モニカ・ベルッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モニカ・ベルッチ
Monica Bellucci
Monica Bellucci
2009年世界女性賞授賞式で
本名 Monica Anna Maria Bellucci
生年月日 1964年9月30日(49歳)
出生地 イタリアの旗 イタリア ペルージャ県チッタ・ディ・カステッロ
国籍 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
職業 女優ファッションモデル
活動期間 1990年 -
配偶者 Claudio Carlos Basso(1990-?)
ヴァンサン・カッセル(1999年 - 2013年)
家族 長女:ディーヴァー(2004年 - )
次女:レオニー(2010年 - )
主な作品
マレーナ
マトリックス・リローデッド
モニカ・ベルッチ
Monica Bellucci
プロフィール
瞳の色 ブラウン
毛髪の色
公称サイズ(時期不明)
身長 / 体重 176 cm / 65 kg
BMI 21
スリーサイズ 92 - 66 - 96 cm
靴のサイズ 26 cm
活動
デビュー 1988年
ジャンル ファッション
外部リンク
データベース FMD
モデル: テンプレート - カテゴリ

モニカ・ベルッチMonica Bellucci, 1964年9月30日 - )は、イタリア出身の女優ファッションモデル

略歴[編集]

ウンブリア州ペルージャ県チッタ・ディ・カステッロ出身。父親は貨物関連会社の社長、母親は画家[1]。弁護士になるためペルージャ大学在学中[2]、学費を稼ぐためにモデルを始めた。1988年にミラノに移り、エリート・モデル・マネジメントと契約。翌年にはイタリアだけでなくパリニューヨークでも活躍するようになる。

モデル業の傍ら演技の勉強もはじめ、1990年に女優として映画デビュー。1992年にはアメリカ映画『ドラキュラ』に出演。その後フランス・イタリア・ハリウッドと幅広く活躍している。

2012年にはドルチェ&ガッバーナの化粧品キャンペーンでモデルを務めた[3][4]

プライベート[編集]

1999年俳優のヴァンサン・カッセルと結婚、2004年に第一子を、2010年に第二子を出産[5][6][7]。第一子の出産前にイタリア版『ヴァニティ・フェア』誌上で、妊婦姿のヌードになった。これは、近年イタリアで、未婚女性、同性愛の女性、出産適齢期を大幅に過ぎている女性への人工授精治療を禁止した法律が施行されたことへの抗議のためであるという[8]。第二子出産前の2010年3月24日発売の同誌イタリア版表紙にも妊婦姿で登場し、人工授精を禁止した法律への抗議の意志を示している。

2013年にヴァンサンとの離婚が発表された。

イタリア語、フランス語、英語、ペルシャ語の4ヶ国語を話す[9]

出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1992 モニカ・ベルッチの情事
La Riffa
フランチェスカ
モニカ・ベルッチのエッチなだけじゃダメかしら?
Ostinato destino
マリナ/アンジェラ
ドラキュラ
Dracula
ドラキュラの花嫁
1996 アパートメント
L'Appartement
リサ
1997 ドーベルマン
Dobermann
ナタリー
1998 モニカ・ベルッチ/ジュリア
L'ultimo capodanno
ジュリア
1999 ライク・ア・フィッシュ
Comme un poisson hors de l'eau
Myrtille
アンルーリー/復讐の街
Mediterranees
マルグリット
2000 アンダー・サスピション
Under Suspicion
シャンタル・ハースト
ストリッパー/パリ18区
Franck Spadone
ラウラ
マレーナ
Malena
マレーナ
2001 ジェヴォーダンの獣
Le Pacte des loups
シルヴィア
2002 ミッション・クレオパトラ
Asterix & Obelix : Mission Cleopatre
クレオパトラ
アレックス
Irréversible
アレックス
2003 ティアーズ・オブ・ザ・サン
Tears of the Sun
リーナ・ケンドリックス
マトリックス・リローデッド
The Matrix Reloaded
パーセフォニー
マトリックス・レボリューションズ
The Matrix Revolutions
パーセフォニー
2004 パッション
The Passion of the Christ
マグダラのマリア
スパイ・バウンド
Agents secrets
バーバラ/リザ
セレブの種
She Hate Me
シモーナ・ボナセラ
2005 ブラザーズ・グリム
The Brothers Grimm
鏡の女王
ダニエラという女
Combien tu m'aimes ?
ダニエラ
ストーン・カウンシル
Le concile de pierre
ローラ・シプリアン
2007 モニカ・ベルッチの恋愛マニュアル
Manuale d'amore 2 (Capitoli successivi)
ルシア
シューテム・アップ
Shoot 'Em Up
ドンナ
2008 マルセイユの決着
Le Deuxième Souffle
マヌーシュ
狂った血の女
Sanguepazzo
ルイーザ
2009 50歳の恋愛白書
The Private Lives of Pippa Lee
ジジ・リー
ダブルフェイス 秘めた女
Ne Te Retourne Pas
ジャンヌ
シチリア!シチリア!
Baarìa
レンガ職人の恋人
2010 魔法使いの弟子
The Sorcerer's Apprentice
モルガナ・ル・フェイ/ヴェロニカ
2011 昼下がり、ローマの恋
Manuale d'am3re
ヴィオラ
灼熱の肌
Un été brûlant
アンジェル
2012 サイの季節
Fasle kargadan

参照[編集]

  1. ^ http://www.filmreference.com/film/49/Monica-Bellucci.html
  2. ^ “It's Monica Mania”. (2003年3月10日). http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,1004378,00.html 
  3. ^ Amy Lawrenson. "Monica Bellucci Dolce & Gabbana's new face." Elle, 17 February 2012
  4. ^ “モニカ・ベルッチ、ドルチェ&ガッバーナの限定版口紅でモデルに”. シネマトゥデイ. (2012年2月21日). http://www.cinematoday.jp/page/N0039536 2013年5月22日閲覧。 
  5. ^ Silverman, Stephen M. (2004年9月14日). “"Passion" actress bellucci has baby girl”. People. http://www.people.com/people/article/0,,696499,00.html 2010年8月8日閲覧。 
  6. ^ “Actress Monica Bellucci has baby girl”. Agence France-Presse. (2010年5月25日). http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5gGo-agIP6DA24A6pMUPXT6ELdShw 2010年8月8日閲覧。 
  7. ^ “3度目の美ヌード!イタリアの宝石、モニカ・ベルッチが生後5か月の娘と雑誌上で再びヌードに!”. シネマトゥデイ. (2010年10月30日). http://www.cinematoday.jp/page/N0028045 2013年5月22日閲覧。 
  8. ^ “Actresses fight Pope over fertility”. The Times. (2005年6月4日). http://www.timesonline.co.uk/tol/news/world/article529864.ece 
  9. ^ Actress Monica Bellucci is not to be underrated - Toronto Sun

外部リンク[編集]