21ジャンプストリート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

21ジャンプストリート』(トゥエンティワン - 、21Jump Street)は、1987年 - 1990年フォックス放送(FOX)で放送されたアメリカテレビドラマ

ジョニー・デップの出世作であり、この作品で一気にアイドルの地位を築くことになった。ドラマの中では、21ジャンプストリートにある教会を潜入捜査班の事務所として使用していることから、そのまま題名となっている。

ストーリー[編集]

トム・ハンソンはそのベビー・フェイス故に、青少年犯罪特別捜査課"21ジャンプストリート"に所属することになり、青年犯罪を撲滅するべく相棒のダグと共に、高校に潜入捜査を始める。そこでは、「麻薬取引」「売春」「殺人依頼」「自殺」などさまざまな事件が渦巻いていた。

放送リスト[編集]

シーズン1 - 3は日本でDVD発売されている。エピソードタイトルはこれに基づいて表記する。なお、シーズン4・5は日本向けDVDが発売されていないため、原題で表記する。

シーズン1(1987年4月 - 7月)[編集]

  1. 「潜入捜査 パート1」
  2. 「参入捜査 パート2」
  3. 「自由の国 アメリカ」
  4. 「憧れと嫉妬」
  5. 「輝く未来に潜む影」
  6. 「人生最悪の夜」
  7. 「別れと再出発」
  8. 「悪友」
  9. 「殺人依頼」
  10. 「父と息子」
  11. 「狙い球」
  12. 「もてあそばれた青春」
  13. 「ストリートからの巣立ち」

シーズン2(1987年9月 - 1988年5月)[編集]

  1. 「ピエロの誘惑」
  2. 「麻薬密売 パート1」
  3. 「麻薬密売 パート2」
  4. 「友への償い」
  5. 「銃社会の素顔」
  6. 「個人授業」
  7. 「人種の壁」
  8. 「名誉の裏に」
  9. 「ワクサーの復讐」
  10. 「栄光の代償」
  11. 「クリスマス・イン・サイゴン」
  12. 「ラッセル・バッキンズの誘惑」
  13. 「病気と偏見」
  14. 「カード」
  15. 「病院という名の監獄」
  16. 「3.3秒の苦悩」
  17. 「学歴社会の重圧」
  18. 「奇跡の少年」
  19. 「マリファナの密輸」
  20. 「自殺」
  21. 「コリーとディーンの結婚」
  22. 「卒業」

シーズン3(1988年11月 - 1989年5月)[編集]

  1. 「迷走の果てに」
  2. 「恐怖心」
  3. 「堕ちた名声」
  4. 「コーチ・オブ・ザ・イヤー」
  5. 「この命、誰のもの」
  6. 「地獄の1週間」
  7. 「ドラゴンと天女」
  8. 「警官たちのストライキ」
  9. 「心の魔物」
  10. 「恋の行方」
  11. 「暗い過去」
  12. 「ハンソンの危機」
  13. 「脱走」
  14. 「トラウマ」
  15. 「市長とその息子」
  16. 「麻薬への逃避」
  17. 「売春」
  18. 「次の犠牲者」
  19. 「逃亡者 パート1」
  20. 「逃亡者 パート2」

シーズン4(1989年9月 - 1990年7月)[編集]

  1. DRAW THE LINE(シーズン3 第20話からの続き)
  2. SAY IT AIN'T SO, PETE
  3. ETERNAL FLAME
  4. COME FROM THE SHADOWS
  5. GODE IS A BULLET
  6. OLD HAUNTS IN THE NEW AGE
  7. OUT OF CONTROL
  8. STAND BY YOUR MAN
  9. MIKE'S P.O.V.
  10. WHEELS AND DEALS PART 1(シーズン4 第1話の後日談)
  11. WHEELS AND DEALS PART 2
  12. PARENTAL GUIDANCE SUGGESTED
  13. THINGS WE SAID TODAY
  14. RESEARCH AND DESTROY
  15. CHANGE OF HEART
  16. BACK FROM THE FUTURE
  17. 2245
  18. HI MOM
  19. AWOMP-BOMP-ALOOBOMP, ALOOP-BAMBOOM
  20. LA BIZCA
  21. LAST CHANCE HIGH
  22. UNFINISHED BUSINESS
  23. SHIRTS AND SKINS
  24. HOW I SAVED THE SENATOR
  25. ROUNDING THIRD
  26. EVERYDAY IS CHRISTMAS

シーズン5(1990年10月 - 1991年4月)[編集]

  1. Tunnel of Love
  2. Back to School
  3. Buddy System
  4. Poison
  5. Just Say No! High
  6. Brothers
  7. This Ain't No Summer Camp
  8. The Girl Next Door
  9. Diplomas for Sale
  10. Number One with a Bullet
  11. Equal Protection
  12. The Education of Terry Carver
  13. Baby Blues
  14. Film at Eleven
  15. In the Name of Love
  16. Coppin' Out
  17. Under the Influence
  18. Crossfire
  19. Wasted
  20. Bad Day at Blackburn
  21. Homegirls
  22. Second Chances

登場人物[編集]

  • トム・ハンソン潜入捜査官(演:ジョニー・デップ/吹き替え)
    警察官だった父親に憧れ警官に志願。しかし童顔であることから犯人になめられてしまう。その童顔を買われて高校への潜入捜査専門チームへ配属される。

トムの同僚たち[編集]

  • ダグ・ペンホール潜入捜査官(演:ピーター・デルイーズ/吹き替え)
    当初はトム・ハンソンと敵対するが、後にかけがえのない相棒となる。
  • ジュディ・ホフス潜入捜査官(演:ホリー・ロビンソン・ピート/吹き替え)
    チーム内で唯一の女性・唯一の大卒という役。黒人・女性(=少数派、マイノリティ)であることから時に差別を受けるというストーリーもある。
  • ハリー・トルーマン・アイオキ潜入捜査官(演:ダスティン・ヌエン/吹き替え)
    日本人のはずが…。出生はシーズン2で明かされる。
  • デニス・ブッカー潜入捜査官(演:リチャード・グリエコ
    シーズン3から登場。警察の内務捜査員から潜入捜査員へ。
  • サル・ジェンコ(本名)
    潜入捜査班事務所(教会)の清掃・雑用係。通称フグ男。

トムの上司たち[編集]

スタッフ[編集]

補足[編集]

  • まだ無名時代のブラッド・ピットブリジット・フォンダヴィンス・ヴォーンなどがゲスト出演している。
  • 当初の日本版でのビデオリリース時は『ジョニー・デップのハイスクール・コップ』、さらには『ロックド・アウト』という邦題がつけられていた。
  • シリーズはシーズン5まで続いたが、ジョニー・デップはシーズン4で降板している。
  • リチャード・グリエコ演じるブッカーを主役にしたスピンオフの"Booker"が1989年9月から1シーズン放映された。

映画[編集]

ジョナ・ヒルチャニング・テイタム主演でリメイクされ、2012年3月16日に公開された。日本では劇場公開されず2013年3月6日にDVDが発売。

ジョニー・デップ、ピーター・デルイーズがラスト近くでカメオ出演しているほか、テレビシリーズの出演者・関係者が関わっている。

外部リンク[編集]