ブラッド・ピット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Brad Pitt
ブラッド・ピット
ブラッド・ピット
2012年
本名 William Bradley Pitt
生年月日 1963年12月18日(51歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オクラホマ州シャウニー
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優・映画プロデューサー
ジャンル 映画
活動期間 1987年 -
配偶者 ジェニファー・アニストン(2000年 - 2005年)
(パートナー)アンジェリーナ・ジョリー(2005年 - )
著名な家族 (子供)Maddox "Mad" Chivan Jolie-Pitt (b. 2001)
Pax Thien Jolie-Pitt (b. 2003)
Zahara "Zee" Marley Jolie-Pitt (b. 2005)
Shiloh Nouvel Jolie-Pitt (b. 2006)
Knox Leon and Vivienne Marcheline Jolie-Pitt (b. 2008)
主な作品
テルマ&ルイーズ
リバー・ランズ・スルー・イット
セブン
12モンキーズ
ファイト・クラブ
オーシャンズ』シリーズ
トロイ
Mr.&Mrs. スミス
バベル
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
イングロリアス・バスターズ
マネーボール

ブラッド・ピット: Brad Pitt, 1963年12月18日 - )は、アメリカ合衆国オクラホマ州出身の俳優映画プロデューサー 。正式名はウィリアム・ブラッドリー・ピットWilliam Bradley Pitt)。日本での愛称はブラピ[1]。現代ハリウッドを代表する俳優の一人である。身長180cm、体重73kg、左利き。

生い立ち[編集]

トラック会社の経営者である父と高等学校カウンセラーであった母との間に生まれた[2]。生後間も無くミズーリ州スプリングフィールドへ転居。保守的な家庭で南部バプテストとして育てられた[3]。弟が2人いる[4]。イングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランド、北アイルランド、ドイツの血を引く。[5]

キカプー高等学校英語版在学時はレスリング、水泳、バスケットボール、ゴルフ、テニスのチームのメンバーだったほか[6][7]ディベート、校内自治、演劇活動に勤しんだ[8]。高校卒業後はミズーリ大学コロンビア校に入学し、広告を中心としたジャーナリズムを専攻した[8]友愛会シグマ・チー英語版に参加し[2]、いくつかの友愛ショーに出席した[9]。しかし、将来を見据えた際に物事が何も進展しないように感じ、自分が今までに映画を観て感じた情景や彷彿とするような気持ちを忘れられず、俳優になることを決意。学位を取得する2週間前に大学を中退し、手持ち金325ドルでロサンゼルスに向かった。[3]

ロサンゼルスではロイ・ロンドン英語版から演技レッスンを受ける傍ら[10][8]運転手[11]エル・ポヨ・ロコ英語版の店員など様々な仕事をしていた。1986年にビバリーヒルズに移住。

キャリア[編集]

初期の活動[編集]

1987年に『追いつめられて』の端役で映画デビュー(クレジットなし)[8]。1987年5月にはNBCのソープオペラ『Another World』に2話出演しテレビデビューした[12]。同年11月ABCのシットコム『愉快なシーバー家』にゲスト出演した[13]。1987年12月から1988年2月にはCBSの『ダラス』にチャーリー・ウェイドのボーイフレンドのランディ役で4話出演した[14][10]。ピットはそのキャラクターを「干し草に引っかかる馬鹿なボーイフレンド」と説明している[15]。1988年にはフォックスのドラマ 『21ジャンプストリート』にゲスト出演した[16]

同年、『リック』で映画初主演。しかしこの作品はクロアチア紛争勃発のために一時お蔵入りとなり、1997年まで公開されなかった[8]。1989年にはホラー映画『処刑教室-最終章-』で主演を務めた[13]。テレビでは『Head of the Class』、『フレディの悪夢』、『ナイスサーティーズ』にゲスト出演したほか、『愉快なシーバー家』に再出演した[17]

1990年にはNBCのテレビ映画『トゥルー・ブルース』で主人公ビリーを演じ、ジュリエット・ルイスと共演した[18]。また同年、フォックスの全6話の短期ドラマ『グローリー・デイズ』[10]HBOのテレビ映画『ザ・イメージ』に出演した[19]。翌1991年の映画『傷だらけのランナー』ではリック・シュローダー演じる犯罪者の兄弟で、高校生ランナーのジョー・マロニーを演じた[20]

映画やテレビへのゲスト出演を繰り返した数年後、1991年のロードムービー『テルマ&ルイーズ』でテルマ(ジーナ・デイヴィス)のボーイフレンドのJ.D.を演じ、知名度を上げた[19]。この作品でのデイヴィスとのラブシーンは、ピットをセックスシンボルにした出来事として挙げられている[13][21]。『テルマ&ルイーズ』の後に出演した映画『ジョニー・スエード』(1991年)[22]と『クールワールド[13]は、批評的にも興行的にも失敗した[23][24]

1992年、ロバート・レッドフォード監督による伝記映画『リバー・ランズ・スルー・イット』で主役のポール・マクリーンを演じた[25]。この作品でのピットの演技はキャリアを築き上げたと評価された[26]

1993年、ロードムービー『カリフォルニア』でジュリエット・ルイスと再共演。連続殺人鬼のアーリー・グレイスを演じた。また、犯罪映画『トゥルー・ロマンス』ではフロイドを演じた[27]。その年彼はShoWest賞の明日の男性スター賞を受賞した[28]

批評的成功[編集]

1994年はピットのキャリアの大きなターニングポイントとなった。映画『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』では吸血鬼のルイス・デ・ポアント・ドゥ・ラック英語版を演じ[29]トム・クルーズキルスティン・ダンストクリスチャン・スレーターアントニオ・バンデラスと共にアンサンブルキャストの一人を務めた[29]。演技はあまり評価されなかったものの、同作によりMTVムービー・アワードで2部門を受賞した[30]

A side view of a Caucasian male, who is facing to the left, with light brown hair. He is wearing a black suit and tie with a white shirt. Another Caucasian male, also wearing a suit, is visible in the background.
ピットは1995年と2000年に『ピープル』の「セクシーな男」に選ばれた。

『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』の後は『レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い』(1994年)に主演し[31]、移民のウィリアム・ラドロー大佐(アンソニー・ホプキンス)の息子のトリスタン・ラドローを演じた[32]。この作品により初めてゴールデングローブ賞主演男優賞候補に挙がった[33]。映画自体のレビューは賛否あったものの[34]、ピットの演技は好評を得た[35]

1995年、犯罪スリラー映画『セブン』で連続殺人鬼(ケヴィン・スペイシー)を追う刑事を演じ、モーガン・フリーマングウィネス・パルトローと共演した[36]。ピットは同作をすばらしい映画と言い、自分の演技の幅が広がったと語った[37]。この作品は批評家からも評価され、『バラエティ』は彼の演技をベストとし、ピットが「ねばり強く精力的な刑事」を体現したことを好評した[38]。『セブン』は全世界で3億2700万ドルを売り上げた[23]

『セブン』の成功の後、テリー・ギリアムのSF映画『12モンキーズ』に出演。作品の評価とともにピットの演技も好評を得て[39]、本作でゴールデングローブ賞助演男優賞を受賞[33]アカデミー賞助演男優賞にも初めてノミネートされた[40]

