城之内克也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
城之内克也
Katsuya Jonouchi/Joey Wheeler
遊☆戯☆王のキャラクター
登場(最初) 原作・アニメ共に第1話から
作者 高橋和希
声優 森川智之(東映版)
高橋広樹(DM)
プロフィール
性別
親戚 川井静香(妹)

城之内 克也(じょうのうち かつや、Katsuya Jyonouchi)は、高橋和希による漫画『遊☆戯☆王』および、それを原作とする派生作品に登場する架空の人物。アニメ第一作での声優は森川智之、アニメ第二作での声優は高橋広樹。第二作における幼少期の声優は長浜満里子。英語版の名前はJoey Wheeler

プロフィール[編集]

  • 生年月日:1月25日(高校1年生→高校2年生)[1]
  • 星座:水瓶座[1]
  • 身長:178cm[1]
  • 体重:62kg[1]
  • 血液型:B型[1]
  • 好きな食べ物:カレーライス[1]
  • 嫌いな食べ物:特に無し[1]
  • 血縁者:父、母、妹(川井静香)
  • 初出:学園編
  • 備考:名前の由来は「友情」から。遊戯の遊(ゆう)、城之内の城(じょう)で、合わせて友情となる為。これは作者のこだわりであり、アニメ第三作の主人公にも引き継がれている。

概要[編集]

人物[編集]

主人公・武藤遊戯の親友。当初は不良として登場。ケンカはとても強く男気に溢れ、親友である遊戯らや実妹の川井静香のためなら、どんな危険も恐れない。一方で頭はあまり良くない。中学時代は多くの補導歴があり、少年院に行きかけてたほどのワルだった。中学や高校の連中を巻き込み、喧嘩に明け暮れた日々を送っていた。ただし、自分より弱い相手には手を出さず、舎弟への面倒見も良かった。喧嘩の強さも重なって本田からは憧れの存在として見られていた。アニメ第一作では、中学校時代の駅伝の地区大会で、元々最下位だったチームを本田が2位まで追い上げ、アンカーの城之内がトップに立って逆転優勝したことが本田と仲良くなったきっかけとされている。

オカルトは泡を吹いてしまうほど苦手であり、昆虫も嫌っている。

当初は、本田とともに遊戯を「男の指導」を口実にいじめを受けさせ、八つ当たりに遊戯の宝物であるパズルのピースを盗んで、投げ捨てたりしていた。風紀委員の牛尾とのトラブルの際、遊戯が自分達を友達と主張して身を挺して庇った姿に改心し親友となる。その際には「見えるけど見えないもの」という遊戯の言葉に対し、「俺とお前は互いに見えるけどよ、『友情』ってやつは見えないだろ?」という台詞を残す。

両親は幼い頃に離婚しており、父子家庭で育つ。ともに暮らす父親はギャンブル好きで、昼間からを飲む典型的なダメ親父で、生活費の確保と、父親の作った借金の返済は城之内が一手に引き受けている。ただし、アニメ第2作では、両親が離婚している以外の描写はほとんどない。静香のことは幼い頃から面倒を見ていて、両親の離婚から6年間会うことはなかったが、再会後も仲がいい様子を見せる。原作では登場していない母親は、アニメ第2作で出演している。アニメ第1作では貧乏人・苦労人として、より一層強く描かれている苦学生であり、借金返済のために迷走する姿や、大金を掴むために努力する姿が見られた。だが、学園編ではブランドスニーカーの「エア・マッスル」一つに大金を出したことがある。

原作では静香の手術代を得るために決闘者の王国に、アニメでは優勝賞金に惹かれて全国大会に出場したのがきっかけでデュエリストになる。アニメでは当初町内大会で8位の実力だったが、本来なら出場資格すら持っていなかった決闘者の王国やバトル・シティに、周囲の厚意や邪悪な思惑によって参加し、強敵との戦いの中で成長していく。[2]

