ジェームズ・モリアーティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェームズ・モリアーティ
シャーロック・ホームズシリーズのキャラクター
Pd Moriarty by Sidney Paget.gif
初登場 最後の事件」(1893年)
作者 アーサー・コナン・ドイル
詳細情報
性別 男性
国籍 イギリスの旗 イギリス

ジェームズ・モリアーティ教授(Professor James Moriarty)は、アーサー・コナン・ドイル推理小説シャーロック・ホームズシリーズ』に登場する架空の人物。

21歳にして素晴らしい科学論文を書くほどの高い知的能力をもった元数学教授という表の顔と、ロンドンに暗躍する悪党一味の統領として機智を振るい、狙った獲物は必ずしとめる犯罪者という裏の顔がある。シャーロック・ホームズとの接点が作品に描かれるのは、『最後の事件』、『空き家の冒険』、『恐怖の谷』の3回である。

人物[編集]

ホームズがモリアーティを評して曰く、「彼は犯罪のナポレオンだよ、ワトスン君。この大都会の半分の悪事、ほぼすべての迷宮入り事件が、彼の手によるものだ」(最後の事件)。

21歳にして二項定理に関する数学論文を発表し、地方の小さな大学(ダラム大学とされる)に数学教授の職を得て、「小惑星の力学」[1]という論文を発表するなどその才を発揮したが、同時に、犯罪者としての才も発揮し、それによって職を追われ、ロンドンで教師(army coach)[2]となった。教師の仕事はモリアーティにとって格好の隠れ蓑だった。モリアーティはその天才的な頭脳を駆使して犯罪組織を立ち上げ、自ら手を出すことなく、手下に計画を授けることでその目的を遂げてきた。

ホームズはモリアーティの容貌についてこう述べている。「彼はすこぶる背が高く痩せていて、白くカーブを描く突き出た額を持ち、深く窪んだ眼をしている。ひげは綺麗に剃られ、青白く、苦行者のようであり、顔立ちにおよそ教授らしきものを漂わせている。彼の背は長年の研究から曲がり、顔は前へ突き出て、爬虫類のように奇妙に、いつでもゆらゆらと左右に動いている」(最後の事件)。

モリアーティの人脈は多岐にわたる。作品内に登場した部下としては、ポーロック、セバスチャン・モラン大佐、フォン・ヘルダーの3人がいる。彼らはモリアーティに情報や殺人技量、武器などをそれぞれ提供する。情報網は緻密で、ホームズはそれを称して「千本もの糸を張り出したくもの巣の真ん中に動かないで坐っているよう」と言っている。その情報を以てモリアーティは判断をし、作戦を与えるのである。計画立案の見事さたるや、狙った獲物は必ず逃さないほどで、また、組織の巨大さにより計画が失敗しても、中心部にいるモリアーティらには全く嫌疑もかからなかった。その才を発揮している例が『恐怖の谷』のジョン・ダグラスの殺害である。モリアーティはアメリカから渡って来た復讐者に案を授けて実行させるが、それが失敗したのを見ると、またもや逃亡するジョン・ダグラスを自らの手下に暗殺させた。この事件はモリアーティの手下の一人であるポーロックがホームズに殺人計画を手紙で告発しているが、この事件においても、モリアーティはホームズ以外の人物から嫌疑を掛けられることはなかった。

名前と兄弟[編集]

モリアーティ教授が初登場する「最後の事件」では、彼のファーストネームは明かされない。しかし、教授の兄弟であるジェームズ・モリアーティ大佐(Colonel James Moriarty)が教授の名誉を回復しようと投書をしたことが、ワトスンが事件について語るきっかけになったと言及されている。後に「空き家の冒険」で、ホームズが教授を「ジェームズ・モリアーティ教授」と呼ぶ。教授のファーストネームが言及されたのは、作中でこの一度だけであり、奇妙にも大佐と同名である。『恐怖の谷』では、ホームズの口から、教授の弟はイングランド西部で駅長をしていると語られる。

駅長の弟に関しては原文で his younger brother とあり弟である事が明らかだが、大佐に関しては his brother という記述があるのみで、兄なのか弟なのかは不明である。日本語版では、訳者により「兄」「弟」と解釈が分かれ、上下の区別をつけず「兄弟」と訳している場合もある[3]。教授と大佐が同名のため、ジェームズ・モリアーティというのは複合姓ではないかと考えられている[3][4]

モリアーティというキャラクター[編集]

