スペースボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スペースボール
Spaceballs
監督 メル・ブルックス
脚本 メル・ブルックス
トーマス・ミーハン
ロニー・グラハム
製作 メル・ブルックス
出演者 メル・ブルックス
ビル・プルマン
ジョン・キャンディ
音楽 ジョン・モリス
撮影 ニック・マクリーン
編集 コンラッド・バフ四世
配給 アメリカ合衆国の旗 MGM
日本の旗 MGM/UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1987年6月24日
日本の旗 1988年6月11日
上映時間 96分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $22,700,000 (概算)
興行収入 $38,119,483[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
テンプレートを表示

スペースボール』(原題: Spaceballs)は1987年に公開されたメル・ブルックス監督のSFコメディ映画。

ジョージ・ルーカス監督の『スター・ウォーズ・シリーズ』を中心に、多数のパロディが盛り込まれている。

映画化の際、ジョージ・ルーカスから快諾されている。これはジョージ・ルーカスがメル・ブルックス監督のファンであったからである。さらに視覚効果はアポジー社(ジョン・ダイクストラのプロダクション)とILMが、サウンドデザインはスプロケット・システム(=スカイウォーカー・サウンド)が担当している。

ストーリー[編集]

遥か銀河系の彼方。悪しきスペースボール星のスクルーブ大統領は、薄くなってしまった星の大気を補充するため、近隣の星から大気の奪取を画策する。そして、その標的となったドルイデア星で大気の権限を持つローランド王の娘ヴェスパ姫が誘拐されてしまう。

だがある時、姫は隙をみて逃走。王は流れ者の船長ローン・スターと愛犬バーフに娘および愛車の救出を依頼する。ローン・スターたちと姫は、スペースボール星人の執拗な追跡を何とかかわし続けていく。

スタッフ[編集]

キャスト:役名[編集]

三列目は『スター・ウォーズ・シリーズ』での対応するキャラクター。

一人二役で、スクルーブ(Skroob)はスペースボール星の大統領。名前の由来はBrooksのアナグラムとスクリューボールから。
一方、ヨーグルトはフォースに似た力シュワルツの力を伝承する聖者。ベガの砂漠の寺院に籠り、巨大な自分の神像の中に構えた売店で映画のグッズを販売していた。ローン・スターを救い、彼にシュワルツの力を伝える。
イーグル5号の乗員。ローン・スターの友人。半人半犬。バーフとはゲロを意味するスラングである。
スペースボール星のスクループ大統領の手先。巨大なプリーツ・ヘルメット風のヘルメットと黒い戦闘服を着用している。ヘルメットの防御力は低く、また呼吸を阻害し非常に息苦しい。しかしヘルメットを脱ぐことはない。フォースに似た力シュワルツを体得しており、これによって失敗を犯した兵士の股間を握り潰す制裁を行う。このため兵士たちからは非常に恐れられている。シュワルツの力でライトセイバー風の剣を生じさせ戦うこともある。
劇中でモラニスは特殊効果を使うことなく、ダース・ベイダー風の声を再現した。
イーグル5号の船長。その身元は不明。ガソリンは必ず5ドルずつ買う。船長と呼ばないと怒る。
ドルイデア星のローランド王の王女。アクビ王子との結婚を嫌って逃げ出し、スペースボール星人によって狙われる。名前の由来はスクーターのベスパから。
ヴェスパ姫の従者の侍女ロボット。名前の由来は当時コンピュータプリンタの主流だったドットマトリクスプリンタから。
ドルイデア星の国王。娘と車をこよなく愛する。暗号を組むセンスはスクループ大統領と同レベルで、「バカがトランクのキーに使う」と言われる単純な数列を大気を守るシールドの暗証番号にしていた。
スペースボール星の軍人で宇宙戦艦スペースボール1号の指揮官。ダーク・ヘルメットに翻弄される苦労の多い指揮官。名前はケンタッキーフライドチキンのカーネル(Colonel:大佐)・サンダースのパロディ。
姓名は不詳。ファミリーネームは「アホ」(アホ曹長と同じ一族)と推察される。
ピザ人間。ローン・スターに10万宇宙ドル(吹き替え版では1万宇宙ドル)を貸し、利息と合わせて100万宇宙ドルを支払えと要求した。最後は空腹で自分の体を食って死亡したために借金が帳消しになる。ピザハットが実在しているからこそのパロディ。
スペースボール副司令。
宇宙のファーストフード店で、食事中に体内に寄生していたエイリアンに腹を食い破られた男。演じたジョン・ハートは元ネタのエイリアンで、最初にエイリアンに腹を食い破られたケイン役を務めた為「またか」と嘆いている上に"Himself(本人)"とクレジットされた。

元ネタ[編集]

日本語吹替[編集]

音楽商品[編集]

  • 2006年12月12日、本作の公開19周年を記念して、アメリカのラ・ラ・ランド・レコーズより、3,000枚限定でオリジナル・サウンドトラック盤CDが発売された。品番:LLLCD 1050、定価:19.98ドル。過去のLPレコードのサントラ盤に収録されたアルバム・ヴァージョンの演奏と、実際に映画で使われた演奏の両ヴァージョンが収録されている。

アニメ版[編集]

『スペースボール アニメイテッドシリーズ』(Spaceballs: The Animated Series)は、2008年にアメリカ合衆国で放送されたテレビアニメシリーズ。全13話。

声の出演[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Spaceballs (1987)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年3月30日閲覧。

外部リンク[編集]