トム・パリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トーマス・ユージン・パリス(Thomas Eugene Paris)は、『スタートレック:ヴォイジャー』(通称VOY)に登場する人物の一人。通称トム・パリスまたはパリス。ロバート・ダンカン・マクニール(Robert Duncan McNeill)が演じた。日本語版の吹き替えは森川智之

経歴[編集]

父が提督にまで登り詰めている宇宙艦隊の士官で、トム自身も宇宙艦隊に進む。しかし、親の期待から重圧を感じてついて行く事ができず、また、自分の落ち度による事故で同僚を死なせてしまった事もあり、反カーデシア組織『マキ』に参加したが、マキとして初めての活動時に逮捕され、ニュージーランドにある惑星連邦の刑務所に収監されていた[1]

VOY1話でキャスリン・ジェインウェイ艦長が、バッドランドで行方不明となったマキの宇宙船を捜索する任務に向かう際、操縦技術とマキの情報に詳しい者が必要とされたため、ジェインウェイに拾われてこの任務かぎりのオブザーバーとしてU.S.S.ヴォイジャーに乗り組む。だが直後にヴォイジャーが管理者(ケアテイカー)により、銀河系の反対側であるデルタ宇宙域に飛ばされる大事故に遭遇し、主任操舵士官のスタディ大尉が死亡したためヴォイジャーを操縦する事になる。なおエンタープライズは大型艦であるため、ブリッジの先頭には操縦士とOPS(オペレーション管理)の2人が座るが、ヴォイジャーは中型艦であるため、操縦士にしか席がない。

また、この大事故で医療部門は当たり所が悪く、医療部長ドクター・フィッツジェラルド少佐以下全員が殉職したため、緊急用医療ホログラム(EMH、ドクター)を常時稼働させる事になったが、艦内では他に医療資格を取っている者としては、パリスが宇宙艦隊アカデミーで医学(生化学)を2単位取っていただけだったので、ドクターの助手も勤める事になった。と言っても本格的な治療はできず、測定機の操作や投薬程度で、デルタ宇宙域で拾われたケスが看護師としての腕を上げてからは、ケスがほとんどその役目を負った(ただしそのケスも第4シーズン初期に退艦した)。

性格はいい加減で気分屋なところがあり、遅刻も多い(この癖を利用してチャコティと諍いを起こしてヴォイジャーを退艦したように偽装し、ケイゾンに内通したスパイを炙り出したこともある)が、パイロットとしての腕は確かである。父親へのコンプレックスは払拭した素振りを見せてはいるが、内心では認められたいという思いを常に持っている。ヴォイジャーではトゥヴォックに次ぐ4番目の地位にあり、上位二人が船を空けている時は、副長代理を任されることもある。 階級は大尉に昇進したり、罰で少尉に降格されたりと上下している。なおチャコティなどのマキ構成員とは異なり、臨時ではなく宇宙艦隊の正式な階級を与えられている。

階級[編集]

  • U.S.S.ヴォイジャー 副長(少佐)(「Star Trek:VOY -Spirit Walk-」)
  • U.S.S.ヴォイジャー 操舵士官兼医療助手(中尉、後にデルタ宇宙域から帰還した功績により少佐に昇進)
  • U.S.S.ヴォイジャー ミッションオブザーバー(階級無し)
  • 2371年頃、ニュージーランド連邦刑務所にて服役
  • マキ闘士
  • 年代不明、宇宙艦隊を不名誉除隊
  • U.S.S.エクセター (中尉)

プロフィール[編集]

  • 姓 - パリス (Paris)
  • 名・中間名 - トーマス・ユージン (Thomas Eugene[2]
  • 出身 - 地球
  • 種族 - 地球人 いわゆる金髪白人である。
  • 国籍 - 惑星連邦
  • 職業 - 宇宙艦隊臨時中尉(マキ出身者にも階級が与えられている)、なお103話「水の惑星に消えた夢」(Thirty Days)にて勝手な行動を取った事により、少尉に降格処分された事がある。一時は大尉だったこともある。
  • 家族 - オーエン・パリス提督 (父でジェインェイの元上官、パスファインダー・プロジェクトでヴォイジャーを探す)

操縦士として[編集]

  • 操縦士としての腕は一流である。シャトルでの船外任務に出ることも多い。
  • スピード狂かつ正確な操縦技術を誇る。長期に渡るデルタ宙域の航海において、それまでのクラス2シャトルとは異なる性能の優れた新しいシャトルが必要になり、パリスが設計し艦内の技術や資材を結集してデルタ・フライヤーが建造された。フライヤーの操縦機器はパリスの趣味が反映されコンソールとは別に操縦桿やスイッチなどが取り付けられた。
  • 人類初のトランスワープ航法を成し遂げた。

プライベート[編集]

ベラナ・トレスとは恋愛関係となり[3]、後に結婚。ただし最初の結婚式は本当の彼らではなく、異星人が彼らをコピーしていた姿であった(112話「崩壊空間の恐怖」(Course: Oblivion))。その後あらためて本当の結婚式も劇中に登場し(式にはデルタ・フライヤーも使われた)、最終回ではトレスが娘ミラルを出産している。

レトロ愛好家でもあり、20世紀の地球への造詣が深い。

俳優について[編集]

  • VOYの前番組『新スタートレック』(通称TNG)の119話「悲しみのアカデミー卒業式」(The First Duty)にも、マクネイルはロカルノ候補生という役で出演している。これはロカルノ率いるウェスリー・クラッシャーが所属するチームが、卒業生を代表してのフライトパフォーマンスにおいて、禁止されている危険な編隊飛行を行ない学友を事故死させてしまったというストーリーで、結局ロカルノは自主退学、ウェスリーは単位剥奪・留年となった(その後ウェスリーも別の理由で退学している)。このロカルノというキャラクターを元に作られたのが本作のトム・パリスである[4]。なお、パリス提督の机には息子の写真が飾られているが、これはロカルノとして出演した時の写真の流用である。
  • 同シリーズではTNG以降、レギュラー出演者が監督を務めるエピソードが時々作られている。マクネイルもこれに参加しており、彼が監督を務めたVOYのあるエピソードでは、パリスの出演はイントロのたった1カットのみとなっていた。

脚注[編集]

  1. ^ 後年、ジュリアン・ベシアの父リチャードが遺伝子操作の罪で送られることになるのもニュージーランドの刑務所だが、同一施設かどうかは明言されていない。
  2. ^ ミドルネームの「Eugene」は『スタートレック』の生みの親、ジーン・ロッデンベリーへのオマージュである(「Gene」は「Eugene」の短縮形)。
  3. ^ Jeri Taylor(VOYのプロデューサー)が著した『Pathways』(オリジナル小説なので正史ではない)によると、マキ時代の任務で出会った際、ベラナはトムの「女性を値踏みするような視線」を嫌っていた。
  4. ^ Jeri Taylor著の『Pathways』ではトム・パリスの事故もアカデミー時代に起こったことになっており、VOY本編よりもロカルノに近い設定になっている。