に代走を送ってしまったら...”. ふくださんの高校野球が好き. 日刊スポーツ. 2012年11月17日閲覧。
  5. ^ 『高校野球「事件史」』―いま、あの場面、この光景が鮮烈に甦るー高校野球の歴 ベースボールマガジン社
  6. ^ 『県別全国高校野球史』ー森岡 浩 東京堂出版刊
  7. ^ 福田豊. “臨時代走に代走を送ってしまったら...”. ふくださんの高校野球が好き. 日刊スポーツ. 2012年11月11日閲覧。
  8. ^ その他 Ⅰ.アクシデントによる中断時 4.臨時代走 (PDF)”. 阪神甲子園球場 場内アナウンスマニュアル《高校野球編》. 長崎県高等学校野球連盟. p. 11. 2012年8月22日閲覧。

参考文献[編集]