リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リーグ・オブ・レジェンド
/時空を超えた戦い
The League of Extraordinary Gentlemen
監督 スティーヴン・ノリントン
脚本 ジェームズ・デイル・ロビンソン
原作 アラン・ムーア
ケビン・オニール
リーグ・オブ・エクストラオーディナリー・ジェントルメン
製作 ドン・マーフィー
トレヴァー・アルバート
製作総指揮 ショーン・コネリー
マーク・ゴードン
出演者 ショーン・コネリー
音楽 トレヴァー・ジョーンズ
撮影 ダン・ローストセン
編集 ポール・ルベル
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2003年7月11日
日本の旗 2003年10月11日
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ドイツの旗 ドイツ
チェコの旗 チェコ
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
ドイツ語
イタリア語
製作費 $78,000,000[1]
興行収入 $179,265,204[1]
テンプレートを表示

リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い』(リーグ・オブ・レジェンド/じくうをこえたたたかい、The League of Extraordinary Gentlemen)は、アメコミ作品『リーグ・オブ・エクストラオーディナリー・ジェントルメン』を原作とした映画。2003年平成15年)に20世紀フォックスにより、スティーヴン・ノリントン監督で映画化された。原作とはほぼ別物になっている。

概要[編集]

映画版では、ヴェネツィアで催される国際平和会議の妨害によって世界大戦を引き起こそうとする仮面の武器商人ファントムの陰謀を、怪人連盟が阻止するというオリジナルストーリーが採用されている。怪人連盟のメンバーには原作の5人に加えて、不死身の貴族ドリアン・グレイアメリカ合衆国の諜報員トム・ソーヤーが参加しており、透明人間役はホーレイ・グリフィン博士でなく、透明薬を盗み出したロドニー・スキナーという盗賊になっている。また、麻薬中毒のクォーターメインや少女強姦者の透明人間といった設定はカットされている。

本作では監督ノリントンと制作・主演のショーン・コネリーの間でトラブルがあったため、ノリントンは長期の沈黙期間を経ることとなり、一方のショーン・コネリーもこれ以降、映画に出演しないまま、2006年に引退宣言をした。

キャスト[編集]

アラン・クォーターメイン(ショーン・コネリー
H.R.ハガード作『ソロモン王の洞窟』などの主人公。
ミナ・ハーカー(ペータ・ウィルソン
ブラム・ストーカー作『吸血鬼ドラキュラ』のヒロイン。
チームの紅一点の女性科学者。原作小説では吸血鬼にされなかったが、本作では吸血鬼になってしまっている。
ドリアン・グレイ(スチュアート・タウンゼント
オスカー・ワイルド作『ドリアン・グレイの肖像』の主人公。
本作ではミナ・マリーの知己の貴族という設定になっている。原作『エクストラ - 』では、外伝にのみ登場。
トム・ソーヤーシェーン・ウェスト
マーク・トゥエイン作『トム・ソーヤーの冒険』の主人公。
本作では20代の青年で、アメリカの諜報部員。原作『エクストラ~』には登場しないが、ハリウッド映画ということで登場することになった。
ヘンリー・ジキル博士&エドワード・ハイド氏ジェイソン・フレミング
スティーブンソン作『ジキル博士とハイド氏』の主人公。
優秀な外科医だが臆病なジキル博士と性格を逆転させたハイド氏。原作小説ではハイド氏は小柄な男だが、本作ではハルクを連想させる巨漢へと変貌している。 
ロドニー・スキナー(トニー・カラン
H.G.ウエルズ作『透明人間』からの翻案キャラクター。
グリフィン博士が開発した透明薬を服用した泥棒。紳士泥棒を自称する。
ネモ船長ナセールディン・シャー
ジュール・ヴェルヌ作『海底二万里』、『神秘の島』の主人公。
ノーチラス号の艦長で自身も腕の立つ武芸者。
Mリチャード・ロクスバーグ
『007』に出てくる上司と同じ略称になっている。本作でもリーグへの指示を出す立場にあり、『シャーロック・ホームズ』に出てくるディオゲネスクラブ会員を彷彿とさせる。

その他日本語吹き替え(石塚運昇加藤精三池田昌子清水明彦境賢一嶋崎伸夫秋元羊介堀井真吾松岡文雄岩田安生田村聖子佐藤淳西前忠久

参考文献[編集]

  1. ^ a b The League of Extraordinary Gentlemen” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年11月4日閲覧。

外部リンク[編集]