50歳の恋愛白書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
50歳の恋愛白書
The Private Lives of Pippa Lee
監督 レベッカ・ミラー
脚本 レベッカ・ミラー
原作 レベッカ・ミラー
製作 デデ・ガードナー
レモア・シヴァン
製作総指揮 ブラッド・ピット
ジル・フットリック
ジェレミー・クライナー
ウォーレン・T・ゴズ
スチュワート・マクマイケル
ジャン=リュック・デ・ファンティ
ジェフ・サガンスキー
音楽 マイケル・ロハティン
撮影 デクラン・クイン
編集 ザビーネ・ホフマン
製作会社 プランBエンターテインメント
グランド・アーミー・エンターテインメント
IMグローバル
ルミナ・フィルムズ
配給 日本の旗 ギャガ
公開 ドイツの旗 2009年2月9日BIFF
イギリスの旗 2009年6月10日
アメリカ合衆国の旗 2009年11月27日
日本の旗 2010年2月5日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $1,001,356[1]
テンプレートを表示

50歳の恋愛白書』(The Private Lives of Pippa Lee)は、2009年アメリカ映画レベッカ・ミラーが自作の小説を自ら脚本・監督した。

ストーリー[編集]

ピッパ・リーは10代の頃に家出をし、薬物とセックスに溺れる若年期を過ごした。だが人気作家のハーブと出会い、結婚することでようやく人並みの幸せを手に入れることができた。そして50歳になるまで彼女は、過去の自分を周囲に隠して良妻になろうと努力し、夫と二人の子供と共に理想的な人生を送っていた。しかしあるとき夫が病に倒れ引退し、マンハッタンからコネチカット州に移り住むことになる。老人だらけの街で退屈な毎日を送っていた彼女はある日、15歳年下の男・クリスと出会う。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ピッパ・リー ロビン・ライト・ペン 塩田朋子
サム・シャピロ マイク・バインダー
ハーブ・リー アラン・アーキン 坂口芳貞
サンドラ・ダラス ウィノナ・ライダー 岡寛恵
スーキー・サーキシアン マリア・ベロ
ジジ・リー モニカ・ベルッチ 日野由利加
ピッパ・サーキシアン ブレイク・ライヴリー 甲斐田裕子
カット ジュリアン・ムーア 唐沢潤
クリス・ナドー キアヌ・リーヴス 内田夕夜

脚注[編集]

  1. ^ The Private Lives of Pippa Lee (2009)”. Box Office Mojo. 2010年1月13日閲覧。

外部リンク[編集]