チェンジアップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チェンジアップの握りの例

チェンジアップ(changeup)は野球ソフトボールにおける球種変化球)の一つ。

概要[編集]

チェンジアップはボールを鷲掴みにするなどボールに力が伝わらないように握りを工夫することによって速球と同じ腕の振りから投じられる遅いボールである。主に打者のタイミングをずらすために投じられる。

握り方に統一性はなく、様々な握りや投法の違いにより変化・回転・球速も変わる。速球と同じくフォーシームとツーシームの握りがあり、フォーシームは比較的曲がりが小さく制球し易い、ツーシームは利き手方向に曲がる軌道を描くが制球が難しいというのが一般的だが、フォーシームでも曲がりの大きいチェンジアップを投げる投手もいる[1]。また、握りによっては固有の名称が付けられているものもある(#種類を参照)。フォークボール等に比べ肘や肩に負担が軽いと言われるため、「投手の肩は消耗品」との考えが支配的なアメリカ合衆国では非常に多用されている。

起源は1800年代後半にプレーしたティム・キーフだと言われている。当時は下手投げのみのルールから上手投げが可能となる移行期で、速球カーブと違いタイミングを外す球種という意味でスローボール(英: slow-ball)とも呼ばれた(イーファスピッチとは別の意味)。

変化[編集]

速球より回転が少なく球速も遅いため、減速しつつ沈む軌道になり、回転の向きがバックスピンから傾いて横回転が加わっていれば右か左に曲がりながら沈む。変化よりも打者に速球と誤認させることが重視され、速球との速度差が大きいと打者からはボールが失速しているように感じられる場合もある。

日米の違い[編集]

日本では「チェンジ・オブ・ペース」と「チェンジアップ」は、どちらも「タイミングを外す遅いボール」を指す言葉であったが、2000年代に入ってからチェンジアップは変化球として分けて認識するようになった。アメリカでは球速に緩急をつけることをチェンジ・オブ・ペースと呼んでいたが、直球と同じ腕の振りから投じられる球速の遅いボールのことを全般にチェンジアップと言うようになり、また、緩急をつけるのは当然となったのでチェンジ・オブ・ペースが球種のように使われることはない。高津臣吾シカゴ・ホワイトソックス在籍時は投げる変化球全てがMLBの標準球速より数段遅いため、アメリカの解説者は高津のシンカーカーブを全てチェンジアップと実況していた[1]斎藤隆週刊ベースボール誌上で「メジャーでは自分なりに考えた分類不可能な変化球も全て大雑把に『チェンジアップ』と呼んでいるみたいです」と述べている。

種類[編集]

チェンジアップは主に握りの違いによって分類される。

サークルチェンジ[編集]

チェンジアップ(サークルチェンジ)の握りの例

サークルチェンジ(英: Circle change、Circle changeup))は、人差し指と親指で輪(サークル)を作り中指から小指でボールを保持する握りで投げるチェンジアップで、現在最もポピュラーな握りのチェンジアップと言われている[2]。握りがOKサインにも似ている事からOKボールとも呼ばれる。この握りにより速球と同じ様に腕を振っても球速とボールの回転が抑えられ、概して速球より球速が15~25km/h程遅く、沈むような軌道を描く。

人差し指と親指で作る輪の形は人差し指と親指の先端をつけて大きな輪を作る形や人差し指を親指の根元につけて小さな輪を作る形など投手によって違い、個人差はあるが握りの構造上シュート回転がかかりやすく、シンカーのように利き手の方向へ微妙に曲がりながら落ちる場合が多く、シンカー・スクリューボールに近い変化をすることからシンカーチェンジ(英: sinker change)やチェンジアップシンカー(英: change up sinker)とも呼ばれることもある。グレッグ・マダックスペドロ・マルティネスコール・ハメルズが代表的な使い手。

スプリットチェンジ[編集]

