ジョン・ダイクストラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョン・ダイクストラJohn Charles Dykstra, 1947年6月3日 - )はアメリカの特撮マン(SFXスーパーヴァイザー)であり、映画製作におけるCG(コンピュータグラフィックス)の使用を発展させた先駆者である。カリフォルニア州ロングビーチ出身。

来歴[編集]

インダストリアルデザインを学んだ後、映画『サイレント・ランニング』の模型製作をダグラス・トランブルとともに行った。映画『スター・ウォーズ』製作に向けて特撮スタッフを探していたジョージ・ルーカスは、ダグラス・トランブルを誘ったが、トランブルはダイクストラをルーカスに紹介した。ダイクストラはILMにおいてDykstraflex(コンピュータによるモーション・コントロールカメラのシステム)の開発の中心的な役割を果たした。これは数々の映画においてSFXの助けとなった。このシステムは、比較的低コストによって実現された。というのも、中古のビスタビジョンのカメラと、既製品のマイクロプロセッサーによって可能だったからである。

しかしながら、ジョージ・ルーカスは後に「このカメラ・システムの開発に多くの費用が費やされすぎた」「SFXチームは自分が望んだ全ショットを完成させなかった」と不満を言い、ルーカスとダイクストラの間には緊張が走った。しかし『スター・ウォーズ』が公開され、ダイクストラはアカデミー賞視覚効果賞及びアカデミー特別業績賞(視覚効果)を受賞し、地位を確立した。

ダイクストラはその後プロダクションを持ち、テレビドラマシリーズ『宇宙空母ギャラクチカ』(1978年 - 1979年)の特撮を担当した。同作品を製作したユニバーサル映画とジョージ・ルーカスが法的紛争に突入したため、ダイクストラは20世紀フォックス映画『スター・ウォーズ2 帝国の逆襲』の製作に誘われなかった。代わりに、ダイクストラは映画版『スター・トレック』の特撮をトランブルと共同で担当することとなり、82年には『ファイヤーフォックス』にも参加している。
しかし80年代中盤の『スペースバンパイア』、『スペースボール』、『花嫁はエイリアン』などの映画に携わるものの大規模な視覚効果製作には恵まれず、90年代にはアポジー社も解散してしまう。『バットマン・フォーエヴァー』、『バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲』の視覚効果監修の後『スチュアート・リトル』がきっかけでソニー・ピクチャーズ・イメージワークスに入り、アカデミー視覚効果賞ノミネートという業績をあげた。ソニーでの次作『スパイダーマン』、『スパイダーマン2』の両作品でVFXデザイナーを務め、『スパイダーマン2』において彼の功績が認められ、再びアカデミー賞でアカデミー特別業績賞(視覚効果)を受賞した。

手がけた作品[編集]

映画[編集]

CM[編集]

外部リンク[編集]