デヴィッド・カーソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デヴィッド・カーソン
David Carson
出生地 イギリスの旗 イギリス
職業 映画監督

デヴィッド・カーソンDavid Carson)は、イギリスの映画監督である。アメリカ合衆国に渡ってテレビシリーズ『新スタートレック』、『スタートレック:ディープ・スペース・ナイン』、映画『スタートレック ジェネレーションズ』などを監督した。

キャリア[編集]

イギリスで舞台やテレビの監督としてキャリアを始める。初めて監督したテレビエピソードはイギリスのソープオペラコロネーション・ストリート』であった[1]。カーソンは映画に携わるためにアメリカ合衆国に渡り、そこで『新スタートレック』に参加する話が持ちかけられた。しかしながらカーソンは『スタートレック』を知らなかったため[2]、エージェントからビデオを借りて研究することとなった。その後、リック・バーマンデヴィッド・リヴィングストン英語版と話し合い、第3シーズン第7話「宿敵! ロミュラン帝国英語版」の監督として雇われた[2]

『新スタートレック』では他に「亡霊戦艦エンタープライズ"C"英語版」、「クリンゴン帝国の危機・後編英語版」、「転送事故の謎英語版」を監督した[2]。さらに『スタートレック:ディープ・スペース・ナイン』ではシリーズ初回となる「聖なる神殿の謎英語版」の他、「共生結合体 "トリル族"英語版」、「死のゲーム英語版」、「流動体生物の秘密英語版」を監督した[3]。カーソンの最後の『スタートレック』の仕事は自身初のフィーチャー映画でもある『スタートレック ジェネレーションズ』であった[3]

『スタートレック』以後は、『ラストキングダム 10番目の王国英語版』、『ヤング・スーパーマン』、『One Tree Hill』に参加した[3]。『ラストキングダム 10番目の王国』はハービー・ワイズ英語版と共同で監督し、撮影には6ヶ月と1週間と6日を要した[4]。2000年には帰郷し、テレビ映画『ジョン・レノン/青春のビートルズ』を監督した[5] 。2002年にはスティーヴン・キングの小説『キャリー』を原作とした同名のテレビ映画英語版を監督した[6]。同年には『スタートレック:エンタープライズ』の元ショーランナーであるマニー・コト[7]が脚本を執筆した『オデッセイファイブ』の第1話の監督を務めた[8]

フィルモグラフィ[編集]

テレビシリーズ[編集]

作品名 備考
1981 コロネーション・ストリート
Coronation Street
第2129話
1982 Crown Court 計2話監督
1983 Studio
1984-1985 シャーロック・ホームズの冒険
The Adventures of Sherlock Holmes
計2話監督
1985-1987 Bulman 計2話監督
1986 The Return of Sherlock Holmes 計2話監督
Call Me Mister 第10話「The Carve Up」
1988 Bergerac 第6シーズン第2話「Crossed Swords」
Bust 計2話監督
1989-1992 新スタートレック
Star Trek: The Next Generation
計4話出演
1989-1990 エイリアン・ネイション
Alien Nation
計2話監督
1989-1991 L.A.ロー 七人の弁護士
L.A. Law
計2話監督
1990 女弁護士ロージー・オニール
The Trials of Rosie O'Neill
第1シーズン第3話「So Long Patrick」
1990-1991 たどりつけばアラスカ
Northern Exposure
計3話監督
1990-1993 天才少年ドギー・ハウザー
Doogie Howser, M.D.
計4話監督
1991 WIOU 第9話「Ode to Sizzling Sal」
Sons and Daughters
コーキーとともに
Life Goes On
第3シーズン第9話「Loaded Question」
1991-1992 Homefront 計4話監督
1992 Sisters 第2シーズン第20話「Heart and Soul」
ビバリーヒルズ高校白書
Beverly Hills, 90210
計2話監督
1993 サウス・ビーチ
Southbeach
1993-1994 スタートレック:ディープ・スペース・ナイン
Star Trek: Deep Space Nine
計4話監督
1995 ストレンジ・ラック
Strange Luck
第1シーズン第1話「Soul Survivor」
1998 フロム・ジ・アース/人類、月に立つ
From the Earth to the Moon
ミニシリーズ
第10話「ガリレオは正しかった・アポロ15号」
LA Doctors
刑事ナッシュ・ブリッジス
Nash Bridges
第4シーズン第2話「疑惑の保証人」
LA大捜査線/マーシャル・ロー
Martial Law
第1シーズン第6話「Extreme Measures」
2000 ラストキングダム 10番目の王国
The 10th Kingdom
ミニシリーズ
計5話監督
2002 ウィッチブレイド 闇の女戦士
Witchblade
第2シーズン第2話「Destiny」
オデッセイファイブ
Odyssey 5
第1話「地球崩壊」
2002-2004 ヤング・スーパーマン
Smallville
計3話監督
2003 ゴッサム・シティ・エンジェル
Birds of Prey
第10話「Gladiatrix」
2003-2004 One Tree Hill
One Tree Hill
計3話監督
2004 Karen Sisco 第9話「No One's Girl」
2006 Runaway 第2話「Mr. Radar Goes to Washington」
2007-2008 ドレスデン・ファイル produced by ニコラス・ケイジ
The Dresden Files
計2話監督

映画[編集]

作品名 備考
1985 The Lightning Always Strikes Twice テレビ映画
Bright Smiler テレビ映画
1993 Shameful Secrets テレビ映画
1994 スタートレック ジェネレーションズ
Star Trek: Generations
1998 Man Made テレビ映画
ボイスレター
Letters from a Killer
2000 ジョン・レノン/青春のビートルズ
In His Life: The John Lennon Story
テレビ映画
2002 キャリー
Carrie
テレビ映画
2004 アウト・オブ・タイム
Unstoppable
2007 Blue Smoke テレビ映画

参考文献[編集]

  1. ^ Coronation Street (1960- )”. BFI Screenonline. 2013年2月17日閲覧。
  2. ^ a b c “David Carson Revisits His Trek Days - Part 1”. Star Trek.com. (2011年5月11日). http://www.startrek.com/article/david-carson-revisits-his-trek-days-part-1 2013年2月17日閲覧。 
  3. ^ a b c “David Carson Revisits His Trek Days - Part 2”. Star Trek.com. (2011年5月12日). http://www.startrek.com/article/david-carson-revisits-his-trek-days-part-2 2013年2月17日閲覧。 
  4. ^ “'10th Kingdom' Actors Fight Nasty Trolls, Homesickness”. The Cinncinati Post. (2000年2月24日). http://www.highbeam.com/doc/1G1-63438107.html 2013年2月17日閲覧。  (要購読契約)
  5. ^ King, Susan (2000年12月3日). “Making `Lennon' the hard way Filmmakers overcame obstacles”. Chicago Sun-Times. http://www.highbeam.com/doc/1P2-4573010.html 2013年2月17日閲覧。  (要購読契約)
  6. ^ Gallo, Phil (2002年11月3日). “Carrie”. Variety. http://www.variety.com/review/VE1117919236/?refCatId=32 2013年2月17日閲覧。 
  7. ^ Coto, Manny”. Star Trek.com. 2013年2月17日閲覧。
  8. ^ Fries, Laura (2002年6月21日). “Odyssey 5 (Television Review)”. Daily Variety. http://www.highbeam.com/doc/1G1-89019350.html 2013年2月17日閲覧。  (要購読契約)

外部リンク[編集]