バルカン人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

バルカン人(バルカンじん)またはヴァルカン人(ヴァルカンじん、: Vulcan)はアメリカのサイエンス・フィクション・テレビドラマ『スタートレック』シリーズに登場する、架空の種族(異星人)である。母星はバルカンヴァルカン)。

概要[編集]

『スタートレック』シリーズを通じて登場する異星人で、尖った耳とつりあがった眉毛、つむじからまっすぐに伸びた髪型、細身の体形が外見上の特徴であり、(スタートレック:エンタープライズでは太目のバルカン人も出ている)高い知性を有するヒューマノイド、論理的で自制心が非常に強いという特徴で描かれている。ベータゾイド人(1701-Dのカウンセラーディアナ・トロイおよびその母親ラクサナ・トロイ)ほど強力ではないが、長く種族間で磨き上げたテレパシー能力があり、触れた相手と精神的にも接触することができ、使い方によっては気絶させる事も出来る。心臓の位置が人類と逆の位置にあり(宇宙大作戦の第14話「宇宙軍法会議」では心臓の鼓動音が確認されているのに、宇宙大作戦の第54話「細菌戦争の果て」では心臓そのものが無いと描写される等の矛盾がある)、血液が銅を元とする緑色で、母星は大気が地球より希薄な上、高重力に適応しているために強靭な身体機能(筋力、瞬発力は人間の三倍とされている)を持っている。寿命は二百数十年である。 なお、宇宙大作戦のエピソード「デネバ星の怪奇生物」では「まぶたが二重で、地球人なら失明してしまうほどの強烈な光にも耐えられる」という設定もあったが、以後の作品ではなかったことにされている。

地球人とのファーストコンタクト2063年4月5日であり、これは公式上地球人初の異星人との接触となる(あくまで公式なのは、1947年にはクワークらが、1950年代にはトゥポルの曾祖母がすでに地球に降り立っているため)。恒星間航行を習得した人類(地球人)の先輩格にあたる種族で、技術的な成熟過程にあった人類に精神的な成熟を要求し、恒星間航行を2151年まで差し止めた歴史もある。 感情的な反応を強力な自制心で押さえ込むことを、強い思想的信条(宗教的戒律?)としており、論理的であることを尊ぶ。儀式による精神性の追求を行い、宇宙探査も彼等にしてみれば、他種族との交流によって自らの精神性を高める修行のひとつであるようだ。そのため、ヴァルカン船は攻撃力も防御力、解析力もあまりなく、時代差による技術の問題もあるであろうが、『スタートレック ファーストコンタクト』ではU.S.S.エンタープライズEを探知できなかった。論理的であるが非情ではなく、人類のことは感情的で未成熟な種族と見なすことも多い半面、活力に溢れた魅力的な種族とみなすこともある。論理的でない相手・事象には「非論理的だ」というのが有名である。また歳を重ねることも、経験によりさらに高次な論理的精神を有することができると考え、人間のように加齢に対する嫌悪感は全くなく、寧ろ肯定的に捉えている。

『スタートレック』シリーズの世界では、その論理的な判断力や学究的姿勢が要職や科学士官に打って付けという暗黙の了解もあるらしい。カーク船長と(ハーフ・ヴァルカン人の)科学士官スポックのコンビ(宇宙大作戦シリーズ)は有名だが、これもアーチャー船長と科学士官/副司令官のトゥポルという前例があってこそ、という説が出ている。精力的で機知に富む地球人と精神性と論理を尊ぶヴァルカン人の組み合わせは、興味深い相互作用効果を生むようだ。熱血漢のカークが思わず漏らしたスラング(例えば「光子魚雷をぶちまけろ!」など)にスポックが「船長、その表現は非論理的です」などというやりとりも面白い。

ヴァルカン・サリュートの手

人指し指と中指・薬指と小指をくっ付け、中指と薬指の間と親指を開いて、相手に掌を見せ、「長寿と繁栄を」"Live long and prosper"というヴァルカン式挨拶(ヴァルカン・サリュート)は有名で、スタートレックファンなら常識だが、しばしば他のSF作品などの中でも、パロディとして登場している。また、片眉を吊り上げて否定的驚きを表すこともあり、スポックがよくしていた。さらにヴァルカン・アタック(Vulcan nerve pinch, ヴァルカン神経掴み)と呼ばれる、首の付け根の辺りを強く掴んで神経を圧迫することで相手を気絶させる攻撃ができる。この技はヒューマノイド型であれば種族は問わず有効である(ただしボーグは例外)。戦闘を好まないヴァルカン人にとっては、やむをえない時にのみ使用するようだ。このヴァルカン・アタックは非常に強い握力と繊細な指先の感覚が必要であり他種族では習得が難しい。映画『ST3』においてスポックがドクター・マッコイに乗り移っている時に試みた際には失敗している。新スタートレックに登場するアンドロイド・データはこれを簡単にやってのけ、スポックから「やるね(Not bad)」と称賛を受けた。

