C-3PO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
C-3PO
階級 プロトコル・ドロイド
惑星 タトゥイーン
テンプレートを表示

C-3POシースリーピーオーシースリーピオSee-Threepio)は、映画スター・ウォーズ・シリーズ』の登場人物(ロボット/ドロイド)。通称3PO

概要[編集]

プロトコル儀礼通訳用)ドロイドで、様々な人種が存在しているスター・ウォーズ世界で、それら種族の仲立ちとして相互作用できるように設計されている。600万を越す宇宙言語や暗号、各種族の儀礼に精通しており、初対面の人にいつもその事を吹聴する、やかましい性格。イギリス英語のアクセントで話す。人間の行動や心理への理解があると豪語しているが、常時しゃべりまくる性格が鬱陶しがられており、非常に重要なことを伝えようとしても相手にされていない場面も多く、挙句の果てには電源を切られてしまったりと、その空回り具合が笑いを誘う。

全身金色の、ヒューマノイド型のボディと、いつも前に突き出した格好の二本の腕を持つが、あまり運動能力は高くなく、常にぎこちなく歩いている。しかし言語面での能力はすばらしく、あらゆる言語に精通し、未開民族とすらコミュニケーションを行う事が出来、加えて内蔵シンセサイザーは耳にした音を正確に再現する事もできる。コンピューター機器のオペレートやプログラミングも得意としている。クルーザーやランドスピーダーのような宇宙船・乗り物の運転も可能だが、独特な設定をされているミレニアム・ファルコンは上手く操縦できない。

生い立ち[編集]

エピソード1』の中で、C-3PO は後のダース・ベイダーであるアナキン・スカイウォーカーの手によって、廃品を結集し作られたことがわかる。アナキンは当初、惑星タトゥイーンにてワトーの下で奴隷として働く母親を手伝わせたいと考えていたようである。3POの「3」には、アナキンとシミの3番目の家族という意味が込められている。

しかしアナキンのずば抜けたフォース能力に着目したクワイ=ガン・ジンジェダイとして育てるべくアナキンを引き取ったため、C-3POは半完成状態で外装をつけられないまま、タトゥイーンに残された。しかしその後、アナキンの母シミ・スカイウォーカーによって銅版の外装を付けられ(映画エピソード2のカットシーンには、アナキンと共に再びタトゥイーンを訪れたパドメ・アミダラによって外装が取り付けられるシーンが存在する)、再びタトゥイーンを訪れたアナキンに引き取られた。

アナキンとパドメが結婚した後はパドメに仕えていて(小説版エピソード3では、アナキンからパドメに贈り物として渡されたことになっている)、本人曰く、外交儀礼に恥じぬよう、外装を金色の物に取り替えられたが、パドメの死後はその双子の子供、ルークレイアの存在をシスから隠すため、レイアの養父、ベイル・プレスター・オーガナ議員の指示で記憶をリセット(消去)されてしまい、R2-D2と共にオーガナの部下であるレイマス・アンティリーズや、成長して元老院議員となったレイアに仕えていた。

同型機で色違いのTC-14・K-3POや、型が異なったRA-7などが如何なる場所にも存在している。

作中の描写[編集]

悪運がかなり強いらしく、修理不可能なほど完全に破壊されるような悲運には遭っていないが、たびたび戦火の中に放り込まれ、酷い仕打ちを受けている。

スター・ウォーズ/クローンの攻撃』ではバトル・ドロイド製造ラインに巻き込まれて胴体と頭が分離され、それぞれにバトル・ドロイドの頭部と胴体を取り付けられてジオノーシスの戦いに巻き込まれる。『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』では惑星ベスピンのクラウド・シティにてストーム・トルーパーの銃撃を受けてバラバラにされ、チューバッカが修理するも頭部を前後逆に取り付けられる。実はこの時、ダース・ベイダーは破壊されたC-3POを検分し、一度は処分を命じるものの、過去にアナキンであった頃の自身が作成したことを懐かしみ、レイア達に返した。

そのような彼であるが、『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』ではその金ピカの設えが功を奏したのか、エンドアの原住民イウォークと間違えられ、それがイウォークの反乱軍への協力へとつながる(→エンドアの戦い)。

R2-D2とは、彼が初めて起動された際に「裸である」とバカにされ、そこから長い付き合いが始まる。エピソード1から3までは仲のよい友達同士のような態度で接するが、エピソード3のラストで記憶が消去されたことがきっかけでやや性格が変わり[1]、R2とは事ある毎に口喧嘩をしていて、電子音しか発することのできないR2の言葉を唯一、主人たちへ通訳できる存在でもあるという自負からか、R2にだけは強気に出て嫌味を言い、何かあればすぐR2のせいにするところがあるが、エピソード4劇中で大きなダメージを受けたR2のために自分の部品を喜んで提供すると言った事もあったりするので、その実「喧嘩するほど仲が良い」と云えよう。

デザインは、映画『メトロポリス』に登場したヒューマノイド・マリアを基にしている。なお、上記のように首と胴体をバラバラにしてもある程度意識を持っていたので、首と胴体とは別の回路からなっているとも考えられる。ちなみに、その時はジェダイへの暴言を吐くようになるなど性格の一部にバトル・ドロイドの意識が介在してしまっていた。

旧三部作の設定では、作動開始から112年が経っているとされていた。

配役・吹き替え[編集]

C-3POの声は演技と共にアンソニー・ダニエルズが担当しているが、最初はプロの声優やトラックのセールスマンなど様々な候補があった。しかし、本来華やかな舞台で接待用として活躍する役柄からイギリス人の執事風の話し方が良いと判断され、ダニエルズが洗練された容認発音を話すことや、プロの声優がダニエルズの声を聞き、差し替えは不必要なのではないかと言ったため、そのままダニエルズが担当することになった。

旧3部作およびエピソード2/3ではダニエルズ自身がロボットスーツを着て演じているが、エピソード1では内部機構が露出したデザインのために不可能であった。CG化する案もあったが、結局は後ろから人間が操作するパペットにより演じられ、後からデジタル加工で操作員を消去する方法が採られた。

『エピソード3』では、デジタル加工でカメラやスタッフの映り込みを除去している。

ゲーム作品ではトム・ケインが声を担当する事が多い。

日本語版の声優は、エピソード4と5の日本語版では高山栄が担当した。旧三部作はテレビ放映時はどのバージョンでも野沢那智が起用された。新三部作およびクローン・ウォーズでは岩崎ひろしが担当している。ゲーム作品「スター・ウォーズ ローグ スコードロン II」では、田中秀幸が担当した。

脚注[編集]

  1. ^ エピソード3直後を描いたスピンオフ小説『暗黒卿ダース・ヴェイダー』で性格の変化が顕著に見られる。