オビ=ワン・ケノービ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オビ=ワン・ケノービベン・ケノービObi-Wan Kenobi)はアメリカ映画スター・ウォーズ・シリーズ』に登場する架空の人物で、ジェダイの騎士である。オビ=ワン・ケノビとも書かれる。アナキン・スカイウォーカーと、その息子ルーク・スカイウォーカーフォースの道を教えた。旧3部作ではアレック・ギネスが、新3部作ではユアン・マクレガーが演じた。アニメ『スター・ウォーズ クローン大戦』・『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』ではジェームズ・アーノルド・テイラーが声を担当。

人物[編集]

ドロイドやエイリアンを除いた人間としては、シリーズ6作品全てに登場した唯一のキャラクターである[1]

ジェダイ騎士[編集]

クワイ=ガン・ジンと同じく、誠実で穏やかな人柄で対話による交渉に長けている。師が多用していた手をかざしてフォースで他人の心を操る技、“マインド・トリック”を得意とするが、戦闘技能も超一流であり“過激な交渉[2]”も数多くこなしている。

ジェダイの中でも特に強力なフォースを持つヨーダや、剣技に優れたメイス・ウィンドゥ、精神的な脆さ以外は死角のないアナキン・スカイウォーカーのように、他のジェダイに比べて大きく突出した能力は無いが、代わりに弱点といえる弱点が存在せずバランスよく全ての能力に優れている[3]。突出していないとは言え、各種の能力はかなり高いレベルに達しており、師を失った後も独自にフォースの修練をしていたため、強力なフォースを使いこなし、実戦を経た剣の腕も相当なものである。そのため、あくまで設定上はという条件付きながら最強の戦闘能力を誇ったアナキンとの一騎打ちにも勝利している。また、老齢になりほとんどの戦闘能力が衰えてからもフォースや剣の腕は依然高く、暴漢を瞬時にライトセーバーであしらっている。 航空機のパイロットとしても優れた腕を持ち、数多くの危機を卓越した操縦技術で切り抜けているが、飛行や操縦自体は好きではないらしく、劇中での本人曰く、「飛ぶのは嫌い」「飛ぶのはドロイドの仕事」とのこと。

“最も狡猾にして洞察力のある、最も粘り強いジェダイ・マスター”と言われ、”銀河の調停者”であるジェダイ騎士団のなかでも特に交渉事に長けたジェダイ騎士として、ヨーダメイス・ウィンドゥらジェダイ評議会の古参のマスターたちからも一目置かれている。そのため、オビ=ワンのことを“交渉人(ネゴシエーター)”と呼ぶ者も多い。事実、パドメ・アミダラ護衛の任に就くまでは、国境紛争の調停という外交的な任務に就いていた。

得意とする剣技の型はソーレスであり、ジェダイの騎士最高の剣士と称えられるメイス・ウィンドゥにさえも“ザ・マスター(ソーレスを極めた者)”と言わしめるほどの実力を持つ。劇中の戦闘では、師を倒したダース・モールを仕留めたのを皮切りに、完全武装のジャンゴ・フェットをライトセーバーを落とした状態ながら飛び蹴りで追い詰め、ジオノーシスの闘技場に牽き立てられた際は、丸腰[4]ながら猛獣や番兵を圧倒。クローン大戦では4本のライトセーバーを同時に操るグリーヴァス将軍と双刃の武器を振るうマグナガードも難なくあしらっており、極めて高い戦闘技術と経験からくる順応性を見せている。とりわけ、絶壁に追い詰められたときに持ち前の危機回避能力を発揮しており、幾度となく生還を果たしている。モールやベイダー(アナキン)といった、自分以上の実力者に対しても、奇策や地の利を利用することで最終的に勝利を獲得した。ただし、師の師にあたるドゥークー伯爵とは相性が悪いのか、その能力を最大限に発揮することができず早々に負傷、または気絶によって戦闘不能にさせられており、苦手としている(『シスの復讐』の小説では、アナキンと共にドゥークーと互角に戦っているが、「紳士らしくない戦い方」をされ、フォースにより壁に叩き付けられ、負傷している)。また、新三部作の全作品において戦闘中にライトセイバーを落とすという致命的な失態も演じており、そのせいで幾度と無く危機に陥っている。

戦闘の際は他のジェダイ同様、ライトセーバーのみを使用するが、応急的にブラスターを使用したこともある。が、『エピソード3/シスの復讐』や『エピソード4/新たなる希望』ではブラスターを「野蛮な(優雅でない、無粋な)武器」と称していることから、戦闘には一種の美学も持ち合わせているようである。『エピソード4』ではライトセーバーを「宇宙で最も洗練された武器」と語っている。『スター・ウォーズ クローン大戦』や『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』とそのTVシリーズのシーズン3までではクローン・トルーパーの装甲服を使用している。