ロミュラン人とは古い血縁関係にあるが、ロミュラン側は非常に感情的で攻撃的である(後述)。

宇宙大作戦の時代の後付け設定では「男性名は必ず『S―』、女性名は必ず『T'-』から始まる」とされていたが、宇宙大作戦の劇場版以降の作品ではなかったことにされている。ちなみに、英語の綴りは、トゥヴォックは「Tuvok」、トゥポルは「T'Pol」(後者は「T」の後に母音がない)と、明確に区別されている。

シリーズ中でのバルカン人(ヴァルカン人)の描写[編集]

ポンファーと呼ばれる7年毎の発情期があり、本来感情を抑制することを尊ぶヴァルカン人にとっては、自己嫌悪や屈辱的な気分に襲われることもあるようだが、それ以上に身を焦すような焦燥感を含む苦痛を味わい、生殖活動(精神的な接触も含まれるようだ)を行わないと、苦しみの内に死ぬ事もある。このため7歳の時に婚姻した相手と交わるか、船内娯楽設備のホロデッキと呼ばれるバーチャルリアリティで性的な葛藤を処理することになる(VOYトゥヴォックは、妻に会えないのでポンファーの時期をホロデッキで過ごした。さらにトム・パリスハリー・キムにポンファーの時にできた娘から年齢を計算されている)が、特定の異性に熱烈に迫る傾向が強過ぎて、ホロデッキで処理することができない場合もある。また、クナット・カリフィーと呼ばれる決闘でも発情を収めることができる。(これは主に婚姻に異議のある者との配偶者を取り合う死闘である)この期間のヴァルカン人は感情的で少々危険ですらある。なおこの期間が過ぎれば(多少の自己嫌悪は残るものの)元に戻る。

元来、ヴァルカン人は感情的な部分を強く持っており、非常に好戦的ですらあった。しかし哲学者スラクの提唱したイディックIdic)という思想に基いて、テレパシーを用いた精神融合により感情をコントロールする術を学んだとされる。血気盛んな青年期には感情が暴走する傾向も強いため、このイディックを学ぶ事が必須とされ、論理を否定する者にはヴァルカン・マスターと呼ばれる長老的人物がイディックを教えることになる(VOYのトゥヴォックもこの経験がある)。また高齢になるとベンダイ症候群という病気(一種の加齢による精神障害)等によって、感情の抑制が効かなくなることもある。

なお、このイディックに不信を抱き、ヴァルカン人と袂を別ったのが、後のロミュラン人とされている。

この生来の感情は、人類のそれよりも遥かに強烈な物で、新スタートレックのピカード艦長は惑星間平和調停の付いている最中の、ベンダイ症候群で感情の抑制が効かなく成り始めていたヴァルカン大使サレクスポックの父)の感情を抑えるべく、イディックの真髄とも云える精神融合を行い、そのあまりに強烈な感情に翻弄され、危うく人格を破壊される寸前にまで追い込まれた。無事で済んだのはピカードが長年の訓練によって習得した自己抑制の結果であって、普通の人間なら、あまりの感情の強さに死に至る危険のある行為ですらあった。

自室でも瞑想(日本の座禅と考え方が近い)や、カルトーという一種のパズルなど論理的思考力を養うゲーム等をしている。また、精神融合をするにもこの瞑想をして精神をより研ぎ澄まさなければならない(精神融合が諸刃の剣のため)。バルカンの精神修養法は精神融合などの種族由来のものを除けば他種族も教わって行うことができる。精神修養の一環で武術を行うものも多く、トゥボックは弓術の達人でもあり、サレクは襲い掛かってきたテラライト人大使を苦も無く弾き飛ばした。

バルカン人の中には感情を開放すべき、または感情を抑制せずに論理との調和を求めるべきと考える者達も存在するが、彼らは多数のバルカン人から異端として扱われている。しかし、後にバルカンの精神修養で重要となる精神融合を古代の文献から再発見したのは彼ら異端派であった。

また逆にバルカンの論理を守るために惑星連邦からの脱退を求める一派も存在する。

代表的なバルカン人(ヴァルカン人)[編集]