モリアーティの最期 - シドニー・パジェット画、「ストランド・マガジン」掲載の挿絵

モリアーティは元々、ドイルがシャーロック・ホームズを終わらせるために作り上げた人物である。そのため、ホームズと同等の知能を持たされた。2人は自らの運命を託して勝負をし、大方はホームズの勝利に終わるが、しかし2人ともライヘンバッハの滝で命を落す、と「最後の事件」で書かれた。しかし、ホームズの復活を望む読者の声に押されて書かれた「空き家の冒険」でホームズは生きていたことにされ、モリアーティ教授の片腕を務めていたモラン大佐と対決する。

マイリンゲンライヘンバッハの滝のそばにある、「ホームズとモリアーティの戦いの記念碑」

モリアーティがライヘンバッハの滝に転落死した後、モリアーティの部下がホームズの復活と共に駆逐される。この点において、モリアーティは完敗である。そして、ホームズは「空き家の冒険」の次作「ノーウッドの建築業者」の冒頭で「モリアーティを失って以来、この町はつまらなくなった」と述べている。後に書かれた長編『恐怖の谷』においては、モリアーティはホームズと間接的に対決し、勝利を収めるが、これは「最後の事件」に臨む前の対決である。 モリアーティはドイルの母親であるメアリのスペルをもじって作り出した人物だといわれる[5]

モリアーティはホームズシリーズの読者に強い印象を与えたが、言及も含めての登場は6作品に留まる。


関連作品[編集]

モリアーティがその後のフィクションに与えた影響は大きい。「一匹狼の名探偵を組織力で圧倒する『悪の権力者』」、「正体を現さず、自らは手を汚さない犯罪立案者」というキャラクター(ただし、実際のモリアーティは正体を現すどころか、ホームズと一対一で死闘までしている)は、アルセーヌ・ルパンのような「義侠心ある怪盗」とは一線を画す、「完全なる悪」として君臨し続けることになるのである。

舞台[編集]

キャッツ
劇団四季が上演するミュージカル。原作は詩人T・S・エリオットの『キャッツ - ポッサムおじさんの猫とつき合う法(The Old Possum's Book of Practical Cats)』であるが、その中に登場するマキャヴィティというキャラクターは、ホームズシリーズのファンであったエリオットがモリアーティをモデルに作ったものである[6]

映画・テレビ[編集]

ヤング・シャーロック/ピラミッドの謎』(1985年
映画。エンドクレジットの最後に、作中の「ある人物」がモリアーティと署名するシーンが登場する。
新スタートレック』(1988年
アメリカのSFテレビドラマシリーズ。第29話「ホログラムデッキの反逆者」及び第138話「甦ったモリアーティ教授」で登場。モリアーティ教授(の人格プログラム)が、その天才的な知性によって自分がプログラムに過ぎないことを知り、ホロデッキの外の世界に出ていこうとする話となっており、ホロデッキの抱える問題点を考えさせられる話となっている。
Hands of a Murderer』(1990年、イギリスのテレビ用映画)
絞首刑直前で逃走したモリアーティが国家機密を盗み、それを解読するためにシャーロック・ホームズの兄・マイクロフトを誘拐する。
古畑中学生』(2008年
演じるのは浅野和之古畑任三郎の中学生時代を描いたもので、モリアーティをもじった「森脇教頭」という人物が登場する。こちらは主人公の敵ではなく終盤で犯人グループに襲われそうになった古畑達を助け、なおかつ古畑に犯罪捜査のアドバイスを贈るという、刑事になった古畑にとって「最も影響を受けた人物」として描かれている。
SHERLOCK (シャーロック)』 (2010年
事件の黒幕として「ジム・モリアーティー」が登場する。原作と違い30代の風貌であり、天才でありながら退屈しのぎに悪をなすソシオパスといった性格になっている。
シャーロック・ホームズ』(2010年
顔が見えないため配役は不明だが、アイリーン・アドラーを雇って暗躍していた事が終盤に彼女自身から語られている。
シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』(2012年
イギリス国内の連続爆破テロ、ヨーロッパ各地の犯罪事件の黒幕とされている。映画の終盤、ライヘンバッハの滝でホームズと対決する。

アニメ[編集]

