ビバリー・クラッシャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ビバリー・クラッシャー(Beverly Crusher)はアメリカSFテレビドラマ『新スタートレック』に登場する架空の人物。本作における中心人物の一人。2324年生まれ。ゲイツ・マクファデンが演じた。日本語吹替版の声優一城みゆ希U.S.S.エンタープライズDの医療主任士官。階級は中佐。第2シーズンで地球の宇宙艦隊医療本部に転属したとの設定で一旦降板したが、第3シーズン以降復帰した。航宙艦の指揮官試験をクリアしている為、医療士官ながらピカード、ライカー、データについで、U.S.S.エンタープライズDにおける第4順位の指揮権を有し、夜勤時や主要クルー離艦時の指揮を任されている。

夫のジャック・クラッシャーはジャン=リュック・ピカードU.S.S.スターゲイザー艦長時代に副長を務めたが、2354年に上陸任務中に死亡。ビバリーは夫の遺志を継ぐべく宇宙艦隊勤務を志願し、ジャックとの間の一人息子、ウェスリー・クラッシャーもU.S.SエンタープライズDに同乗させた。

ゲイツ自身、『彼女は医者でウェスリーの母。ただそれだけなのよ』と語っている。

これはキャラクター設定の項にそのままの設定が書かれていたからで、それ以上でもそれ以下でもない、ただの乗組員でしかない状態を物足りないと感じたかららしい。

関連項目[編集]