翌1996年、法廷ドラマ『スリーパーズ』に出演[41]。映画は賛否両論であった[42]。1997年の映画『デビル』ではハリソン・フォードと敵対するIRA暫定派テロリストのローリー・ディヴァニーを演じ[43]、アイルランド訛りの英語を披露した[44]。『デビル』は世界興行収入が1億4000万ドルに達したが[23]、批評的には失敗した。その年末にはジャン=ジャック・アノーの映画『セブン・イヤーズ・イン・チベット』に主演し、オーストリア人登山家のハインリッヒ・ハラーを演じた[45]。この作品では共演のデヴィッド・シューリスと一緒にカリフォルニアやヨーロッパのアルプス山脈でロック・クライミングの訓練をした[46]。同作は批評家に酷評され、失敗作と言われた[47]

1998年の『ジョー・ブラックをよろしく』では、人間を研究するために青年の身体を借りているという設定の死神役を演じたが[48]、『サンフランシスコ・クロニクル』のミック・ラサール英語版は、「ピットは観客に彼が死と永遠の謎の全てを知っている設定だと納得させることはできなかった」と評し[49]、映画評論家のロジャー・イーバートは「ピットは素晴らしい俳優だが、この演技は誤算だ」と評すなど[50]、ピットの演技に対し否定的な意見が寄せられた。映画自体の評価も賛否両論であった。

1999年から2003年[編集]

1999年、デヴィッド・フィンチャー監督の映画『ファイト・クラブ』でカリスマ的人物であるタイラー・ダーデンを演じた[51][52][53]。ピットはボクシングテコンドーグラップリングのレッスンを受けて撮影に臨んだ[54]。ピットは役作りのために前歯を除去し、撮影後に元に戻した[55]。同作は興行収入は予想を下回るものだったが、翌2000年にDVDが発売されて以降、カルト的な人気作品となった[56]

その後2000年のギャング映画『スナッチ』でアイリッシュ・ジプシーのボクサー役を演じた[57]。作品そのものの評価はいくらかの批判があったものの、ピットの演技は概ね好評を得た[58]

翌2001年にはロマンティック・コメディ映画『ザ・メキシカン』でジュリア・ロバーツと共演[59]。同作は批評的には今一つだったが[60]、興行的には成功をおさめた[23]。同年は1億4300万ドルの興行収入を上げた冷戦スリラー『スパイ・ゲーム[23]にも出演し、ロバート・レッドフォードと共演した。[61]。同年11月22日、テレビドラマ『フレンズ』の第8シーズン第9話「ブラピの「ヘイト・クラブ」」で、当時の妻ジェニファー・アニストン演じるレイチェル・グリーン英語版の同窓生役でゲスト出演した[62]。この演技によりエミー賞のコメディ・シリーズゲスト男優賞にノミネートされた[63]。さらに12月、1960年の『オーシャンと十一人の仲間』をリメイクした強盗映画『オーシャンズ11』にラスティ・ライアン英語版役で出演した。ジョージ・クルーニーマット・デイモンアンディ・ガルシア、ジュリア・ロバーツらのアンサンブル・キャストに加わった[64]。『オーシャンズ11』は批評家から好評を得たほか、全世界で4億5000万ドルを売り上げ興行的にも成功した[23]

2002年2月、MTVのリアリティ番組『ジャッカス』の2つのエピソードに出演。1つではゴリラの着ぐるみに入ってロサンゼルスの通りで暴れ[65]、もう1つのエピソードでは市民の前で突然拉致される役割である[66]。同年、ジョージ・クルーニーの監督デビュー作『コンフェッション』にカメオ出演した[67]。2003年にはドリームワークスのアニメ映画『シンドバッド 7つの海の伝説』のシンドバッド[68]とテレビアニメ『キング・オブ・ザ・ヒル』のゲスト出演で初めて声優を務めた[69]

2003年以降[編集]

2004年の映画『トロイ』ではアキレスを演じるにあたり、撮影の6カ月前から剣の訓練をした[70]。撮影中にアキレス腱を怪我して製作が数週間遅れるなどしたが[71]、同作は全世界で4億9700万ドルを売り上げこれまでの出演映画で最も商業的に成功した作品となった[23][72]。『ワシントン・タイムズ』のスティーヴン・ハンターは、「ピットはこういった過酷な役柄を演じさせると優れている」と評した[73]。同年公開の『オーシャンズ12』は世界で3億6200万ドルを売り上げ[23]、ピットとクルーニーのダイナミックさは「ポール・ニューマンとロバート・レッドフォード以来の相性」であるとCNNのポール・クリントンにより評された[74]

2005年、アクション・コメディ映画『Mr.&Mrs. スミス』に出演。作品自体は平凡な評価だったが、作中でのピットとアンジェリーナ・ジョリーのコンビネーションに関しては概ね好評を得て[75]、興行的にも成功し2005年のヒット作のひとつとなった[76]

A Caucasian male, who is wearing aviator sunglasses, has light brown hair and a short brown beard. He wears a grey suit jacket, white shirt, and grey tie. Behind him are people with single-lens reflex cameras.
イングロリアス・バスターズ』のドイツ・プレミアでのピット(2009年7月)

翌2006年、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の『バベル』でケイト・ブランシェットと共演[77]。この作品はゴールデングローブ賞 作品賞(ドラマ部門)を受賞し、またアカデミー作品賞にもノミネートされ、ピット自身もゴールデングローブ賞助演男優賞にノミネートされるなど好評を得た[33]。ピットは後にこの映画への出演を自分のキャリアで最高の選択の1つだったと語っている[78]

2007年には西部劇ドラマ『ジェシー・ジェームズの暗殺』でアメリカのアウトローであるジェシー・ジェイムズを演じた[79]。同作はピットが経営する会社プランBエンターテインメントで製作された。『フィルム・ジャーナリスト・インターナショナル英語版』のルイス・ビール英語版によるとピットは「恐ろしくカリスマ的」な役割を果たしているとされ[80]ヴェネツィア国際映画祭 男優賞が与えられた[81]。また、ピットはプロモーションのために同映画祭に出席。途中、ボディガードを押しのけて現れたファンによって抱きつかれるというハプニングがあったが[82]、無事に2008年の同映画祭会場で男優賞のトロフィーを手にした[83]

2008年、ブラック・コメディ映画『バーン・アフター・リーディング』に出演し、初めてコーエン兄弟とコラボレーションした。同作は批評家から肯定的な評価を受け、『ガーディアン』誌では「しっかりと巻かれた、巧みなスパイコメディのプロットで、ピットの演技が面白さの一つである」とした[84]。同年、デヴィッド・フィンチャー監督の『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』に主演。老人の姿で生まれた男が齢を取るごとに若返ってゆくという物語で[85]、『ボルチモア・サン英語版』のマイケル・スラゴウ英語版は「ピットの繊細な演技が『ベンジャミン・バトン』を不朽の名作に作り上げている」と高く評した[86]。同作の演技により、初めて全米映画俳優組合賞にノミネートされ[87]、さらに4度目となるゴールデングローブ賞、2度目となるアカデミー賞ノミネートも果たした[33][88]。同作はアカデミー賞では合計13部門でノミネートされ、全世界での興行収入は3億2900万ドルに達した[23]

また、同年はクエンティン・タランティーノ監督の『イングロリアス・バスターズ』にも主演。ドイツ占領下のフランスでナチスと戦うアメリカ軍人のアルド・レイン中尉を演じた[89]。この作品は興行的にも成功し[23]、評論家にも高評価された[90]。同作はアカデミー賞を含む多くの映画賞にノミネートされており、ピット自身もMTVムービー・アワード演技賞にノミネートされた[91][92]。翌2010年にはアニメ映画『メガマインド』でスーパーヒーローのメトロ・マンの声を務めた[93]