独自の信念に従って行動し、評議会との対立も顧みなかった師クワイ=ガン・ジンの背を見て育ってきたせいか、奔放な弟子アナキンに対し、ジェダイの掟に従うよう説教する場面が多く、弟子や他のジェダイと行動を共にするときは、自制して模範的なジェダイとしての行動に努めている。だが本人は自覚していないものの、オビ=ワン自身も師の異端的な性格を確実に受け継いでおり、単独任務や緊急事態ではジェダイらしからぬ考えや行動を見せることも多かった。自分の任務は護衛と言いつつ暗殺ドロイドに飛び掛って追跡したり、ジェダイ公文書館の情報よりもデクスター・ジェッスターのような一般庶民からの情報に基づいて行動したりと、ジェダイとしては一風変わった側面も見せており、任務遂行のためには手段を選ばない柔軟性も持っている。若い頃は奇妙な存在として苦手としていたジャー・ジャー・ビンクスとも、師の持っていた分け隔てのない包容力を自ずと身につけたためか、数年後には親しい間柄になっている。

無念の死を遂げた師クワイ=ガンの遺志を継ぎ、クワイ=ガンが見出したアナキンを弟子として指導することになったオビ=ワンは、評議会の計らいで、通例より若干早く騎士に昇進している。しかしながら、師であるオビ=ワンよりフォースの素質に恵まれ、周囲から「選ばれし者」として注目を浴びていた弟子アナキンの指導は、難儀を極めた。亡き師であれば、自分よりもより良い指導を行ったのではないか、という苦悶や、師よりも恵まれた能力に慢心を抱くアナキンの傲慢さをたしなめるときなど、評議会との板ばさみに追い込まれることも多く、悩み多き指導者となった。元々は生真面目な性格であったが、何かと評議会に盾突く師クワイ=ガンと評議会の間でも苦労してきており、この長年の経験に揉まれたせいか、やや皮肉っぽく飄々とした性格になってしまった。特に、行き過ぎたアナキンの行動を窘める度に「いつかお前に殺されそうだ」と痛烈な皮肉を飛ばしている。だが一方で、弟分でもあるアナキンとは冗談交じりの談笑を交わすなど、厳しい中にもユーモアを解する面を持つ、よき兄、よき父親代わりでもあった。また、エピソード2ではアナキンに「慎重すぎる」と非難された性格も、エピソード3では敵の罠に敢えて飛び込むなど多少軟化したようである。

クローン戦争に巻き込まれるまでは、ジェダイの関わる範囲外の事に関しては比較的ドライに受け止めており、徐々にパルパティーンとの関わりが目立つようになるアナキンに対し、オビ=ワンは一貫して「所詮、政治家は信用できない」というスタンスを通している[5]

クローン戦争では、将軍としてクローン軍を統率し銀河系を転戦した。飛行技術に長けた弟子アナキンとの華麗な連係プレーも功を奏し、数々の戦場で戦功を上げ一躍戦争の英雄となる。直属の部下であるクローン・トルーパー、コマンダー・コーディとは、特に深い信頼関係を築いており、単なる上下関係を超えて戦友として互いを認め合う間柄だった。しかし、グリーヴァス将軍討伐に赴いたウータパウにて、パルパティーンが発したオーダー66に従ったコーディは躊躇なく部下にオビ=ワンへの砲撃を命じ、戦車砲の直撃は免れたものの、砲撃のあおりを受けたオビ=ワンは崖から水面へと転落した。不幸中の幸いか、水に落ちたことで無傷でジェダイ狩りを逃れる事に成功し、ウータパウを離れたオビ=ワンはこちらも難を逃れていたヨーダに合流し、混乱の中で情報収集にあたった。

突然のクローン戦争終戦の後、それに代わってジェダイ狩りが始まった。パルパティーンによる体制転覆と、議会召集の混乱に紛れて聖堂に戻ったオビ=ワンは、アナキンがシスに寝返り、暗黒卿ダース・ベイダーになっていたという驚愕の事実にショックを受ける。最愛の弟子であり、家族同然のアナキンを取り戻すため、皇帝となったパルパティーンを討ち取ると息巻くオビ=ワンだったが、ヨーダの指示は非情にも堕落したアナキンの始末であった。皇帝の暗殺をヨーダに任せると、オビ=ワンはアナキンの動向を探るため、アナキンの恋人であると薄々感づいていたパドメに真相を告げ、動転したパドメの宇宙船に忍び込んでアナキンのいるムスタファーに向かった。パドメの乗った宇宙船からオビ=ワンが姿を現した事に激怒するアナキンは、パドメが自身を殺すために連れて来たと誤解。オビ=ワンの行動は、アナキンがフォースグリップによって最愛の人であるはずのパドメに危害を加えるという最悪の事態を招いてしまった。

