カーデシア人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カーデシア人英語:Cardassian、言語での発音はカダシアン)はアメリカのSFテレビドラマ『スタートレック』シリーズに登場する架空のヒューマノイド型異星人。

惑星連邦クリンゴン帝国に隣接し、アルファ宇宙域に広がる星間国家の一つカーデシア連合を統治する。カーデシア連合は軍事政権によって支配されている。ガロア級戦艦などを多く保有し、ドミニオン戦争以前は惑星連邦に拮抗する戦力を有していた。惑星連邦と長きに渡って交戦していたが、現在は一応友好関係を結んでいる。また長らくベイジョーを支配していたが惑星の統治権を返還した(『スタートレック:ディープ・スペース・ナイン』)。

身体[編集]

爬虫類を連想させる外観を持つ種族である。灰色の肌で顔と首にはウロコのような模様がある。背は高く皮膚は硬い。額にあるスプーン状の突起や、首から肩にかけてエラが張ったように浮き出た骨格が印象的である。母星は高温で乾燥した土地柄の為、寒さに弱い。高い室温を好む為、長期間人間の環境で暮らすことは体に負担をかけるようだ。デザインはやはりトカゲとスプーンをモチーフにしており、「スプーン頭」という差別用語も存在する。

精神[編集]

クリンゴン人同様に戦闘民族であるが、名誉の為ではなくあくまで自国の目的を達成するために戦っている。拷問なども行う。倫理や秩序を厳格に守る種族であるが、それはあくまで彼らの価値観に沿ったものであり、他種族から見れば狡猾で冷酷な種族と受けとられることが多い。プライドが高い民族で、特に他種族と関わる時には体面を非常に気にする。

カーデシア人は家族を大切にする種族である。大家族主義が定着しており、子持ちのカーデシア人は子供について話すことも多い。また、子供に対する義務を放棄することは赦されざる行為と見なされている(その一方、親のいない子供や他種族との混血児には普通の子供と同じ権利は与えられない)。他の種族と違い、戦闘や政治に参加する女性は滅多に登場しない(劇中に軍人として登場した女性はガル・オセットのみ)。女性は司法関係者や学者、技術者などの仕事をしているか、家庭を守っているようである。特に技術者・科学者などは、カーデシアでは男には向かない職業とされている。秩序的な種族らしく、男女で明確な役割分担がされているようだ。

文化[編集]

倫理と秩序を好むカーデシア人にとって、数少ない娯楽の一つが公開裁判である。判決は始まる前から決まっており、原則として覆されることはない。また、サウナで汗を流すことも好まれる。文学や絵画、建築など独特の芸術も発達している。エリム・ガラックのように他種族の娯楽に手を出す変わり者もいる。

カーデシア料理でよく使われる調味料に「ヤモック・ソース」がある。カーデシアの料理や飲料は蛍光色のシチューや「カナール」という色が黒くドロっとした酒や、地球人にとってのコーヒーのような日常的に目にする飲料として「ホットの魚のジュース」など、カーデシア人しか口にしないとされるほど独特で、劇中に他種族に親しまれているものはない模様。

母星であるカーデシア星系第6惑星カーデシア・プライム(Cardassia Prime)はかつて豊かな星であったが、長年に渡って資源を浪費してきた為、ついに枯渇してしまい、彼らの精神も変えてしまったようだ。小さいながらも豊かな星であったベイジョーが侵略を受けたのも、そういう経緯が影響している。

政治[編集]

中央司令部(軍部)とオブシディアンオーダー(諜報機関)が国政を担っており、両者は対立している。反体制運動を起こす者もいるがすぐに亡命せざるを得なくなるか、さもなくば闇に葬られる。『ディープ・スペース・ナイン』中盤までは上記の通りであったが、ドミニオン戦争において潰滅的な打撃を被ったことによりこの体制は大きな変化を遂げる事になる。

歴史[編集]

  • 1571年:(西暦、以下同じ):古代ベイジョー人が太陽帆を使った宇宙船でカーデシア・プライムを訪れる。当時この星は平和で豊かな社会だったが、やがて資源が枯渇し、疫病も流行する中で軍事国家への道を辿る。
  • 1925年:ワープ航法を習得。
  • 2328年:ベイジョーを占領する。
  • 2340年:惑星連邦と紛争状態になる。
  • 2367年:惑星連邦との間に緩衝宙域が設定される。
  • 2369年:ベイジョーから撤退する。
  • 2371年:オブシディアン・オーダーとロミュランのタル・シアーとの連合艦隊がドミニオンの本拠地を攻撃しようとするが敗退、オブシディアン・オーダーの力は衰える。
  • 2372年:デタパ評議会が新政権の主導権を握る。クリンゴンがカーデシア領に侵攻する。
  • 2373年:ガル・デュカットが指導者となりドミニオンに参加、クリンゴンを撃退する。
  • 2375年:ドミニオンへの大規模な叛乱が起きる。同年、惑星連邦、クリンゴン、ロミュランとカーデシア人叛乱軍の連合部隊がカーデシア・プライムを攻略する。前述の叛乱に対してのドミニオンの鎮圧攻撃により7億人に上る犠牲者を出す。

支配下の星[編集]

  • カーデシア・プライム
  • セルトリス3号星
  • チントカ星系

代表的なカーデシア人[編集]

  • ガル・デュカット - ガルはカーデシア軍の階級名で宇宙艦隊の大佐に相当、将官はレガートという。シスコ曰く「本物の悪人」と言われるほどの屈折した人物。
  • エリム・ガラック
  • エナブラン・テイン - ガラックの父でかつての上司。
  • ダマール - カーデシア反乱軍のリーダーとなった人物。
  • レガート・ブロカ - ダマールがドミニオンに反逆した後にカーデシアの指導者として立てられた人物。
  • ガル・オセット - カーデシアでは珍しい女性のガル。
  • ガル・イヴェック - ガロア級戦艦ヴィターの艦長。2340年代に勃発した連邦との戦争で3人の息子の内2人を亡くしている。2370年、連邦との協定で新たにカーデシア領となった惑星の接収を命じられたが、連邦市民が立ち退きを拒否するというトラブルに遭う。戦争再発の危機を迎えたが、連邦側代表であるピカード大佐の説得により武力行使を控え、妥協案を受け入れて紛争を回避した。翌年、マキの船を追ってバッドランドに入り消息を絶つ。
  • セスカ - 『スタートレック:ヴォイジャー』の初期セミレギュラーでマキ出身。当初はベイジョー人と思われていたが、カーデシアが整形手術までして送り込んだスパイだった。

その他[編集]

  • カーデシアは『新スタートレック』の途中で初登場したが、設定がかたまっていなかったため、初回のみ異なる表現が多い。主なものは頭髪が生えている、艦内ではリング状の冠をかぶっている、エネルギーがピンク色(後で黄色になる)など。またこの時メインゲストをつとめたカーデシア人ガル・マセット役のマーク・アレイモ(TNGの初期話「宇宙空間の名探偵」でも地球人役を演ずる)は、DS9でデュカット役を射止める事になる。またこの話でマセットの部下のグリン・ダロはマイルズ・オブライエンとも会話している。

関連項目[編集]