2011年、パルム・ドールを受賞したテレンス・マリック監督の『ツリー・オブ・ライフ』でショーン・ペンと共演[94]。また同年、実話を原作としたドラマ映画『マネーボール』でオークランド・アスレチックスのゼネラル・マネージャーのビリー・ビーンを演じ、批評家から強力な支持を集め[95]、ピットは再びアカデミー賞主演男優賞にノミネートされた[96]

その他の活動[編集]

映画とテレビ[編集]

2002年、ピットはジェニファー・アニストンパラマウント映画のCEOのブラッド・グレイ英語版と共に映画製作会社のプランBエンターテインメントを設立した[97]。2005年にアニストンとグレイは撤退し、ピット一人で所有している[98][99]。同社ではジョニー・デップ主演の『チャーリーとチョコレート工場』(2005年)[100]、ピット主演の『ジェシー・ジェームズの暗殺』(2007年)、アンジェリーナ・ジョリー主演の『マイティ・ハート/愛と絆』(2007年)など多くの映画が製作されている[100][101]。またプランBは、2007年にアカデミー作品賞を受賞した『ディパーテッド』も製作している。同映画でピットはプロデューサーとしてクレジットされているものの、オスカー像授与の対象であったのはグレアム・キングのみであった[102]。ピットは会社についてインタビューで論ずるのを嫌っている[99]

ピットは数多くのテレビコマーシャルに出演している。アメリカ合衆国市場では、第39回スーパーボウルで放送されたハイネケンのコマーシャルなどがある。同CMは『セブン』、『ファイト・クラブ』、『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』のデヴィッド・フィンチャーが監督した[103]。他には、ロシアのモデルのタチアナ・ソロッコ英語版と共演したホンダ・インテグラ[104]ソフトバンクエドウインなどアジア向けに作られたテレビスポットがある[105][106]

慈善活動[編集]

2009年6月、『ピープル』誌によると、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーのチャリティ組織“ジョリー・ピット基金”がパキスタンの難民救済のため100万ドル(日本円で約9,800万円)を国連難民機関に寄付した。アンジェリーナは過去に3回パキスタンを訪れており、住むところがなくなった人々を救うために使ってほしいと今回の寄付をした。国連難民機関の代表であるアントニオ・グエテレスは援助に感謝している[107]

2009年10月、アメリカのチャリティー団体The Giving Back Fundが2008年の「寄付額が最も多い有名人」のランキングを発表し、アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットがハリケーン・カトリーナで壊滅的状況に陥ったニューオリンズの再建やエチオピアやイラクの子どもたちに総額で1,340万ドル(日本円で約12億円)を寄付して2位にランクインした[108]

2009年11月、『ハリウッド・リポーター』によると、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーの2008年の寄付金総額は680万ドル(日本円で約6億1200万円)だったという。2人が設立したジョリー・ピット基金の2008年度の納税通知書によると、同基金の収益は1300万ドル(日本円で約11億7000万円)でその半分以上をさまざまな団体に寄付したといい、世界中の病気を減らすことを目的としている団体The Global Health Councilは同基金から200万ドル(約1億8000万円)を受け取り、ブラッドが創設したチャリティー団体Make It Right FoundationとHuman Rights Watchもそれぞれ1万ドル(約9000万円)を受け取ったという。さらにThe Armed Services YMCA of the US Army、ブラッドの地元スプリングフィールドの学校、息子マドックスの母国カンボジアの団体などもジョリー・ピット基金から寄付を受け取っているという[109]

2009年12月、『ピープル』誌によると、アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットがアメリカの養護施設団体“アメリカン・SOS・チルドレンズ・ビレッジ”に10万ドル(日本円で約900万円)を寄付した。この団体はイリノイ州とフロリダ州にある養護施設で現在は300人ほどの子どもたちが暮らしている。アンジェリーナは「孤児や捨て子を育て、家族をバラバラにしないSOSのすばらしい活動をわたしたちはこの目で見ました。SOSビレッジでは一定の年齢になったからといって子どもが放り出されることはありません。職業訓練、高等教育、生活の手助けなど、すべての援助を永遠に与え続けてくれる場所です」とコメントしている。SOS・チルドレンズ・ビレッジ・USAの会長は二人が同団体に寛大な手を差し伸べてくれたことに感謝し、今後も子どもたちをより良い方法で支えていきたいとコメントしている。SOS・チルドレンズ・ビレッジは孤児や捨て子を支援する世界最大のNPOで132か国で500のビレッジが存在している[110]

2010年11月、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーは児童養護団体SOS・チルドレンズ・ビレッジにジョリー・ピット財団を通じて15万ドル(日本円で約1,275万円)を寄付した。ブラッドとアンジーは2009年にもこの団体に10万ドル(日本円で約850万円)を寄付しており、今回はは2009年の1.5倍の額を寄付したことになる。SOS・チルドレンズ・ビレッジの会長ヒース・ポール博士はこの寄付に感謝を述べ「ブラッドとアンジーは子どもにとっての家族の大切さをとてもよく理解しています。彼らは、実際に難民キャンプなどでわれわれの活動を目の当たりにして、寄付を申し出てくださいました」と2人の寄付が単にお金だけが動くだけの寄付ではなく、心のこもった重みのあるものだと述べた[111]

2011年1月、『ハリウッド・リポーター』によると、実子シャイロが生まれた国ナミビアにある野生動物保護区にシャイロの名の下にパートナーのアンジェリーナ・ジョリーと共に設立したジョリー・ピット財団から200万ドル(日本円で1億6400万円)を寄付していたことが明らかになった[112]

2011年6月、BANG Media Internationalによると、竜巻の被害にあったミズーリ州南西部の町、ジョプリンに50万ドル(日本円で約4,000万円)の寄付したという。この寄付金はパートナーのアンジェリーナ・ジョリーと共に設立した「ジョリー・ピット基金」による寄付金で壊滅的な被害を受けて中長期的な支援を必要とする町の再建に充てられるという。ブラッドは「街の30パーセントが壊滅的な被害に遭い、ジョプリンの街には難題が待ち受けています。僕はこの街の近くで育っているため、住民は仕事熱心で、謙虚、立ち直る力も強いことを知っています」と語り、街の再建の手助けになりたいと言っているという[113][114]

2011年8月、BANG Media Internationalによると、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーが設立した財団法人の納税記録が公開され、2人が2009年だけで総額490万ドル(日本円で約3億9,200万円)を慈善団体に寄付していたことがわかった。その寄付先は195万ドル(日本円で約1億5,600万円)が両親の働いている家庭の支援団体に、100万ドル(日本円で約8,000万円)は国連関連の慈善団体に、70万ドル(日本円で約5,600万円)は子どものがん基金に、また48万ドル(約3,840万円)は自然災害に遭った街の復興期金などに使われている。2人の友人は「セレブたちの多くはブラピやアンジーから学ぶことが一つや二つあるはずよ」とその金額の大きさがうがかえるコメントをしている[115]

私生活[編集]

交際・結婚歴[編集]

1980年代後半から1990年代前半にかけてのピットは自身の出演作で共演したロビン・ギヴンズ英語版(『Head of the Class』)[116]、(ジル・シュエレン英語版処刑教室-最終章-』)[116]ジュリエット・ルイス(『トゥルー・ブルース』と『カリフォルニア』)らと交際していた[26]。さらに1994年から1997年まで交際していたグウィネス・パルトロー(『セブン』で共演)とは大きく報じられ、一時期は婚約まで結んでいた[116]