壮絶な戦いの末、かつての弟子であり、愛する弟でもあるアナキンを始末するという、ジェダイとして最も非情な任務を果たした。しかし自らの手でとどめを刺す事はできず、三肢を斬り落とされ憎悪に満ちたアナキンが溶岩で焼かれるのを断腸の思いで振り切ったオビ=ワンは、アナキンのライトセーバーを拾うと力なくムスタファーを去った。アナキンへのショックで生きる気力を失ってしまったパドメを惑星ポリス・マサに運び込み、アナキンの遺した双子の出産に立会うと、力尽きたパドメの死を看取った。

全てが絶望的な状況の中、オビ=ワンはヨーダ、ベイル・オーガナと今後の方針について協議したのち、ヨーダからかつての師クワイ=ガンがフォースの冥界から戻ったと聞かされる[6]。生まれたばかりのルーク・スカイウォーカータトゥイーンのラーズ家に預けると、自身もルークの成長を見守るべくその地で隠遁生活を始めた。

その後ほどなくして、ムスタファーで倒したアナキンが生きており、サイボーグの暗黒卿ダース・ベイダーと化していた事を知る[7]

約20年の隠遁生活の間も修行を積み、亡き師と交信する術を体得[8]。この間、"ベン・ケノービ"と名乗っていた。その後、レイア・オーガナ姫からの救援要請を受け取り訪れたルーク・スカイウォーカー一行を引き連れ、モス・アイズリーの宇宙港へ赴く。そこで、ハン・ソロチューバッカの二人をルークと巡り合わせた。一路、オルデランへ向うも、惑星オルデランはすでにデス・スターの攻撃を受け消滅していた上、彼らの乗るミレニアム・ファルコンも拿捕されてしまう。その後、首尾よくデス・スターの内部に侵入し、牽引ビームの電源を切った後かつての弟子ダース・ベイダーと因縁の再戦を果たす。決闘の末、ルーク達を逃がすために自ら防御を解き敵の刃にかかると、フォースと一体化することで肉体を消し去った。霊体化の秘技によって、その後も声や霊体を通し、ルークに助言を与え導いた。来るべき決戦に備え、ルークに惑星ダゴバに住むヨーダの下で修業をこなすよう命じ、オビ=ワン自身の魂もヨーダと共に、ルークの成長を見守り続けた[9]

やがて、ルークがついにベイダーと皇帝を倒して銀河に平和が訪れると、オビ=ワンは霊体となったヨーダ、アナキンと再会を果たすのだった。

師弟関係[編集]

エピソード5/帝国の逆襲』でヨーダを「私の師だ」と語っているが、ヨーダからオビ=ワンに至る間にはドゥークー伯爵とクワイ=ガン・ジンを介しており、一対一の師弟関係はない。しかし、ジェダイ候補生たちは『エピソード2/クローンの攻撃』で描かれたように幼少時にヨーダからフォースの手解きを受ける。さらにオビ=ワンの場合、師クワイ=ガンの死後はヨーダに直接助言を受ける事も多く、隠遁生活に際してヨーダに訓練を与えられていることから、弟子と言っても過言では無い。

略歴・各作品での活躍[編集]

『エピソード1』以前[編集]

ヤヴィンの戦いの57年前に、惑星Stewjonで生まれたとされている。生後まもなく、ジェダイの素質を認められ、コルサントにあるジェダイ聖堂で育てられる。ジェダイはジェダイ候補生としての期間を経て普通13歳までに特定のマスター(師匠)のパダワン(弟子)にされるのだが、オビ=ワンの場合マスターがなかなか見つからなかったため、惑星バンドメアにあるジェダイ・アグリカルチャラル・コープス(農場)に送られた。しかしクワイ=ガンのかつての弟子で、フォースの暗黒面に触れ堕落したダーク・ジェダイザナトスの陰謀を協力して解決したことを機に、クワイ=ガンの弟子となる。

新3部作(エピソード1-3)[編集]

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』ではまだ生意気な若い頃が描かれた。この頃はまだジェダイ・ナイトではなく、クワイ=ガンのパダワン(弟子)であった。クワイ=ガンと共に、通商連合ナブーの紛争を解決すべく派遣され、通商連合の裏で暗躍するシスの暗黒卿・ダース・モールと戦う。オビ=ワンはこの戦いで敬愛する師を失いながらも、冷静さを失わず一瞬の隙をついて暗黒卿を倒し、その功績が認められ、ジェダイの騎士に昇格する。また、クワイ=ガンの遺言により、アナキンのマスターとなる。