スプリットチェンジ(英: Split change、Split Finger Changeup)は、フォークボールのように人差し指と中指の間にボールを挟んで投げるチェンジアップで、打者の手元で鋭く沈む[2]ギャレット・オルソンによると、スプリットチェンジの利点は通常フォークボールなら折りたたむはずの薬指をボールに添えることで様々な変化をさせることができるという[1]ティム・リンスカムが代表的な使い手で、近年使い手が増え[2]ロイ・ハラデイエドワード・ムヒカアレックス・カッブらが投げている。

バルカンチェンジ[編集]

チェンジアップ(バルカンチェンジ)の握りの例

バルカンチェンジ(英: Vulcan change、Vulcan changeup))は、中指と薬指でボールを挟んで縦に速く落ちるチェンジアップでスプリットフィンガード・ファストボールに近い変化をする。タイミングを外すよりも空振りを取る事を目的とするが、球速を重視すると体への負担が大きい。サークルチェンジの握りから中指と薬指でボールを挟み込んで投げ、ボールの縫い目に指をかけるかどうかでシュート回転などの横変化をつけることが可能。

「バルカン」の名称はアメリカのSFテレビドラマ『スタートレック』シリーズに登場するバルカン人が行う、人指し指と中指、薬指と小指をそれぞれくっつけ、中指と薬指の間と親指を開いて相手に掌を見せるバルカン式挨拶に似た握りであることが由来である。エリック・ガニエが代表的な使い手で、ジャレッド・バートンギレルモ・モタらも投げている。日本球界では大隣憲司大竹寛セス・グライシンガーが投げている。また、潮崎哲也はバルカンチェンジの握りでシンカーを投げていた。

パームボール・チェンジ[編集]

トレバー・ホフマンのチェンジアップの握り

パームボール・チェンジ(英: Palm ball change)は、親指と人差し指、小指で深く握るスリーフィンガーと呼ばれるパームボールのような握りで投げるチェンジアップ[2]トレバー・ホフマンが代表的な使い手で、ドニー・エリオットから教わった[1]。ホフマンによると、本来のパームボールと違って速球に近いバックスピンがかかるという[1]。ホフマンのチェンジアップは彼の140km/h前後の速球より16km/h前後遅い[3]124km/hほどの球速で、投手と打者の中間地点から急に数インチ沈む変化をした[4]キース・フォークフェルナンド・ロドニーらが投げている。特にロドニーは、薬指を使って変化を調節して投げることもある[5]

その他[編集]

カーブに似た握り方から投げるチェンジアップをリトルリーグチェンジアップ、指先でなく指の腹の部分でボールを持つようにして投げ縦に落ちるチェンジアップをストレートチェンジと呼ぶ事がある。

ヨハン・サンタナのチェンジアップは速球との球速差が大きく、打者にはタイミングが合わせ難い事をパラシュートが開いてブレーキがかかる様に例えてパラシュートチェンジ(英: Parachute change)と呼ばれる。

球速の速いチェンジアップは高速チェンジアップと呼ばれ、ダルビッシュ有2010年から投げ始める。MLBでは特にフェリックス・ヘルナンデススティーブン・ストラスバーグのチェンジアップの球速が速く、球速90mph(145km/h)以上を記録することもある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『メジャー・リーグ変化球バイブル』 ベースボール・マガジン社、2010年ISBN 978-4-583-61678-0
  2. ^ a b c d 2010-11 MLB投手白書 球種別解説&データファイル チェンジアップ『月刊スラッガー』2011年2月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌15509-2、17頁。
  3. ^ Jack Curry, "Hoffman Savoring Fresh Start With Brewers," NYTimes.com, May 28, 2009. 2009年11月8日閲覧。
  4. ^ Josh Kalk, "Anatomy of a player: Trevor Hoffman," The Hardball Times, January 13, 2009. 2009年11月8日閲覧。
  5. ^ 2012-13 MLB投手白書 球種別解説&データファイル チェンジアップ『月刊スラッガー』2013年2月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌15509-2、29頁。

外部リンク[編集]