パームボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パームボールの握りの例

パームボール (: palmball)とは、野球における変化球の1つ。単にパームとも呼ばれる。

投法[編集]

「パーム」とは英語で「手のひら」の意味で、指を伸ばした状態で手のひらと親指、小指あるいは薬指も使用してボールを支え、手のひらで包んで押し出すように投げる。手のひらが柔らかかったり指が短かったりする投手に向いている。一方、握りが他の球種と大きく違うため打者に判別されやすく、特殊な投げ方から手首や肘に負担がかかりやすい球種でもある。

変化[編集]

遅い球速で回転も少なく、リリース直後から縦に大きく落ち始める。リリースの瞬間は手のひらを転がるため、高めに投げ出されるような錯覚を打者に与えやすく、そこから落ちることでドロップと同様に打者の視線を上下させやすい。無回転に近くナックルボールのように揺れて落ちるものや、横回転が加わってスライダー気味に変化するものもある。風や湿度といった天候状態により変化の度合いが大きく左右され、投げる度に違う変化を見せることもある。しかし、カーブチェンジアップと同様に球速が遅く球に勢いがないため、タイミングを合わせられると長打になりやすい。

歴史[編集]

考案者については複数の説があり、はっきりしない。少なくとも戦中戦後において米球界でジム・コンスタンティーサチェル・ペイジが投げていたとされる。

日本においては1948年近藤貞雄が右手中指の神経の損傷をきっかけに、曲がった中指をいかしたパームで再起を果たした[1]。また、小山正明はアメリカの雑誌を参考にパームを習得しテスト生から300勝投手になった[2]。小山は後に石井丈裕にパームを伝授している。

現代のMLBではトレバー・ホフマンが決め球としていたほか、キャリア初期においてロイ・ハラデイも投げていた。NPBでは帆足和幸浅尾拓也[3]らが投げる。特に帆足がサイドスロー気味のスリー・クォーターから投げるパームは、スライダーと間違われるほど横方向にも変化するため、帆足の投げるパームボールはスライドパームと呼ばれている。

脚注[編集]

参考文献[編集]