バットマン フォーエヴァー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バットマン・フォーエヴァー
Batman Forever
監督 ジョエル・シュマッカー
脚本 アキヴァ・ゴールズマン
リー・バチェラー
ジャネット・スコット・バチェラー
原作 キャラクター創造
ボブ・ケイン
製作 ティム・バートン
ピーター・マクレガー=スコット
出演者 ヴァル・キルマー
トミー・リー・ジョーンズ
ニコール・キッドマン
ジム・キャリー
音楽 エリオット・ゴールデンサール
撮影 スティーヴン・ゴールドブラット
編集 デニス・ヴァークラー
マーク・スティーヴンス
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1995年6月9日
日本の旗 1995年6月17日
上映時間 122分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $100,000,000[1]
興行収入 $336,529,144[1] 世界の旗
$184,031,112[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
9億円[2]日本の旗
前作 バットマン リターンズ
次作 バットマン & ロビン Mr.フリーズの逆襲
テンプレートを表示

バットマン・フォーエヴァー』(Batman Forever)は、1995年の映画作品。日本での公開は1995年6月。

概要[編集]

前作『バットマン リターンズ』(1992年)からスタッフ・キャストが一新され、それまでの方向性を大きく変えた作品。

バットマン役は『トップガン』のアイスマン役で知名度を上げたヴァル・キルマーが起用され、バットスーツやバットモービルなどのメカデザインも変更されている。前作まで監督を務めたティム・バートンは製作のみの参加で、ジョエル・シュマッカーが新たに監督として抜擢された。バットマンが悪と戦う理由や狂人的な悪役の存在などダークな基本設定を引き継ぎつつもファミリー層を意識した明るめの作風になり、前作を超えるヒット作となった。

また、バットマンのサイドキックであるロビンは、本作が映画シリーズ初登場となる。

第68回アカデミー賞撮影賞、録音賞、音響編集賞ノミネート。

ストーリー[編集]

ブルースはバットマンという裏の顔に悩み、精神科医チェイス・メリディアンを訊ねる。美貌の精神科医はバットマンに惹かれていた。

彼女を名士の集まる慈善サーカスにエスコートするブルース。だがそこにギャングのボス、トゥーフェイスが脅迫のため登場。勇敢な空中ブランコ乗り夫妻とその息子が犠牲になってしまった。

彼らの末息子ディックを引き取るブルース。だが両親や兄の復讐に燃える彼は、ひょんなことからバットマンの正体を知ってしまう。一方、狂気の天才科学者、エドワード・ニグマは自己顕示欲が抑えきれず、会社の上司を自殺に見せかけて殺害。緑の怪人リドラーとしてトゥーフェイスと手を組む。

ブルースの心は、ディックの復讐は、そしてチェイスとの恋はどうなるのか。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 テレビ朝日版
ブルース・ウェイン/バットマン ヴァル・キルマー 竹中直人 小杉十郎太
ハーヴェイ・デント/トゥーフェイス トミー・リー・ジョーンズ 菅生隆之 小林清志
エドワード・ニグマ/リドラー ジム・キャリー 島田敏 古川登志夫
ディック・グレイソン/ロビン クリス・オドネル 宮本充 山路和弘
チェイス・メリディアン博士 ニコール・キッドマン 田中敦子 深見梨加
アルフレッド・ペニーワース マイケル・ガフ 松岡文雄 内田稔
ジェームズ・ゴードン総監 パット・ヒングル 緒方賢一 藤本譲
シュガー ドリュー・バリモア
スパイス デビ・メイザー
フレッド・スティックリー エド・ベグリー・ジュニア 千田光男
バートン博士 ルネ・オーベルジョノワ
銀行のガードマン ジョー・グリファシ
アシスタント ジョン・ファヴロー(カメオ出演)
幹部社員 マイケル・ポール・チャン(カメオ出演)
ニュースキャスター ドン・ウィルソン(カメオ出演)
その他声の出演
(ソフト版)
日野由利加 朝倉佐知 城山堅 仲野裕 秋元羊介
後藤敦 大黒和広 宮寺智子 滝沢久美子 天田益男
金野恵子 家中宏 棚田恵美子 柳沢栄治 小野英昭
その他声の出演
(テレビ朝日版)
冬馬由美 雨蘭咲木子 紗ゆり 古田信幸 寺瀬今日子
岡本章子 石井康嗣 伊藤栄次 中博史 簗瀬哲
乃村健次 藤巻恵理子 花田光 堀川仁

スタッフ[編集]

日本語吹替えスタッフ[編集]

ソフト版 テレビ朝日版
プロデューサー 貴島久祐子
ワーナー・ホーム・ビデオ
高橋由佳
演出 蕨南勝之 福永莞爾
翻訳 石田泰子 久保善昭
効果 リレーション
調整 新井保雄 山田太平
音響制作 相原正之
中西真澄
(プロセンスタジオ)
制作 ワーナー・ホーム・ビデオ
プロセンスタジオ
ムービーテレビジョン

配役[編集]

かつてティム・バートンが監督としての企画が存在したころ、リドラー役にはロビン・ウィリアムズで、ロビン役にはマーロン・ウェイアンズが打診されていた。ウェイアンズに至っては衣装合わせまで行ったとのこと。しかしバートンが降板したことでその企画も消滅した。

ロビン役を検討していた製作サイドは、ロビン役にクリスチャン・ベールも検討していたものの、結局クリス・オドネルが同役を演じることになるが、ベールは後にクリストファー・ノーラン監督の同作品においてブルース・ウェインを演じている。

小ネタ[編集]

  • 終盤でアーカム精神病院に登場する医師のモデルは、前作と前々作の監督ティム・バートン。エンドクレジットの役名には「Dr.Burton(バートン博士)」と記載されている。演じた俳優はルネ・オーベルジョノワ
  • 今作に登場する眼鏡をかけた中年の女性記者を演じているのは、『バットマン』の原作者であるボブ・ケインの妻だったエリザベス・サンダース。彼女は次回作である『バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲』にも同役で出演している。
  • ハロウィンでウェイン邸にお菓子をもらいに来る子どもの内の一人は、ティム・ロビンススーザン・サランドンの息子。
  • バットマンファンである竹中直人はワーナーにバットマンを吹き替えたいと直接頼み込み、DVD/ビデオ版での吹き替えを担当することになった。
  • 吹き替えでリドラーを演じる島田敏は、水曜ロードショーバットマン・オリジナルムービーが放送された際にはロビンを演じていた。また、同時に日曜洋画劇場版でフレッドを演じる千田光男はリドラーを演じている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c Batman Forever (1995)”. Box Office Mojo. 2009年12月18日閲覧。
  2. ^ 日経エンタテイメント! 2012年4月号 No.181

外部リンク[編集]