名探偵ホームズ』(1984年
声優は大塚周夫。悪党の親玉であり、犬というより(「卑しく餓えた」「凶暴な」という負の意味で)狼に近い顔立ち。
名探偵コナン 時計じかけの摩天楼』(1997年
声優は石田太郎。建築家の森谷帝二という人物が登場するが、名前の由来はモリアーティ教授から。コナン達からも「森谷教授」と呼ばれている。
名探偵コナン ベイカー街の亡霊』 (2004年
声優は小林清志。コナン達が体験するゲーム機の登場キャラクター。ジャック・ザ・リッパーを傀儡にしており、アイリーン・アドラーの命を狙う天才犯罪者。
探偵オペラ ミルキィホームズ』 (2010年
アニメ版において、最終話である第12話及びサマースペシャルのCパートにて「森・アーティ」というキャラクターが登場する。

サウンドドラマ[編集]

『モリアーティ教授の犯罪学講座』- 徳間ジャパンコミュニケーションズ1985年
アニメ『名探偵ホームズ』のサウンド・ドラマ。モリアーティ教授が部下のトッドとスマイリーと共に、アニメ本編で登場した事件を取り上げながら犯罪学について講義する。基礎理論編と実践武闘編の2部構成になっており、当初、LPで発売されたものは、それぞれ第3章まで収録されていた。1990年に発売されたベスト盤『名探偵ホームズコレクション』では、第1章のみが収録されている。

パロディまたはパスティーシュ[編集]

『犯罪王モリアーティの生還』『犯罪王モリアーティの復讐』(1979年1980年) - 講談社文庫
イギリスの作家ジョン・ガードナーによる、モリアーティを主人公とした連作。
『ドラキュラ紀元』(1995年) - 創元推理文庫
キム・ニューマンによるパラレル・ワールドを扱った小説。モリアーティが重要なキャラクターとして登場する。
『シャーロキアン・クロニクル』シリーズ(1999年2000年) - 新書館/ウィングス文庫
真瀬もとによる、モリアーティとホームズが同一人物という仮説を基にした小説。「世界一有名な諮問探偵」と「犯罪界のナポレオン」が誕生に至るまでの経緯を描く。
千里眼を持つ男』(2004年) - 講談社文庫
アメリカの推理作家マイケル・クーランドによる、推理小説。モリアーティを主人公とし、ホームズと共闘させている。
リーグ・オブ・エクストラオーディナリー・ジェントルメン』(1999年) - DCコミック
アラン・ムーアによる、19世紀文学をクロスオーバーしたコミック作品。モリアーティ教授が意外な形で登場する。
長州シックス 夢をかなえた白熊』(2013年) - 講談社
荒山徹による短編集。表題作に登場。

脚注[編集]

  1. ^ 「小惑星の力学(The Dynamics of an Asteroid)」の内容に関しては、SF作家アイザック・アシモフが自作『黒後家蜘蛛の会』において、「軌道計算において多体問題を解決する理論」ではなかったかといった比較的におとなしい(まっとうな)推測を提示したのちに、「小惑星(群)を作り出すのに必要な力学」、すなわち普通の惑星、はっきり言えば地球を爆砕して無数の小惑星にしてしまう「終局的犯罪」の研究論文ではなかったかという、SF作家ならではの大胆な考察をしている。 - アイザック・アシモフ「終局的犯罪」『黒後家蜘蛛の会2』池央耿訳、東京創元社〈創元推理文庫〉、1978年、328-355頁
  2. ^ 原文は「and to come down to London, where he set up as an army coach」。army coachは「軍人相手の家庭教師(個人教師)」や「軍隊関係の教師」などと翻訳されてきたが、19世紀末のイギリスにおける軍人や教育界の事情から、「陸軍士官学校受験予備校の教師」と訳すべきとの説がある。 - 植村昌夫『シャーロック・ホームズの愉しみ方』平凡社新書、2011年、243-259頁
  3. ^ a b 鈴木利男「ジェームズ=モリアーティは複合姓」『ホームズまるわかり事典 『緋色の研究』から『ショスコム荘』まで』平賀三郎編著、青弓社、2009年、93-94頁
  4. ^ ジャック・トレイシー『シャーロック・ホームズ大百科事典』日暮雅通訳、河出書房新社、2002年、359-360頁
  5. ^ アーサー・コナン・ドイル 『四つのサイン』 小林司,東山あかね訳、河出書房新社、199。ISBN 4-309-61042-0 262-263頁(訳者によるあとがき)
  6. ^ エリオットは1929年に『シャーロック・ホームズ短篇全集』の書評を書いている。モリアーティとマキャヴィティは容姿の説明が共通し、どちらも「犯罪界のナポレオン」と評されている。 - 植村昌夫『シャーロック・ホームズの愉しみ方』平凡社新書、2011年、112-123頁

関連項目[編集]