スティーブン・J・キャネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スティーブン・J・キャネル

スティーブン・ジョセフ・キャネル(Stephen Joseph Cannell, 1941年2月5日 - 2010年9月30日)は、アメリカ合衆国テレビプロデューサー脚本家小説家エミー賞受賞。

経歴[編集]

1964年オレゴン大学を卒業し、1968年に、「スパイのライセンス」の脚本で認められ、ユニバーサルスタジオのテレビ番組制作部門に参加。「特捜隊アダム12」の第3~第4シーズン(1971年1972年)で脚本を手がけた後、フリーランスとなり、「鬼警部アイアンサイド」や「刑事コロンボ」などに脚本を提供。以後、脚本家、プロデューサとして、犯罪ものを中心に約40作品、1500話以上の製作に携わり、450本以上の脚本を自身で執筆している。時には、自作の「反逆のヒーローレネゲイド」(RENEGADE)やスティーブン・セガール主演の「奪還 DAKKAN -アルカトラズ-」(監督は「ハット・スクワッド」のドン・マイケル・ポール)に俳優として出演していた。

1979年、スティーブン・J・キャネル・プロダクションを設立。1987年、キャネル・スタジオとしてすべての創作活動を統合管理し、その作品はこれまでにのべ1000時間にも及ぶ。

1996年以後、小説家としても活動していた。ロサンゼルス市警察(LAPD)の南西署、強盗殺人課巡査部長シェーン・スカリーを主人公としたシリーズものをはじめ、10数作品を発表。「マフィアをはめろ!」(1998年)の映画化が計画されていた。

2010年9月30日メラノーマにより死去[1]。69歳没。

主な作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

小説[編集]

  • シェーン・スカリーシリーズ
    • 『追われる警官』The Tin Collectors (2001)
    • The Viking Funeral (2002)
    • Hollywood Tough (2003)
    • Vertical Coffin (2004)
    • Cold Hit (2004)
    • White Sister (2006)
    • Three Shirt Deal (2008)
  • その他の作品
    • 『陰謀』 The Plan (1996)
    • 『殺人チャットルーム』 Final Victim (1997)
    • 『マフィアをはめろ!』 King Con (1998)
    • 『九龍城(ガウロン)の闇』Riding The Snake (1999)
    • The Devil's Workshop (2000)
    • Runaway Heart (2003)

脚註[編集]

外部リンク[編集]