野球の各種記録

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

野球の各種記録(やきゅうのかくしゅきろく)は、野球に関する記録について論じる。野球は、他のスポーツと比べても、1つのプレーごとにゲームを分けて記録することが容易であるため、多くのスポーツで得点以外には統計が取られなかった19世紀から、有力選手の各種記録が試合結果と同様にファンに楽しみを提供してきた。

各種記録は、野球の誕生直後から統計が取られ続けているものから、最近になって考案された新しいタイプの統計まで様々である。

日本における記録[編集]

以下は日本プロ野球における公式記録である。これら以外にも非公式な記録が数多く存在する。

総合記録[編集]

打撃、走塁、投手、守備などの出場形態を問わず記録される。一部門しかないため、打撃記録に含むことが多い。

打撃記録[編集]

野球において最も注目を集めるのが打撃記録である。ほとんどが打席毎の打撃結果を記録したものであり、打者の能力を示すものが多い。このほかには単打長打本塁打率得点圏打率打撃妨害などが一般的である。また、過去には勝利打点が公式記録として採用されたこともあったが、現在では廃止されている。

走塁記録[編集]

出塁後のプレーによって記録されるものである。この他には盗塁成功率が一般的である。項目が少ないため、打撃記録に含むことが多い。

投手記録[編集]

主に、試合を通じての成績を記録したものと、打撃記録に対応した打者毎の成績を記録したものがある。前者は勝敗への貢献度に重きがおかれるため、チーム成績如何では能力を適切に評価したものではない。抑え投手の表彰のためにセーブが導入されたのに続き、2005年度より中継ぎ投手の表彰のためにホールドが公式記録として集計されるようになった。投手の勝敗・セーブは勝利チームが没収試合の対象となり0-9の敗戦となった場合、取り消しとなる。

守備記録[編集]

守備位置ごとに記録するが、外野手に限り左翼中堅右翼を同一とみなして集計する。野球の記録において、最も整備されていない分野である。守備率は消極的な守備をする選手ほど良くなる傾向にあるため、野球用具の発達によって失策数の減った現在では全く意味をなさない。補殺、刺殺で評価するのが適当であるが、より効果的な記録の考案が待たれる。この他には盗塁阻止率が一般的である。

表彰関連[編集]

プロ野球における表彰は、記録によるものと投票によるものがある。公式な記録によるものは上記のとおりであるから、投票によるものと非公式な記録によるものを記載する。ただし、ゴールデングラブ賞などの特別賞は除く。

妨害[編集]

メジャーリーグなどで用いられる記録・指標[編集]

投手記録[編集]

打者記録[編集]

守備記録[編集]

走塁記録[編集]

その他[編集]

その他の指標[編集]

投手[編集]

野手[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]