スタートレック ジェネレーションズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スタートレック ジェネレーションズ
Star Trek: Generations
監督 デヴィッド・カーソン
脚本 ロナルド・D・ムーア
ブラノン・ブラーガ
原案 リック・バーマン
ロナルド・D・ムーア
ブラノン・ブラーガ
原作 ジーン・ロッデンベリー
製作 リック・バーマン
製作総指揮 バーナード・ウィリアムズ
出演者 パトリック・スチュワート
ウィリアム・シャトナー
音楽 デニス・マッカーシー
撮影 ジョン・A・アロンゾ
編集 ピーター・E・バーガー
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1994年11月18日
日本の旗 1995年12月23日
上映時間 118分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $35,000,000[1]
興行収入 $118,071,125[1]
前作 スタートレックVI 未知の世界
次作 スタートレック ファーストコンタクト
テンプレートを表示

スタートレック ジェネレーションズ』(Star Trek: Generations)は、 1994年アメリカ映画スタートレックの映画第7作目。『新スタートレック』の登場人物が出演する劇場版としては、第1作となる。監督はデヴィッド・カーソン

宇宙大作戦』(TOS)と『新スタートレック』(TNG)、新旧2世代の登場人物が共演を果たし、シリーズの重要なキャラクターが死亡するという展開で話題を集めた作品。興行収入1億ドルを超える大ヒットとなった。

あらすじ[編集]

2293年U.S.S.エンタープライズBの進宙式に招待された先代エンタープライズの元船長ジェームズ・T・カークらは、そのまま試験航海に同行した。救難信号を受けたエンタープライズBはリボン状のエネルギーの渦に巻き込まれている難民輸送船から数十人の難民を助け出す。その中に、輸送船へ戻りたがるソランや、のちにエンタープライズDに乗り組むことになるガイナンがいた。その際、エンタープライズBもエネルギー・リボンに捕らわれ、カークは艦を離脱させるために自ら起こした爆発で消息を絶つ。

その78年後。ウォーフの昇進祝いの日に救難信号を受けたU.S.S.エンタープライズDが、攻撃を受けた観測基地へ向かう。唯一の生存者がソランだった。彼はエネルギー・リボンの中にある世界「ネクサス」での体験が忘れられず、ネクサスに戻るために恐るべき計画を実行に移そうとする。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語版吹き替え
ジャン=リュック・ピカード パトリック・スチュワート 麦人
ウイリアム・ライカー ジョナサン・フレイクス 大塚明夫
データ ブレント・スパイナー 大塚芳忠
ジョーディ・ラ=フォージ レヴァー・バートン 星野充昭
ウォーフ マイケル・ドーン 銀河万丈
ビバリー・クラッシャー ゲイツ・マクファデン 一城みゆ希
ディアナ・トロイ マリーナ・サーティス 高島雅羅
トリアン・ソラン マルコム・マクダウェル 牛山茂
モンゴメリー・スコット ジェームズ・ドゥーアン 藤本譲
パベル・チェコフ ウォルター・ケーニッグ 辻親八
ジェームズ・T・カーク ウィリアム・シャトナー 矢島正明
ルーサ バーバラ・マーチ 磯辺万沙子
ベトール グウィニス・ウォルシュ 藤生聖子(旧版は田中敦子
ガイナン ウーピー・ゴールドバーグ 東美江

VHSとLDソフト化の際に日本語吹き替え版が制作されたが、DVDのスペシャル・コレクターズ版では新たに日本語吹き替え版が録り直しされた。

豆知識[編集]

  • 当初はスポックマッコイオリジナルシリーズのレギュラー陣全員が出演するはずだったが、ニモイケリーは『スタートレックVI』でファンへのお別れは済んでいるとして辞退。スポックとマッコイのセリフはそれぞれ、スコッティとチェコフ向けに書き換えられた。
  • ノヴェライズ版ではエンタープライズB就航前にカークとスコッティとチェコフがスカイダイビングを行うシーンがあり、実際に撮影も行われている。しかし、これらのシーンを上手く映画の冒頭に組み込めなかったためにお蔵入りとなっている。ノベライズ巻頭にある写真はこのシーンを抜粋したものである。
  • スコッティは本作製作以前にテレビ放送されたTNG『Relics(エンタープライズの面影)』で、転送装置のバファーから75年間ぶりに生還する。その時のセリフからすると、スコッティが「消えた」時点でカークはまだ無事だったことになり、本作と矛盾するが、公式サイトでは「バファーから生還した際のスコッティは意識が朦朧としていた」と説明している。
  • 劇中でカークが乗る馬は、ウィリアム・シャトナー自身の持ち馬。シャトナーは熱心な乗馬の愛好者で『スタートレックV』でも、その腕前の一端を見せている。
  • スタートレック:ヴォイジャー』でトゥヴォック(バルカン人)を演じたティム・ラスが、本作ではエンタープライズBのクルー(地球人)を演じている。なお、トゥヴォックはこの時代に艦隊士官として勤務しており、クリンゴン本星の衛星プラクシスが爆発した時(映画『スタートレックVI 未知の世界』)にはU.S.S.エクセルシオールに乗り組んでいた(VOY第44話「Flashback(伝説のミスター・カトー)」)。

参考文献[編集]

  1. ^ a b Star Trek: Generations”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年5月9日閲覧。

外部リンク[編集]