1998年にピットは『フレンズ』の女優ジェニファー・アニストンと出会い、2000年7月29日にカリフォルニア州マリブでプライベートな結婚式を挙げた[10][117]。何年もの間、彼らは珍しいハリウッド結婚の成功例と考えられていたが;[10][118]、2005年1月7日に離婚を発表した[117]。2ヶ月後、アニストンは和解し難い不和を理由に離婚を申請し[119]、10月2日にロサンゼルス上級裁判所により離婚が成立した[119]。ピットとアニストンは辛辣な関係であると報じられているが、2009年2月、ピットはインタビューで自分たちは「お互いチェックイン」し、両者の生活の大きな一部であると語った[120]

アニストンとの離婚危機の間、『Mr.&Mrs. スミス』の共演であるアンジェリーナ・ジョリーとの接近がメディアで注目を集めた[121]。ピットは、不貞の噂を否定しつつ、セットでジョリーと「恋に落ちた」ことを認めた[122]。アニストンが離婚を申請してから1か月後の2005年4月、パパラッチによりケニアのビーチでピットとジョリーと彼女の息子のマドックスらしき姿が写され、両者の関係の証拠であるとマスコミに解釈された[123]。2005年夏になると2人で居る姿は頻繁に目撃され、芸能メディアではこのカップルは「ブランジェリーナ英語版」と呼ばれた[124]。2006年1月11日、『ピープル』誌にてジョリーは初めて自らの関係を公に認め、ピットの子供を妊娠していることを明かした[125]

2006年10月、『エスクァイア』誌のインタビューにてピットは「この国で結婚したいと思った誰もがきちんと結婚できるようになったらアンジーと僕は結婚を考える」と、アメリカの全ての州で同性婚ができるようになるまで結婚はしないことを述べた[126]。彼は2009年8月[127]と2011年7月に繰り返しこの姿勢を明かしている[128]。また2010年2月、ピットとジョリーは両者の破局を伝えたイギリスの『ニュース・オブ・ザ・ワールド』紙を名誉棄損で提訴した[129]

2012年4月13日、アンジェリーナ・ジョリーと交際7年目にして正式に婚約したとブラッドの代理人が明らかにした。結婚式の日程などはまだ決めていないという[130]

子供[編集]

2006年5月にナミビアアンジェリーナ・ジョリーとの間の実娘、シャイロ・ヌーベルが誕生した。2008年7月12日にはフランス南部のニースで男児(ノックス・レオン)と女児(ヴィヴィアン・マーシェリン)の双子が誕生した[131]

交友関係[編集]

ジョージ・クルーニーマット・デイモンとは『オーシャンズ11』での共演で友人となり、またダーモット・マローニーは下積み時代からの親友である。また、ロバート・レッドフォードを尊敬しており再共演した『スパイ・ゲーム』のインタビューにて「師匠であり、もう一人の父親のような存在」と語っている。バラク・オバマとは遠い親戚である。これについてオバマは「美男の遺伝子がすべて彼のほうに行ってしまった」と話している。またジョニー・デップとも『21ジャンプストリート』にゲスト出演して以来、連絡を取り合う仲らしい。

趣味・嗜好[編集]

先述の通り、映画に対する思い入れは強くシネ・フィルとして有名。ジェニファー・アニストンとの2人きりの旅行でも映画のDVDを持ち歩いたほどの映画好き。また、好きな映画作家や俳優の話題になると饒舌になるためインタビュアーは予め話題づくりのためにピットの好きな映画作家や俳優を下調べしておく手法を用いる。『セブン・イヤーズ・イン・チベット』『ファイト・クラブ』の他にも『トゥルー・ロマンス』『マルコヴィッチの穴』のカメオ出演が気に入っている。

インテリアのデザインを趣味としており建築ジャンキーとして知られ、フランク・ゲーリーを尊敬している。特技はライフル銃。本人曰くオクラホマ州出身の男性は子供の頃から護身術の一環として撃ち方を習得するらしい。蜘蛛が苦手。また、バイクが趣味で何台かのハーレーを所有している。

エドウィンロレックスソフトバンクモバイルCMのイメージにより秀でたファッションセンスの持ち主とされている一方で本人のファッションに対する拘りはあまりない。髪型は役柄に合わせて変えていたが最近は坊主頭や短髪が多い。衣服は交際相手により変化する傾向があるが『テルマ&ルイーズ』『ザ・メキシカン』で披露したようなカジュアルなものが多い。それでも映画の劇中や公式の場におけるファッションは高く評価されておりアメリカの著名な雑誌で「最もセクシーな男」に2度選出されている。

相貌失認[編集]

2013年、相貌失認かもしれないと告白した[132]

主な出演作品[編集]

出演[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1987 追いつめられて
No Way Out
パーティーの役員 クレジットなし
ノーマンズ・ランド
No Man's Land
ウェイター クレジットなし
レス・ザン・ゼロ
Less Than Zero
パーティーの招待客 クレジットなし
1988 リック
The Dark Side of the Sun
リック
1989 処刑教室-最終章-
Cutting Class
ドワイト・インガルズ 日本未公開
ハッピー・トゥギャザー
Happy Together
ブライアン
1990 The Image カメラマン テレビ映画
日本未公開
トゥルー・ブルース
Too Young to Die?
ビリー・キャントン テレビ映画
日本未公開
1991 傷だらけのランナー
Across the Tracks
ジョー・マロニー 日本未公開
テルマ&ルイーズ
Thelma & Louise
J.D.
ジョニー・スエード
Johnny Suede
ジョニー・スェード
1992 ザ・コンタクト
Contact
コックス テレビ映画
クールワールド
Cool World
フランク・ハリス探偵 声の出演
日本未公開
リバー・ランズ・スルー・イット
A River Runs Through It
ポール・マクレーン
1993 カリフォルニア
Kalifornia
アーリー・グレイス
トゥルー・ロマンス
True Romance
フロイド
1994 ブラッド・ピットのヒミツのお願い
The Favor
エリオット・フォーラー 日本未公開
インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア
Interview With The Vampire :The Vampire Cronicles
ルイス・デ・ポアント・ドゥ・ラック
レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い
Legends of the Fall
トリスタン・ラドロー ゴールデングローブ賞 主演男優賞(ドラマ部門)ノミネート
1995 セブン
Seven
デイヴィッド・ミルズ
12モンキーズ
Twelve Monkeys
ジェフリー・ゴインズ ゴールデングローブ賞 助演男優賞受賞
アカデミー助演男優賞ノミネート
1996 スリーパーズ
Sleepers
マイケル・サリヴァン
1997 デビル
The Devil's Own
フランシス・“フランキー”・オースティン・マックイア/ローリー・デヴァンニー
セブン・イヤーズ・イン・チベット
Seven Years In Tibet
ハインリッヒ・ハラー
1998 ジョー・ブラックをよろしく
Meet Joe Black
ジョー・ブラック/コーヒー・ショップの男
1999 マルコヴィッチの穴
Being John Malkovich
本人 カメオ出演
ファイト・クラブ
Fight Club
タイラー・ダーデン
2000 スナッチ
Snatch
ミッキー・オニール
2001 ザ・メキシカン
The Mexican
ジェリー・ウェルバック
スパイ・ゲーム
Spy Game
トム・ビショップ
オーシャンズ11
Ocean's Eleven
ラスティー・ライアン
フレンズ
Friends
ウィル・コルベット テレビシリーズ
第8シーズン第9話「ブラピの「ヘイト・クラブ」」へのゲスト出演
エミー賞ゲスト助演男優賞ノミネート
2002 フル・フロンタル
Full Frontal
ブラッド/本人
コンフェッション
Confessions of a Dangerous Mind
ブラッド/独身のひとり
2003 シンドバッド 7つの海の伝説
Sinbad: Legend of the Seven Seas
シンドバッド 声の出演
日本未公開
Abby Singer 本人 カメオ出演
日本未公開
2004 トロイ
Troy
アキレウス
オーシャンズ12
Ocean's Twelve
ラスティー・ライアン
2005 Mr.&Mrs. スミス
Mr. And Mrs. Smith
ジョン・スミス
2006 バベル
Babel
リチャード ゴールデングローブ賞 助演男優賞ノミネート
2007 オーシャンズ13
Ocean's Thirteen
ラスティー・ライアン
ジェシー・ジェームズの暗殺
The Assassination of Jesse James by the Coward Robert Ford
ジェシー・ジェームズ ヴェネツィア国際映画祭 男優賞受賞
2008 バーン・アフター・リーディング
Burn After Reading
チャド・フェルドハイマー 英国アカデミー賞 助演男優賞ノミネート
ベンジャミン・バトン 数奇な人生
The Curious Case of Benjamin Button
ベンジャミン・バトン アカデミー主演男優賞ノミネート
ゴールデングローブ賞 主演男優賞(ドラマ部門)ノミネート
英国アカデミー賞 主演男優賞ノミネート
2009 イングロリアス・バスターズ
Inglourious Basterds
アルド・レイン中尉
2010 メガマインド
MegaMind
メトロマン 声の出演
2011 ツリー・オブ・ライフ
The Tree of Life
オブライエン
マネーボール
Moneyball
ビリー・ビーン アカデミー主演男優賞ノミネート
ゴールデングローブ賞 主演男優賞(ドラマ部門)ノミネート
英国アカデミー賞 主演男優賞ノミネート
ハッピー フィート2 踊るペンギンレスキュー隊
Happy Feet Two
ウィル 声の出演
2012 ジャッキー・コーガン
Killing Them Softly
ジャッキー・コーガン
2013 ワールド・ウォーZ
World War Z
ジェリー・レーン
それでも夜は明ける
Twelve Years a Slave
サミュエル・バス
悪の法則
The Counselor
ウェストリー
2014 フューリー
Fury
ドン・"ウォーダディー"・コリアー軍曹

