ディアナ・トロイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ディアナ・トロイ (Deanna Troi) は、『スタートレック』シリーズに登場する人物の一人。『新スタートレック』のレギュラーキャスト。マリーナ・サーティスが演じた。日本語版の声優高島雅羅

人柄[編集]

ベタゾイドの母ラクサナ・トロイ地球人の父イアン・アンドリュー・トロイの間に生まれ、テレパシー能力を有する。ただし純粋なベタゾイドではないので、母親や他のベタゾイドに比べると、正確に心を読むことはできない。

階級は少佐→中佐でUSSエンタープライズDではカウンセラーを務めクルーのカウンセリングを担当しているが、メインブリッジにいることも多く艦長に助言を求められることも多い。また、艦の存亡危急の状況下では自ら操舵を担う事もある。(『ジェネレーションズ』他)

カウンセラーとしては優秀で親身だが、彼女自身は、放漫な母親とぎくしゃくしたり、恋愛面で上手くいかないことも多い。

ベタゾイド大学で心理学を修める。学生時代にウィリアム・T・ライカーと出会い恋仲となるも、その後破局。しかしお互いのことを「イムザディ」として心を通じ合わせている。その後、宇宙艦隊アカデミーを経て宇宙艦隊に入った。U.S.S.ペガサスの事件に関して悩むライカーに惑星連邦誕生直前のホロプログラムを紹介して解決を促したり、ホロプログラム依存症のレジナルド・バークレーを回復させたりと、カウンセラーとして大きな役割を果たしている。

2370年、昇進試験をクリアし中佐に昇進。U.S.S.エンタープライズDの5番目の指揮権を有する(ちなみに第1順位は、艦長のピカードである。以下、副長のライカーデータビバリー・クラッシャーの順)。一時はウォーフと恋仲になり、クリンゴン式のセックスの果てに傷だらけの状態でブリッジに現れるなどしていたが、その後自然消滅した。

2375年、惑星バクーで起きた事件の際、バクーの地上でメタファジック放射能を浴びた為に若干の若返りをし、その影響でライカーとの仲が復活した。

カーデシアへの潜入任務の際に一時的に解任されたピカードに代わって着任した臨時艦長であるエドワード・ジェリコに「制服を着て欲しい」と言われて以来、それまで着ていたドレスを身にまとうことは少なくなった。

2376年頃、U.S.S.ヴォイジャーを捜索・支援を目的とするパスファインダー計画に参加するレジナルド・バークレーを精神的に支えた。

2379年、ピカードの媒酌によりライカーと結婚、ディアナ・ライカー・トロイとなる。「シンゾン事件」の後、ライカーがU.S.S.タイタンの艦長として昇進・転属するにあたり、同艦のカウンセラーとして転属する(『ネメシス/S.T.X』)。

後にライカーとの間に娘をもうける。名前はナターシャ・ミアナ・ライカー・トロイ(非公式小説「Star Trek:TITAN」)。