シリアスな局面のデュエルでも、コミカルな言動が目立つ。アニメ第2作では、興奮するとアントニオ猪木の物真似をする場面も見られた。

プレイステーションゲーム「遊☆戯☆王 真デュエルモンスターズ 封印されし記憶」では、3000年前の古代エジプト第18王朝に夜な夜な王宮を抜け出していた、名もなきファラオ(闇遊戯)のカード仲間の少年・ジョーノが登場している。

また、プレイステーションゲーム「真デュエルモンスターズ2 継承されし記憶」では傭兵クリストファー・ジョーノ・アーズウィックが登場している。

双方ともに容姿は城之内に酷似し、プレイヤー(闇遊戯)の友人で真紅眼の黒竜と縁があるが、城之内との関係は不明である。

デッキ[編集]

戦士・獣戦士族のモンスターを中心としたデッキ。全体的に攻撃力が低くレアカードも少ない。サイコロやコインといったギャンブル系のカードが多く、これらが勝敗を左右することも多い。また相手のカードの効果を逆手に取る戦法をとる。

使用カードが戦士族メインである理由は、魔法カードなどの扱いが下手で、かつ喧嘩っ早いその性格を反映しているため。また、炎属性カード(炎の剣士)が主力であったのは、城之内のキャラクターが熱血野郎であったため[3]

使用カード[編集]

真紅眼の黒竜
通常モンスター。城之内が最も信頼するカード。元々はダイナソー竜崎のものだったが、王国編のアンティ勝負で勝ちとり、以降は切り札として活躍している。
レッドアイズ・ブラックメタルドラゴン
モンスターカード。「真紅眼の黒竜」がメタル化・魔法反射装甲のカードによって強化されたもの。王国編のキース戦を制する切り札となった。
時の魔術師
魔法カード[4]。元々は遊戯の所持していたレアカードだったが、王国編で遊戯から託される。ルーレットが当たれば「ベビードラゴン」を強力な「千年竜」に進化させ、相手モンスターを弱体化、または破壊する効果を持つ。この為、王国編を中心に多くのデュエルで逆転劇を披露した。しかし、外れた場合は自分のモンスターが全滅し、その総攻撃力の半分のダメージを受ける[5]
バトル・シティでは「真紅眼の黒竜」に代わるレアカードとして登場したが、原作では使用されなかった。アニメではバトルシティ編とドーマ編でも使用され、舞戦では「ヘルモスの爪」と合体し「タイム・マジック・ハンマー」となった。
文庫版あとがきによると、闇遊戯との再戦で城之内は遊戯が召喚した「真紅眼の黒竜」に対し、このカードを発動したという。
効果名はタイムマジック
ベビードラゴン/千年竜(サウザンド・ドラゴン)
通常モンスター。元々は遊戯のカードだったが、王国編で遊戯から託される[6](アニメ版では王国へと向かう途中で他の出航者とのカードトレードで譲り受けた)。能力値は低いが、「時の魔術師」とのコンボで「千年竜」となり、王国編で切り札として活躍した。バトル・シティ編でも絽馬戦でフィニッシュを決め、梶木戦では「ワイバーンの戦士」と融合して「ドラゴンに乗るワイバーン」になり、梶木に大ダメージを与えた。
攻撃名はドラゴンブレス。「千年竜」としての攻撃名はサウザンド・ノーズ・ブレス
人造人間-サイコ・ショッカー
効果モンスター。エスパー絽馬に勝利し、アンティルールで譲り受けた。フィールド上に存在する限り、相手の場の罠(セットしてあるものも含む)を全て破壊し、無効にする。レベル7で攻撃力も2400と「真紅眼の黒竜」と互角で、リシド戦やマリク戦では大活躍をした。アニメではOCGに基づき、レベル6となった。
攻撃名はサイバーエナジーショック
鉄の騎士ギア・フリード
効果モンスター。羽蛾戦で初登場。羽蛾の「寄生虫パラサイド」に寄生されないという隠れた効果を持っていたため、「虫除けバリアー」を突破、このデュエルのフィニッシャーとなった。マリク戦で城之内が最後に引いたカードであり、このカードで攻撃できていれば勝てていた。
本来の効果は「装備された装備カードを破壊する」というもので、アニメでの羽蛾戦では「寄生虫の暴走」というオリジナルカードによって装備カード扱いになった「寄生虫パラサイド」を受け付けないという処理に変わった。
炎の剣士
通常モンスター。攻撃力は1800と高く、舞も「素人にしてはなかなかのカード」と評している。竜崎戦では恐竜族との相性の良さで強力な恐竜族モンスターを次々に破壊したり、迷宮兄弟戦では地中の「ダンジョン・ワーム」を「サラマンドラ」の炎で破壊したり、アニメの遊戯戦では「右手に盾を左手に剣を」とのコンボで「デーモンの召喚」を撃破したりと王国編で大活躍をした。
レベル5のモンスターというのもあって原作では王国編以降出番がないが、アニメの乃亜編では城之内のデッキマスターとして登場。ビッグ3戦ではフィニッシュを決め、ビッグ5全員戦では「ブラック・マジシャン」と融合したりと活躍。デッキーマスター能力は自身の攻撃力を100ポイント単位で自分の場のモンスターに分け与えるというものである。
アニメではドーマ編、王の記憶編にも登場。舞戦には「蒼炎の剣士(そうえんのけんし)」という色違いのサポートモンスターも登場した。
攻撃名は闘気炎斬剣(とうきえんざんけん)
ギルフォード・ザ・ライトニング
効果モンスター。レベル8のモンスターだが3体のモンスターを生贄に召喚された場合相手フィールド上のモンスターを全て破壊することができる。この効果でマリクの戦闘では破壊されないモンスターである「バイサー・デス」を破壊する活躍を見せた。
原作では1度きりの登場だったが、アニメではドーマ編やKCグランプリ編にも登場している。
攻撃名はライトニング・クラッシュ・ソード。効果名はライトニング・サンダー
天使のサイコロ/悪魔のサイコロ
魔法カード。天使は指定したモンスター1体の攻守を出た目だけ掛け、悪魔は指定したモンスター1体の攻守を出た目だけ割ることができる。「ランドスターの剣士」とのコンボでよく使用される。絽馬のイカサマを見破るきっかけになったカードでもある。マリク戦では「機械複製術」を破るキーカードとなった。
墓荒らし
魔法・罠カード。相手の墓地にあるカードを奪って使用できる。王国編のキース戦で勝利への突破口を開いたのを皮切りに、城之内の窮地を度々救ったカードである。