製作[編集]

公開年 邦題
原題
備考
2006 ディパーテッド
The Departed
アカデミー賞 作品賞受賞
ハサミを持って突っ走る
Running with Scissors
日本劇場未公開
2007 ラブ・ザ・ドッグ 犬依存症の女
Year of the Dog
製作総指揮
日本劇場未公開
マイティ・ハート/愛と絆
A Mighty Heart
ジェシー・ジェームズの暗殺
The Assassination of Jesse James by the Coward Robert Ford
2009 50歳の恋愛白書
The Private Lives of Pippa Lee
きみがぼくを見つけた日
The Time Traveler's Wife
製作総指揮
2010 キック・アス
Kick-Ass
食べて、祈って、恋をして
Eat Pray Love
製作総指揮
2011 ツリー・オブ・ライフ
The Tree of Life
マネーボール
Moneyball
アカデミー作品賞ノミネート
2012 ジャッキー・コーガン
Killing Them Softly
2013 ワールド・ウォーZ
World War Z
それでも夜は明ける
12 Years a Slave
アカデミー賞 作品賞受賞[133]
ゴールデングローブ賞 作品賞 (ドラマ部門) 受賞

日本語吹き替え[編集]

出演CM[編集]

日本国内
日本国外

脚注[編集]

  1. ^ 今年でもう50歳!今なおセクシーなブラッド・ピットの魅力ニュースウォーカー MovieWalker 2013年3月9日
  2. ^ a b Karen S. Schneider (1996年1月15日). “Look Who Bagged Brad”. People. http://www.people.com/people/archive/article/0,,20102562,00.html 2009年4月3日閲覧。 
  3. ^ a b Dotson Rader (2007年10月7日). “I have faith in my family”. Parade. http://www.parade.com/articles/editions/2007/edition_10-07-2007/Brad_Pitt 2008年3月3日閲覧。 
  4. ^ Chris Mundy (1994年12月1日). “Slippin' around on the road with Brad Pitt”. Rolling Stone 
  5. ^ [1]Brad Pitt Ethnicity
  6. ^ Dyball, Rennie (2011年9月19日). “Brad Pitt Was a Wrestler and a Diver – Never a Baseball Player”. People. http://www.people.com/people/article/0,,20529706,00.html 2011年12月25日閲覧。 
  7. ^ White, Deborah. “Profile of Brad Pitt, Activist & Film Actor”. About.com. http://usliberals.about.com/od/celebrityactivists/p/BradPitt.htm 
  8. ^ a b c d e “Brad Pitt Filmography, Biography”. Fox News. (2006年5月11日). http://www.foxnews.com/story/0,2933,191847,00.html?sPage=fnc/entertainment/celebrity/pitt 2008年10月30日閲覧。 
  9. ^ “Brad Pitt, sexiest man alive, is also one of the silliest”. The Kansas City Star: p. E1. (2008年12月9日) 
  10. ^ a b c d e Mock, Janet. “Brad Pitt Biography”. People: p. 2. http://www.people.com/people/brad_pitt/biography/0,,20004328_10,00.html 2008年5月16日閲覧。 
  11. ^ Tim Nudd (2007年1月22日). “Brad Pitt: 'Strippers Changed My Life'”. People. http://www.people.com/people/article/0,,20009322,00.html 2008年10月14日閲覧。 
  12. ^ "Brad Pitt on Another World", The Another World Home Page. Retrieved 2012-01-10.
  13. ^ a b c d Brad Pitt Biography”. The Biography Channel. p. 1. 2009年5月20日閲覧。
  14. ^ Garth Pierce (2008年9月28日). “Would the real Brad Pitt please stand up?”. Scotland on Sunday. http://scotlandonsunday.Scotsman.com/features/Would-the-real-Brad-Pitt.4535381.jp 2009年5月26日閲覧。 
  15. ^ Jay Martel (1992年5月14日). “Hot Actor: Brad Pitt”. Rolling Stone 
  16. ^ Joyce J. Persico (1995年9月29日). “Hollywood Hunk Brad Pitt Is Casual About Celebrity”. The Times-Picayune: p. L34 
  17. ^ Brad Pitt”. China Daily. 2010年7月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年7月12日閲覧。
  18. ^ Ken Tucker (1990年2月23日). “Too Young to Die — TV Review”. Entertainment Weekly. http://www.ew.com/ew/article/0,,316786,00.html 2008年10月14日閲覧。 
  19. ^ a b Russell Smith (1993年10月19日). “Brad Pitt Only Does Interesting Movie Roles”. Deseret News: p. EV6. "It was in 1991, when he hitched his ride with Geena Davis and Susan Sarandon in Thelma & Louise, that Pitt's star began to twinkle in earnest." 
  20. ^ “Across the Tracks — Cast, Crew, Director, and Awards”. The New York Times. http://movies.nytimes.com/movie/739/Across-the-Tracks/details 2008年10月14日閲覧。 
  21. ^ “Brad Pitt's epic journey”. BBC News. (2004年5月13日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/3687795.stm 2009年5月20日閲覧。 
  22. ^ Ashley Meeks (2008年9月24日). “On DVD: "Walk Hard" hits the right notes; Pitt's "Johnny Suede" sizzles”. Las Cruces Sun-News 
  23. ^ a b c d e f g h i j Brad Pitt Movie Box Office Results”. Box Office Mojo. 2008年12月20日閲覧。
  24. ^ “Cool World Movie Reviews, Pictures”. Rotten Tomatoes. http://www.rottentomatoes.com/m/1040378-cool_world/ 2010年3月13日閲覧。 
  25. ^ Laurin Sydney (1998年11月13日). “Meet Brad Pitt: Actor talks traps, perfection, and honesty”. CNN: Showbiz/Movies. http://www.cnn.com/SHOWBIZ/Movies/9811/13/brad.pitt/ 2008年11月15日閲覧。 
  26. ^ a b Janet Mock. “Brad Pitt Biography”. People: p. 1. http://www.people.com/people/brad_pitt/biography 2009年2月25日閲覧。 
  27. ^ Jeff Giles (2009年8月20日). “Total Recall: Brad Pitt's Best Movies”. Rotten Tomatoes. p. 2. http://www.rottentomatoes.com/m/inglourious_basterds/news/1838607/2/total_recall_brad_pitts_best_movies 2010年3月13日閲覧。 
  28. ^ Showest Awards: Past Award Winners”. ShoWest (Nielsen Business Media Film Group). 2008年8月18日閲覧。
  29. ^ a b Marc Savlov (1994年11月11日). “Interview With the Vampire review”. The Austin Chronicle. http://www.austinchronicle.com/calendar/film/1994-11-11/138413/ 2008年10月15日閲覧。 
  30. ^ “1995 Movie Awards”. MTV. http://www.mtv.com/ontv/movieawards/1995/ 2008年10月15日閲覧。 
  31. ^ Almar Haflidason (2000年11月14日). “BBC Films review — Legends of the Fall”. BBC Movies. http://www.bbc.co.uk/films/2000/11/14/legends_of_the_fall_1994_review.shtml 2008年10月15日閲覧。 
  32. ^ The Celtic languages in contact – Hildegard L. C. Tristram – Google Books
  33. ^ a b c d HFPA — Awards Search”. 2008年5月16日閲覧。
  34. ^ Legends of the Fall (1995): Reviews”. Metacritic (1995年1月13日). 2008年12月22日閲覧。
