ギャラクシー・クエスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギャラクシー・クエスト
Galaxy Quest
監督 ディーン・パリソット
脚本 デビッド・ハワード
ロバート・ゴードン
製作 マーク・ジョンソン
チャールズ・ニューワース
製作総指揮 エリザベス・カンティロン
出演者 ティム・アレン
シガニー・ウィーバー
アラン・リックマン
トニー・シャルーブ
サム・ロックウェル
音楽 デヴィッド・ニューマン
撮影 イェジー・ジェリンスキー
編集 ドン・ジマーマン
配給 アメリカ合衆国の旗 ドリームワークス
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1999年12月25日
日本の旗 2000年1月20日
上映時間 102分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $45,000,000[1]
興行収入 $71,583,916[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$90,683,916[1] 世界の旗
テンプレートを表示

ギャラクシー・クエスト』(Galaxy Quest)は1999年公開。ディーン・パリソット監督によるアメリカ映画。2000年度ヒューゴー賞獲得。ドリームワークス作品。

概要[編集]

スタートレック』へのオマージュ満載のパロディ映画。

宇宙の英雄である『エンタープライズ号』ならぬ『プロテクター号』乗組員を演じる売れない俳優が、実際の宇宙戦争に巻き込まれる二重構造に、現実の『スタートレック』を絡ませた三重構造の形を取っている。前半ではSFシリーズと熱狂的なファンのパスティーシュで、冷静にファンダムの在り様を描いている。批判的にも見えるシーンは中盤からスペース・オペラ活劇になだれ込む。

実際の『スタートレック』の俳優や役に重なる部分は多々あり、ウィリアム・シャトナー演じるカーク船長のブリッジでの座り方から、お馴染みのセリフを言うなどのテレビシリーズの場面に始まり、舞台で高い評価を受けている俳優をキャスティングするなど多岐に渡る。トレッキー/トレッカーに対するクエスティー/クエスタリアンの区別がしっかりとされている。実際の『スタートレック』ではエンタープライズ号の設計図や機構図が販売されており、クエスタリアンの助けで船内の構造を知る場面などは、十分在りえる場面。

なお、本作のメインテーマが日本テレビ系『エンタの神様』テーマ曲として使用されている。

同じような作品に『サボテン・ブラザーズ』がある。こちらは無声映画を観た女性が記録映画と勘違いし、町を救ってくれと落ちぶれた俳優に会いにゆくというもの。

2000年 ヒューゴー賞映像部門受賞。

ストーリー[編集]

1979年から4年間放送された、宇宙探査局の活躍を描いた伝説的人気SF・テレビシリーズ『ギャラクシー・クエスト』。放送終了から20年経った今も人気は衰えず、ファンダムのイベントが行われるコンベンション会場は熱狂的なファン「クエスタリアン」で満員だった。『ギャラクシー・クエスト』以降、あまりぱっとしないキャスト達は、ファンへのサイン会やイベントを糧にして俳優生活を送っていた。

そんなある日、『ギャラクシー・クエスト』のイベント会場に、グレーのボディースーツを着た変わった4人組が現れた。彼らは実は宇宙人サーミアンで、悪者宇宙人サリスとの戦争を打開するため、プロテクター号タガート艦長に助けを求めに来たのだった。だが、タガート役のジェイソンはプロモーターの出演依頼と勘違いし、彼らのリムジンに乗り込む。

二日酔いのジェイソンが目覚めたのは宇宙船の中だった。「嘘」の概念が無いサーミアンは、テレビ番組『ギャラクシー・クエスト』の電波を自星で受信し、架空のドラマだとは思わずに歴史ドキュメンタリーと信じて見ていたのだった。サーミアンは番組の愛と正義と勇気と信頼の世界を手本に自分たちの文明を建て直し、宇宙船プロテクター号さえも完全に再現していた。

地球に戻ったジェイソンは『ギャラクシー・クエスト』のメンバー達に体験を話すが相手にされない。そこへサーミアンが再び助けを求め現れ、ジェイソンはメンバー達を一緒に行こうと誘う。メンバー達は最初帰ろうとするが、せっかくジェイソンが持って来た仕事だからと付いて行くことにする。本物の宇宙船で宇宙戦争をすることになるとも知らず。

登場人物[編集]

()はテレビ番組『ギャラクシー・クエスト』の役名

ジェイソン・ネズミス(ピーター・クインシー・タガート艦長)
プロテクター号の艦長。『ギャラクシー・クエスト』では勇敢かつ仲間思いで乗組員から厚い信頼を得ているが、現実ではイベントに遅刻したり勝手に一人で仕事したりするため、メンバーから信頼されていない。
グエン・デマルコ(タウニー・マディソン少佐)
プロテクター号の紅一点。任務はコンピューターの指示を復唱するだけという自分の役柄にうんざりしており、インタビューでは自分のバストのことばかり聞かれている。
アレクサンダー・デーン(ドクター・ラザラス)
プロテクター号の医師でトカゲ頭のエイリアン。かつてはリチャード3世を演じたイギリスの名優であり、今でも当時の栄光を忘れられないでいる。ラザラスには「グラブザーのハンマーにかけて…」(字幕版では「トカゲ・ヘッドにかけて…」)という決め台詞があるが、デーンはこの台詞をひどく嫌っている。
フレッド・クワン(技術主任チェン)
プロテクター号の転送装置を操る東洋人。ただし、フレッドは白人である。フレッドはかなり変わった感覚の持ち主であり、初めて宇宙船に転送された時も動揺しなかった。
トニー・ウエバー(ラレド大尉)
プロテクター号を自由自在に操る子供の操縦士。現在ではすっかり大人になっている。
ガイ・フリーグマン(乗組員6)
第81話で溶岩モンスターに殺される端役。現在は『ギャラクシー・クエスト』のイベントMCを務めているが、内心ではプロテクター号のメンバーになりたいと思っている。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ジェイソン・ネズミス/NSEAプロテクター号ピーター・クインシー・タガート艦長 ティム・アレン 鈴置洋孝
グエン・デマルコ/タウニー・マディソン少佐 シガニー・ウィーバー 小山茉美
アレクサンダー・デーン/ドクター・ラザラス アラン・リックマン 石塚運昇
ガイ・フリーグマン/プロテクター号乗員 サム・ロックウェル 山路和弘
フレッド・クワン/技術主任チェン トニー・シャルーブ 巻島康一
トニー・ウエバー/ラレド大尉 ダリル・ミッチェル 落合弘治
マセザー/サーミアンのリーダー エンリコ・コラントーニ 伊藤栄次
クエレック パトリック・ブリーン 遠近孝一
ラリアリ/ジェーン・ドー ミッシー・パイル 岡のりこ
ブランドン ジャスティン・ロング 阪口大助
サリス ロビン・サックス 谷昌樹
テブ ジェド・リース
カイル ジェレミー・ハワード 村上ヨウ
ケイトリン ケイトリン・カラム
ホリスター ジョナサン・フェイヤー

脚注[編集]

  1. ^ a b c Galaxy Quest (1999)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月14日閲覧。

外部リンク[編集]