スポック(宇宙大作戦)
トゥヴォック(ヴォイジャー)
トゥポル(エンタープライズ)
ソヴァル
22世紀中頃の在地球バルカン大使。若い頃は軍の事務官だった。地球人を野蛮で未熟な種族と看做しており、ディープスペースへの進出を妨害していた。ジョナサン・アーチャー大佐が指揮するエンタープライズNX-01の進宙にも反対していたが、バルカン・アンドリア間の領域紛争において、アーチャー大佐が公正な立場を崩さずに仲介役を見事にこなして見せると、地球人への見方を少し変化させ始める。ズィンディ危機に際してエンタープライズNX-01がデルフィック領域の拡大を阻止した事実を知ると、地球人のディープスペース進出に反対していた自身の判断は間違いだったと認めた上で、「放置していたらバルカンも領域に飲み込まれていた、ありがとう」と言ってアーチャー大佐に握手を求めた(当時のバルカン人にとって握手は不快な行為)。2154年に在バルカン地球大使館で発生した爆弾テロ事件において、地球連合宇宙艦隊のマクスウェル・フォレスト提督がソヴァルを庇って命を落とした。これ以降、ソヴァルは親地球派の立場を明確に示すようになる。地球人から見れば高圧的なバルカン人の代表のような人物であるが、実は情に厚く地球人にも親近感を抱いており、職務遂行のためにそれらの感情を押し殺していた。また、生まれつき精神融合を行なう事が出来る融合者でもある。
ソロック
惑星連邦宇宙艦隊の大佐。ネビュラ級U.S.S.トゥカンブラの艦長。バルカン人は感情を制御する術を持たない(ソロックはそれを「ハンディキャップ」と看做していた)他の種族、特に地球人よりも優秀であると信じており、自身の指揮する宇宙船のクルーは全員バルカン人で固めている。他種族との勝負事に勝ち相手が悔しがる様を見る事に愉悦を感じ、またその勝利を繰り返しひけらかす事で優越感を得るという、バルカン人には珍しく非常に歪んだ性格をしている。しかし指揮官としては優秀で、ドミニオン戦争中は艦の修理等で後方に下がる事なく半年間も前線に留まって戦い続けた。またクリストファー・パイク栄誉勲章を2度も受勲している。DS9のベンジャミン・シスコ司令官とは艦隊アカデミーの同期だが、バーでのレスリング勝負に端を発する因縁で20年来の確執がある。
ヴラス
22世紀中頃のバルカン政府の行政長官。ロミュランと内通しておりバルカンを弱体化させるため、スラクの教えを捻じ曲げ不寛容で偏狭な社会を作り上げてきた。2154年の革命で失脚。
クヴァック
22世紀中頃のバルカン政府の大臣。ヴラスの政策に疑問を持ち、対立していた。2154年の革命でヴラスが失脚するとバルカン政府の中心的人物となり、以降は地球に不当な干渉を行なわない方針を打ち出した。
トゥパウ
22世紀中頃の反政府活動家。真のスラクの教えを信奉するシラナイトの構成員で、ヴラス率いるバルカン政府から弾圧を受けていた。2154年の革命後、ヴラス政権も終了、その後トゥパウが新たな最高司令官に就任、その後、軍事政権時代に失われつつあった「スラクの真の教え」を元にヴァルカンを立て直すことに尽力する。
宇宙大作戦「バルカン星人の秘密」に同名のバルカン人女性長老が登場するが、同一人物かどうかは不明。
ヴラー大使
22世紀中頃のバルカン政府のマザール(星の名前)元大使、マザールの汚職を法廷で暴く為に、あえて汚名を着て職権乱用及び違法行為の罪を受け追放される。
バルカンの文化や習慣を客観的に見る事ができる人物。地球の文化・習慣・礼儀も熟知しているだけじゃなく、冗談や応対までも地球人に合わせる事ができる。異種文化も尊重しバルカン人とは思えない程、社交的な人物でもある。
スタートレック:エンタープライズ 第23話 "Fallen Hero" 「追放された者への祈り」
ヴェリック
2137年、タッカーに生物を教えた教師。(専門は異星人)
メノス(Menos)