  35. ^ Janet Maslin (1994年12月23日). “Grit vs. Good Looks In the American West”. The New York Times. http://movies.nytimes.com/movie/review?res=9A04E1DF1F38F930A15751C1A962958260 2009年3月2日閲覧。 
  36. ^ Janet Maslin (1995年9月22日). “Seven Movie Review”. The New York Times. http://movies.nytimes.com/movie/review?res=990CE1D81F3AF931A1575AC0A963958260 2008年10月15日閲覧。 
  37. ^ Jamie Portman (1995年9月16日). “Into the Pitt: The actor talks about how he chooses roles — and how his last one may have done him permanent injury”. The Hamilton Spectator: p. 7 
  38. ^ “Se7en Review”. Variety. (1995年1月1日). http://www.variety.com/index.asp?layout=review&reviewid=VE1117794764&categoryid=31&cs=1 2008年12月22日閲覧。 
  39. ^ Janet Maslin. “12 Monkeys Review”. The New York Times. http://movies.nytimes.com/movie/review?res=9D03E7DF1239F934A15751C1A963958260 2008年10月15日閲覧。 
  40. ^ 81st Annual Academy Awards — Oscar Nominations Fact Sheet”. 2010年2月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年1月27日閲覧。
  41. ^ Owen Gleiberman (1996年11月1日). “Like a Bad Dream”. Entertainment Weekly. http://www.ew.com/ew/article/0,,294799,00.html 2008年11月6日閲覧。 
  42. ^ Sleepers (1996): Reviews”. Metacritic (1996年10月18日). 2009年3月31日閲覧。
  43. ^ Owen Gleiberman (1997年3月21日). “The Devil's Own Movie Review”. Entertainment Weekly. http://www.ew.com/ew/article/0,,287134,00.html 2008年10月15日閲覧。 
  44. ^ Larry Ratliff (1997-03-28). “Sexy integrity – Brad Pitt worked hard to match co-star Ford's 'every day look'”. San Antonio Express-News: 10H. "[Brad] Pitt had to master an Irish accent [in The Devil's Own] to play the bitter freedom fighter who befriends the New York cop portrayed by [Harrison] Ford." 
  45. ^ Dwight Garner (1997年10月10日). “Seven Years in Tibet”. Salon.com. http://www2.salon.com/ent/movies/1997/10/10tibet.html 2008年10月15日閲覧。 
  46. ^ Chris Nashawaty (1997年6月13日). “'Seven Years' Hitch”. Entertainment Weekly. http://www.ew.com/ew/article/0,,288347,00.html 2008年10月15日閲覧。 
  47. ^ Bernard Weinraub (1997年12月9日). “Careers Are Sent Reeling When A Film Flops”. Pittsburgh Post-Gazette: p. D-3 
  48. ^ Margaret A. McGurk. “Meet Brad Pitt”. The Cincinnati Enquirer. http://www.cincinnati.com/freetime/movies/mcgurk/meetjoeblack.html 2008年10月15日閲覧。 
  49. ^ Mick LaSalle (1998年11月13日). “Colorless 'Joe Black'/ Pitt's Death is lethally dull, but Hopkins breathes life into overlong romance”. San Francisco Chronicle. http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/c/a/1998/11/13/DD24338.DTL 2009年2月25日閲覧。 
  50. ^ ロジャー・イーバート (1998年11月13日). “Meet Joe Black”. シカゴ・サンタイムズ. http://rogerebert.suntimes.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/19981113/REVIEWS/811130304/1023 2012年1月28日閲覧。 
  51. ^ Chuck Palahniuk (1996). Fight Club. W. W. Norton & Company. p. 25. ISBN 0-393-03976-5. 
  52. ^ Stephanie Bunbury (2008年12月13日). “The business of being Brad”. The Sun-Herald: p. 4. http://www.smh.com.au/news/entertainment/film/the-business-of-being-brad/2008/12/13/1228585167094.html?page=4 2009年5月13日閲覧。 
  53. ^ Michael Sragow (1999年10月19日). “'Fight Club': It 'Just sort of clicked'”. Salon.com (CNN): p. 2. http://www.cnn.com/books/news/9910/19/fight.club.salon/index1.html 2008年12月31日閲覧。 
  54. ^ Stephen Garrett (1999-07). “Freeze Frame”. Details. 
  55. ^ Chris Nashawaty (1998-07-16). “Brad Pitt loses his teeth for a "Fight"”. Entertainment Weekly. http://www.ew.com/ew/article/0,,83604,00.html 2009年2月25日閲覧。. 
  56. ^ Dennis Lim (2009年11月8日). “‘Fight Club’ Fight Goes On”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2009/11/08/movies/homevideo/08lim.html 2009年12月10日閲覧。 
  57. ^ Paul Tatara (2001年1月18日). “'Snatch': Bloody kid stuff”. CNN: Showbiz/Movies. http://archives.cnn.com/2001/SHOWBIZ/Movies/01/18/review.snatch/index.html 2008年10月15日閲覧。 
  58. ^ Snatch (2001): Reviews”. Metacritic (2001年1月19日). 2008年12月31日閲覧。
  59. ^ Jay Boyar (2001年3月2日). “Runaway Ride – 'The Mexican' Is Freewheeling Fun From Julia Roberts, Brad Pitt”. Orlando Sentinel: p. 21 
  60. ^ Mexican, The (2001): Reviews”. Metacritic (2001年3月2日). 2009年3月26日閲覧。
  61. ^ Mark Holcomb (2001年11月27日). “International Men of History”. The Village Voice: p. 1. http://www.villagevoice.com/2001-11-27/film/international-men-of-history/1 2008年10月15日閲覧。 
  62. ^ Karen S. Schneider (2001年11月28日). “Truly Madly Deeply”. People: p. 1. http://www.people.com/people/article/0,,1228733_628143_1,00.html 2008年5月16日閲覧。 
  63. ^ Gary Susman (2002年7月17日). “Trophy Time”. Entertainment Weekly. http://www.ew.com/ew/article/0,,321601,00.html A2009-04-22閲覧。 
  64. ^ Roger Ebert (2001年12月7日). “Ocean's Eleven”. Chicago Sun-Times. http://rogerebert.suntimes.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20011207/REVIEWS/112070302/1023 October 15, 2008-10-15閲覧。 
  65. ^ "Night Monkey 2 (with Brad Pitt)". Jackass. MTV. 2002年2月10日放送. 8回,シーズン3. 該当時間:22–23
  66. ^ "The Abduction (with Brad Pitt)". Jackass. MTV. 2002年2月17日放送. 9回,シーズン3. 該当時間:22–23
  67. ^ Bill Hemmer (2002年12月30日). “Chuck Barris' 'Dangerous Mind'”. CNN: Showbiz/Movies. http://archives.cnn.com/2002/SHOWBIZ/Movies/12/30/barris.cnna/ 2009年7月24日閲覧。 
  68. ^ Elvis Mitchell (2003年7月2日). “Sinbad: Legend of the Seven Seas review”. The New York Times. http://movies.nytimes.com/movie/review?res=9D01E7DD123AF931A35754C0A9659C8B63 2008年10月29日閲覧。 