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』では一人前のジェダイ・ナイトとして弟子のアナキンを指導する立場に。無鉄砲で反逆児的なアナキンに対して、ジェダイの秩序に忠実なオビ=ワンはついつい諌める側に回っている。とはいいつつ惑星マンダロアの公爵サティーン・クライズや同期のジェダイ騎士シーリー・タチといったオビ=ワンに思いを寄せる女性達もいた。クローン・トルーパーを発見しクローン大戦最初の戦いジオノーシスの戦いにも参加した。

スター・ウォーズ クローン大戦』や『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』とそのTVシリーズではジェダイ・マスターとなりジェダイ評議会の一員となっている。また、共和国軍の将軍としてクローン大戦で活躍した。

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』ではオーダー66を生き残った数少ないジェダイの一人となった。惑星ムスタファーでシスに転向したアナキンと死闘の末に勝利するも、友人であり弟同然の存在であったかつての弟子の転落した姿に嗚咽を上げる。パドメの出産に立ち会い、アナキンの息子ルーク・スカイウォーカーの成長を見守りながら長い隠遁生活に入る。

エピソード3と4の間[編集]

オーダー66によりほとんどのジェダイが死に絶えたと思われた頃、パダワン時代のアナキンのライバルであり、ナイトになることなくジェダイ・オーダーを去ったフェラス・オリンが帝国軍から追われていることを知る。フェラスを助け出し、ルークを守るためタトゥイーンを長期間離れられない自分に代わって抵抗運動を託す。また、この期間内に名前をベン・ケノービと変え、オビ=ワンは死んだという情報を流している。ウィルハフ・ターキンやダース・ベイダーも(ベイダーはミレニアム・ファルコンがデススターに漂着するまで)それを信じていた。また、すでに死んでいるかつての師クワイ=ガンと連絡する方法をヨーダから教わり、死を克服する修行をクワイ=ガンのもとで続けた。

旧3部作(エピソード4-6)[編集]

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』では成長したルークと再会し、自身とルークの父親がジェダイの騎士であることを明かし父親のライトセーバーを渡す。レイア・オーガナの求めに応じて、ルークやドロイドと共に惑星オルデランへ向かうも帝国軍に拿捕されてしまう。その後、かつてのアナキン・スカイウォーカーことダース・ベイダーと再会し戦うが、二人の力は拮抗していた。戦いが長引けば新たなる希望であるルークがデス・スターから脱出する機会を失うと判断し、決死しようとベイダーに敗北される。その際自ら肉体を消滅させ、フォースと一体となる。反乱軍兵士としてデス・スター攻撃作戦に参加するルークに助言する。

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』ではオビ=ワンはフォースとひとつになっており、守護霊のような存在でルークを支える。また最後にはジェダイに戻ったアナキンとヨーダの3人でルークを見守る。

エピソード6以後[編集]

その後もルークに対して助言を与え続けるが、一人前となったのを見届けるとスローン3部作の冒頭で別れを告げ、以後はルークが呼びかけても現れなくなる。しかし、ニュージェダイオーダーシリーズの完結編で約20年ぶりにルークと接触している。

吹き替え版の声優[編集]

アレック・ギネス、旧3部作

ユアン・マクレガー、新3部作

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ただし、アナキン・スカイウォーカーダース・ベイダーを別のキャラクターとして扱った場合。
  2. ^ 言うまでもなく、話し合いで解決できなかった事態である。
  3. ^ アナキンはエピソード2劇中で、パドメにオビ=ワンについて「マスター・ウィンドウの様に強く、マスター・ヨーダの様に賢い」と語っている。
  4. ^ さらに手錠がかけられており、両手が不自由だった。
  5. ^ 親しい友人であったパドメですら例外ではなく、特別視しようとするアナキンに対し「彼女も政治家だ」と語っている。
  6. ^ クワイ=ガンが「生き返った」わけではなく、クワイ=ガンの霊体と交信できるようになったということ。
  7. ^ 小説『暗黒卿ダース・ヴェイダー』より。
  8. ^ 死の際に肉体を消し去り、フォースと一体になる術もこの頃身に付けたようである。
  9. ^ 唯一、ダゴバでの修行を投げ出してベスピンに行くと言い出したルークに対し「そのつもりなら協力できない」と宣告しており、実際にベスピンでルークが呼びかけた時も何も答えなかった。