アニメオリジナル[編集]

剣聖-ネイキッド・ギア・フリード-
「鉄の騎士 ギア・フリード」と魔法カード「拘束解除」のコンボでのみ召喚できる攻撃力2600の効果モンスター。装備カードを装備した時、相手フィールド上のモンスターを一体破壊することができる。
ドーマ編の竜崎戦で「ヘルモスの爪」によって城之内曰く「究極の剣」となった「真紅眼の黒龍」を装備し、攻撃力を1000アップ。更に自身の効果で竜崎の場の「タイラント・ドラゴン」を破壊。直接攻撃で勝利した。

担当声優[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『遊☆戯☆王 キャラクターズガイド -真理の福音-』集英社、2002年、24項
  2. ^ 決闘者の王国編では準優勝、バトル・シティではアニメ版では海馬瀬人との3位決定戦に敗北して4位だったが決勝に進出したマリク・イシュタール(闇人格)をあわや勝利寸前の所まで追い詰めた。
  3. ^ 遊戯王オフィシャルカードゲーム 公式カードカタログ ザ・ヴァリュアブル・ブック1より
  4. ^ アニメではOCGに基づき、モンスターカード。
  5. ^ 作中にて城之内がこのルーレットを外したのは骨塚戦の1度のみである。
  6. ^ 王国編以前の話を描いた小説版では「時の魔術師」ともども、遊戯が使用していた。