  69. ^ "Patch Boomhauer". J.B. Cooke, Anthony Lioi. King of the Hill. Fox. 2003年11月2日放送. 150回,シーズン8. 該当時間:22
  70. ^ Rome Neal (2003年7月1日). “Brad Pitt's Sailing Along”. The Early Show (CBS News). http://www.cbsnews.com/stories/2003/07/01/earlyshow/leisure/celebspot/main561157.shtml 2008年11月24日閲覧。 
  71. ^ “For Pitt's sake”. The Sydney Morning Herald. (2004年5月7日). http://www.smh.com.au/articles/2004/05/06/1083635286338.html?from=storyrhs 2008年5月15日閲覧。 
  72. ^ Stephen M. Silverman (2004年5月17日). Troy Boy Brad Hits Box-Office Homer”. People. http://www.people.com/people/article/0,26334,638550,00.html 2008年12月20日閲覧。 
  73. ^ Stephen Hunter (2004年5月13日). “The Boy Toys Of 'Troy'”. The Washington Post. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A25869-2004May13.html 2009年3月31日閲覧。 
  74. ^ Paul Clinton (2004年12月9日). “Review: 'Ocean's Twelve' high-spirited fun”. CNN: Showbiz/Movies. http://edition.cnn.com/2004/SHOWBIZ/Movies/12/09/review.oceans/index.html 2008年12月20日閲覧。 
  75. ^ Colin Covert. “Mr. & Mrs. Smith”. Minneapolis Star Tribune (Rotten Tomatoes). http://www.rottentomatoes.com/m/mr_and_mrs_smith/ 2008年9月8日閲覧。 
  76. ^ 2005 Yearly Box Office Results”. Box Office Mojo. 2009年1月21日閲覧。
  77. ^ Ty Burr (2006年12月15日). “'Babel,' 'Departed' top Golden Globe picks”. The Boston Globe. http://www.boston.com/news/globe/living/articles/2006/12/15/babel_departed_top_golden_globe_picks/ 2010年4月22日閲覧。 
  78. ^ “Pitt's pitch Brad babbles on in the build-up for 'Babel'”. Irish Independent. (2006年9月11日). http://www.independent.ie/lifestyle/independent-woman/celebrity-news-gossip/pitts-pitch-brad-babbles-on-in-the-buildup-for-babel-77615.html 2008年12月21日閲覧。 
  79. ^ Manhola Dargis (2007年9月21日). “The Assassination of Jesse James by the Coward Robert Ford (2007) – Movie Review”. The New York Times. http://movies.nytimes.com/2007/09/21/movies/21assa.html 2008年5月15日閲覧。 
  80. ^ Lewis Beale. “The Assassination of Jesse James by the Coward Robert Ford — Review”. Film Journal International. オリジナル2010年7月3日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/5qx7euw2t 2009年2月25日閲覧。 
  81. ^ Christopher Hastings (2007年12月7日). “Venice Film Festival — the winners”. The Daily Telegraph (UK). オリジナル2010年3月1日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/5nue2z2xq 2008年10月15日閲覧。 
  82. ^ “The moment a fan attacked Brad Pitt in Venice”. Daily Mail (UK). http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-479730/The-moment-crazed-fan-attacked-Brad-Pitt-Venice.html 2008年10月15日閲覧。 
  83. ^ Tom O'Neil (2008年9月9日). “Brad Pitt finally claims last year's best-actor trophy at the Venice Film Festival”. Los Angeles Times. http://goldderby.latimes.com/awards_goldderby/2008/08/brad-pitt-venic.html 2008年8月27日閲覧。 
  84. ^ Andrew Pulver (2008年8月27日). “Review: Burn After Reading”. The Guardian (UK). http://www.guardian.co.uk/film/2008/aug/27/venicefilmfestival.coenbrothers1 2008年10月15日閲覧。 
  85. ^ Kurt Loder (2007年3月2日). “Director David Fincher: Beyond The Zodiac”. MTV Movie News. http://www.mtv.com/news/articles/1553713/20070302/story.jhtml 2008年10月30日閲覧。 
  86. ^ Michael Sragow (2008年12月25日). “One for the ages”. The Baltimore Sun 
  87. ^ “SAG Awards 2009: The winners”. BBC News. (2009年1月26日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/7850879.stm 2009年2月26日閲覧。 
  88. ^ “Brad Pitt, Angelina Jolie, Heath Ledger nominated for Oscars”. Herald Sun (Australia). (2009年1月22日). http://www.heraldsun.com.au/entertainment/confidential/oscar-nods-for-brad-and-angelina/story-e6frf98o-1111118642208 2009年2月26日閲覧。 
  89. ^ Mairi Mackay (2009年5月22日). “Have Tarantino and his 'Inglourious Basterds' got what it takes?”. CNN: Showbiz/Movies. http://www.cnn.com/2009/SHOWBIZ/Movies/05/22/tarantino.filmography/index.html?eref=rss_mostpopular 2009年5月26日閲覧。 
  90. ^ Inglourious Basterds (2009): Reviews”. Metacritic (2009年8月21日). 2009年12月19日閲覧。
  91. ^ Nominees & Winners for the 82nd Academy Awards”. Academy Awards Official Website. 2010年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月19日閲覧。
  92. ^ 2010 MTV Movie Awards”. MTV. 2010年3月31日閲覧。
  93. ^ Stephen Holden (2010年11月5日). “Animated Ambiguity, Featuring a Big Head”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2010/11/05/movies/05mega.html?src=me 2010年11月5日閲覧。 
  94. ^ Breznican, Anthony (2011年5月22日). “Cannes Film Festival: Top prizes go to 'Tree of Life,' Kirsten Dunst, 'The Artist'”. Entertainment Weekly. http://insidemovies.ew.com/2011/05/22/cannes-film-festival-2011awards/ 2011年5月23日閲覧。 
  95. ^ Bill Madden (2010年9月3日). “'Moneyball' strategy insufficient for Oakland A's, general manager Billy Beane vs. New York Yankees”. デイリー・ニューズ. http://www.nydailynews.com/sports/baseball/yankees/2010/09/03/2010-09-03_hoping_moneyball_movie_is_not_also_the_pitts.html 2011年3月3日閲覧。 
  96. ^ Nominees for the 84th Academy Awards”. Academy Awards Official Website. 2012年1月24日閲覧。
  97. ^ Roger Friedman (2005年11月1日). “Aniston's Star Shines With and Without Pitt”. Fox News. http://www.foxnews.com/story/0,2933,174126,00.html 2005年5月16日閲覧。 
  98. ^ “Jennifer Aniston's 'Plan C': A New Film Company”. People. (2008年4月1日). http://www.people.com/people/article/0,,20187368,00.html 2008年5月15日閲覧。 