22世紀中頃のバルカン人、スタートレック:エンタープライズ第33話"The Seventh"「封印された記憶」にて、アガロンの指導者がバルカンとの同盟締結協議の際、バルカンに助けを求めた。100名以上の、バルカン・エージェントが整形手術を受け、腐敗した政治組織に潜入した。最後には、彼らの働きでそこにいた犯罪組織を一掃するが、中には腐敗した政治組織に影響を受けて自らも犯罪に手を染めるエージェントが出る。メノスはその1人である。メノス(Menos)役は、ブルース・デーヴィソン (Bruce Davison)が演じている。日本語版の吹替えは牛山茂で、牛山茂は他に新スタートレックのローア・「【映画】スタートレックV 新たなる未知へ」ではヒカル・スールー等の吹替えをしている。
トゥレス
22世紀中頃のバルカン人、トゥポルの母親。バルカン科学アカデミー (Vulcan Science Academy)の元教師、プジェム(P'Jem)=修道院が破壊された後、首席大臣が解雇されバルカンの保安省がトゥポルを恨み、トゥポルの母親であるトゥレスに圧力をかけ退職するか解雇か選択させられ、トゥレスは退職する事を選択する。後にトゥポルの婚約者コスの手を介して渡されたイディックのペンダントから母トゥレスがシラナイトであることが分かる。スタートレック:エンタープライズ第84話 "Awakening" 「陰謀の嵐」で死亡する。
トゥミア
地球暦1957年に、地球初の人工衛星スプートニクを観測するため太陽系を訪れたバルカン科学調査船の副長。トゥポルの曾祖母に当たる。地球の軌道上で船に重大なトラブルが発生し、船はアメリカ合衆国ペンシルベニア州カーボンクリーク郊外に墜落したため、初めて地球に上陸したバルカン人の1人となる。墜落の際に船長が死亡したことから、生存者たちの指揮をとった。当初は墜落地点付近で野営していたが、通常想定されている期間内に救助が来ず非常用食料が尽きたため、メストラルの提案で正体を隠してカーボンクリークの町に移動し、酒場のウェイトレスとして働いて日銭を稼いだ。地球人を暴力的で自滅寸前の種族と看做し嫌悪していたが、酒場の女主人マギーの高校生の息子ジャックが天文学や数学、瞑想などの精神鍛錬法を熱心に学んでいることを知り、次第に地球人への印象を変化させていく。郡で最も優秀な成績を修めたジャックが学費を用意出来ず大学進学を諦めて働くつもりだと聞くに至り、装備品に付いていたマジックテープを自分の発明と偽って地球人の企業に売り、得た多額の金をこっそりジャックの学費として寄付した。カーボンクリークに数ヶ月滞在した後、救助に来たバルカンに回収され地球を去った。メストラルとは文化汚染に対する考え方の違いから対立していたが、結局地球に残留を希望する彼のため、救助に来た上官には「メストラルは墜落時に死亡した」と虚偽の報告をした。地球で購入しバルカンに持ち帰った布製のバッグは、200年を経てトゥポルに受け継がれている。
なお、トゥミア役はトゥポル役のジョリーン・ブレイロックが演じ、日本語版の吹替もトゥポル役の本田貴子が担当した。
メストラル
地球暦1957年に、地球初の人工衛星スプートニクを観測するため太陽系を訪れたバルカン科学調査船の乗員。当時のバルカン人には珍しく非常に柔軟な思考の持ち主で適応力も高く、カーボンクリークの住人たちにすんなり溶け込んだ。野球やテレビなどの文化に強く惹かれると同時に地球人に好印象を抱き、逆に悪印象を抱いているトゥミアに対し「もっと注意深く観察すればそんな結論にはならないはずだ」と反論した。「地球人から学ぶことは沢山ある」として帰還を拒否、その後の一生を地球で過ごした。バルカンの公式記録では、墜落時に船長と共に死亡したことになっている。
ストラン
地球暦1957年に、地球初の人工衛星スプートニクを観測するため太陽系を訪れたバルカン科学調査船の乗員。カーボンクリークでは配管工として働いた。本業はワープフィールド・エンジニア。地球人に嫌悪感を抱いていたがいかにも生真面目なバルカン人らしく、救助船の到着日時が分かり仕事を辞めた後も「約束したから」と言って律儀にギャレット夫人宅台所の水漏れを修理しに行っていた。髪型が「三ばか大将(原題はThe Three Stooges)」のリーダー、モー・ハワード(Moe Howard)に酷似していたため、ギャレット夫人の息子からしつこく「モー(Moe)」と呼ばれて憤慨した。救助船到着時にトゥミアと共に地球を去った。文化汚染の危険を省みないメストラルの言動に批判的だったが、彼の希望を叶えるためトゥミアが救助チームに虚偽の報告をするのを黙認した。

関連項目[編集]