スタートレック 叛乱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
スタートレック 叛乱
Star Trek: Insurrection
監督 ジョナサン・フレイクス
脚本 マイケル・ピラー
原案 リック・バーマン
マイケル・ピラー
原作 ジーン・ロッデンベリー
製作 リック・バーマン
製作総指揮 マーティ・ホーンスタイン
出演者 パトリック・スチュワート
ブレント・スピナー
ジョナサン・フレイクス
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
撮影 マシュー・F・レオネッティ
編集 ピーター・E・バーガー
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1998年12月11日
日本の旗 1999年5月8日
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $58,000,000[1]
興行収入 $112,587,658[1]
前作 スタートレック ファーストコンタクト
次作 ネメシス/S.T.X
テンプレートを表示

スタートレック 叛乱』(スタートレック はんらん、Star Trek: Insurrection)は、1998年のアメリカ合衆国の映画であり、『スタートレック』の映画第9作。『新スタートレック』の登場人物が出演する劇場版の第3作。監督はジョナサン・フレイクス(副長ライカーも演じる)。パラマウント映画配給で、米国では1998年12月11日、日本では1999年5月8日公開である。

あらすじ[編集]

地球の中世のたたずまいであるバクー星の村を、基地も隊員もホログラム映像で偽装し、惑星連邦とソーナ人が共同で密かに観察していた。ところが、観察隊員として加わっていたアンドロイドのデータ少佐が突然誤作動し、基地や隊員のホログラムを解除、さらに隊員達を人質にしてしまった。外交活動に忙殺されていたU.S.S.エンタープライズEの艦長ピカードはデータ少佐の誤作動を聞いてバクーに駆けつけ、ソーナ人のルアフォ総統に破壊されようとしていたデータを何とか回収した。

ピカードたちがバクー人の村を訪れると、彼らは友好的で、しかも見かけによらず高い科学知識を有していた。調べていくうち、連邦の高官も加わった陰謀が明らかになっていく。正義を貫くべくエンタープライズのクルーたちは反旗をひるがえす。

バクー星[編集]

Ba'kuと表記する惑星で、Mクラス。を持つ。ベータ宇宙域惑星連邦の領域であるセクター441に位置する。ブライアー・パッチと呼ばれる超新星爆発残骸の塵の中にある。輪からメタファジック放射線という特殊な放射線が出ているため、ここで暮らす生命体は老いることがない。

歴史
  • 2066年 バクー人が入植地を作る。
  • 2275年 バクー人の一部が宇宙に追放され、ソーナ人となる。
  • 2375年 復讐に燃えるソーナ人とソーナ人に騙された惑星連邦による、バクー乗っ取り計画が失敗。

登場人物[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Star Trek: Insurrection”. Box Office Mojo. 2012年9月28日閲覧。

外部リンク[編集]