  99. ^ a b Dade Hayes (2006年12月14日). “Brad Pitt's role as filmmaker threatens to eclipse his actorly exploits and tabloid profile”. Variety. オリジナル2010年3月1日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/5nueZCqKv 2008年12月21日閲覧。 
  100. ^ a b Gary Susman (2004年3月18日). “Ford Explorer”. Entertainment Weekly. http://www.ew.com/ew/article/0,,602057,00.html 2008年11月14日閲覧。 
  101. ^ Lou Lumenick (2007年6月22日). “A Mighty Heart”. New York Post. http://www.nypost.com/p/entertainment/movies/item_wgt5J1EDiAd24lyDiRTw7M;jsessionid=C852BE89992112163DE354A7A0983AFC 2010年3月23日閲覧。 
  102. ^ Claudia Eller (2007年1月24日). “Academy to ponder credit for 'Departed'”. Los Angeles Times: p. 2. http://articles.latimes.com/2007/jan/24/business/fi-grey24/2 2008年11月14日閲覧. "Along with [Graham] King, [Brad] Grey and his former producing partner, actor Brad Pitt, were given screen credit on the movie by Warner." 
  103. ^ Lucy Kaylin (2005年6月). “American Idol”. GQ: p. 5. オリジナル2010年3月23日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/5oRqnoPPs 2010年3月22日閲覧。 
  104. ^ A.J. Benza; Michael Lewittes (1995年12月22日). “Hot Copy”. デイリー・ニューズ. http://www.nydailynews.com/archives/gossip/1995/12/22/1995-12-22_hot_copy.html 2010年10月24日閲覧。 
  105. ^ Cate Doty (2008年2月4日). “For Celebrities, Ads Made Abroad Shed Some Stigma”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2008/02/04/business/media/04japander.html/partner/rssnyt/ 2009年3月26日閲覧。 
  106. ^ “Will Brad Pitt ever age?”. The Sun (UK). (2008年1月22日). http://www.thesun.co.uk/sol/homepage/showbiz/bizarre/article713667.ece 2008年11月14日閲覧。 
  107. ^ http://www.cinematoday.jp/page/N0018492
  108. ^ http://www.cinematoday.jp/page/N0020546
  109. ^ “ブラピとアンジェリーナ・ジョリー、昨年の寄付金総額は6億円以上”. シネマトゥデイ. (2009年11月25日). http://www.cinematoday.jp/page/N0020981 2011年7月13日閲覧。 
  110. ^ http://www.cinematoday.jp/page/N0021551
  111. ^ http://www.cinematoday.jp/page/N0028551
  112. ^ “ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーが、ナミビアの野生動物保護区に約1億6千万円を寄付!”. シネマトゥデイ. (2011年1月5日). http://www.cinematoday.jp/page/N0029375 2011年7月13日閲覧。 
  113. ^ “アンジェリーナ・ジョリー、竜巻被害にあったブラピの故郷に50万ドル寄付”. cinemacafe.net. (2011年6月13日). http://www.cinemacafe.net/news/cgi/gossip/2011/06/10748/ 2011年7月13日閲覧。 
  114. ^ “ブラピとアンジー、竜巻被害にあったミズーリ州ジョプリンに約4,000万円を寄付”. シネマトゥデイ. (2011年6月11日). http://www.cinematoday.jp/page/N0032983 2011年7月13日閲覧。 
  115. ^ http://www.cinematoday.jp/page/N0034268
  116. ^ a b c Gliatto, Tom (1997年6月30日). “Love Lost”. People. http://www.people.com/people/archive/article/0,,20122540,00.html 2009年2月25日閲覧。 
  117. ^ a b “Jennifer Aniston and Brad Pitt Separate”. People. (2005年1月7日). http://www.people.com/people/article/0,,1015778,00.html 2008年5月16日閲覧。 
  118. ^ “Pitt and Aniston announce split”. BBC News. (2005年1月8日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/4156907.stm 2009年3月19日閲覧。 
  119. ^ a b “Judge signs Aniston-Pitt divorce papers”. USA Today. Associated Press. (2005年8月22日). http://www.usatoday.com/life/people/2005-08-22-aniston-pitt-divorce_x.htm 2008年11月14日閲覧。 
  120. ^ Kevin West (2009年2月). “Brad Pitt”. W: p. 1. オリジナル2010年1月28日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/5qpZVG6qn 2009年2月24日閲覧。 
  121. ^ Stephen M. Silverman (2005年1月21日). “How Will Brad and Angelina's Movie Fare?”. People. http://www.people.com/people/article/0,26334,1019221,00.html 2009年3月16日閲覧。 
  122. ^ “Brad Pitt admits Angelina Jolie affair while with Jennifer Aniston”. Herald Sun (Australia). (2008年12月11日). http://www.heraldsun.com.au/entertainment/confidential/brad-finally-fesses-up-to-affair/story-e6frf96x-1111118285639 2008年12月22日閲覧。 
  123. ^ Jason Lynch and Susan Bell (2005年5月4日). “Brad & Angelina's Latest Getaway”. People. http://www.people.com/people/article/0,,1057551,00.html 2008年5月16日閲覧。 
  124. ^ Robin Stummer (2006年5月28日). “To Brad and Angelina: a C-section (and the keys to a hysterical nation)”. The Independent (UK). http://www.independent.co.uk/news/world/africa/to-brad-and-angelina-a-csection-and-the-keys-to-a-hysterical-nation-480063.html 2010年2月21日閲覧。 
  125. ^ “Angelina Jolie Pregnant”. People. (2006年1月11日). http://www.people.com/people/article/0,,1145171,00.html 2008年5月15日閲覧。 
  126. ^ Brad Pitt (2006年10月1日). “My List”. Esquire: p. 2. オリジナル2010年3月15日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/5oFzrtuVq 2010年3月15日閲覧。 
  127. ^ Rader, Dotson. "Brad Pitt on Gay Marriage, Smoking Pot and 'Real Love'". Parade. August 5, 2009. Retrieved September 30, 2001.
  128. ^ "Brad Pitt Strengthens Stand on Marriage Equality". People. July 5, 2011. Retrieved September 30, 2011.
  129. ^ Hazlett, Courtney. "Pitt, Jolie split! No, they didn't... wait... nope". MSNBC.com. February 15, 2010. Retrieved September 30, 2011.
  130. ^ ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーが、ついに正式に婚約! 2012年4月16日 ムービーコレクション
  131. ^ “米女優アンジェリーナ・ジョリーさん、双子を無事出産”. AFPBB News. (2008年7月13日). http://www.afpbb.com/article/entertainment/movie/2417330/3123625 2008年8月1日閲覧。 
  132. ^ “ブラッド・ピット、人の顔が覚えられない? 米誌に告白”. (2013年5月24日). http://www.cnn.co.jp/showbiz/35032506.html 2013年5月29日閲覧。 
  133. ^ Nominees for the 86th Academy Awards”. 映画芸術科学アカデミー. 2014年3月3日閲覧。

外部リンク[編集]