フォックス放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フォックス放送(Fox)
FOX wordmark.svg
形態 テレビ放送ネットワーク
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
視聴可能 国内
設立 ルパート・マードック, バリー・ディラーにより
スローガン So Fox
地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
所有者 フォックス・エンターテイメント・グループ
(21世紀フォックス)
代表者等 ピーター・ライス
Kevin Reilly
開局 1986年10月9日
旧名 Briefly abbreviated "FBC"
映像形式 480i/576i (SD)
720p (HD)
公式サイト http://www.fox.com

フォックス放送(英語名:The Fox Broadcasting Companyザ・フォックス・ブロードキャスティング・カンパニー)はアメリカテレビネットワークのひとつ。21世紀フォックス傘下にある。

1986年設立と、3大ネットワーク(ABCCBSNBC)と比べれば歴史は浅いものの、近年は視聴者数で並び、現在はFOXを含めて「4大ネットワーク」と呼ばれている。

これまで日本で話題になったドラマが多く、『Xファイル』をはじめ『24 -TWENTY FOUR-』や『プリズン・ブレイク』などがある。

経緯[編集]

1986年設立。当時のニューズ・コーポレーション(現・21世紀フォックス)はオーストラリアに本社があり、外資規制を逃れるため、株式の76%は当時フォックス・インク(20世紀フォックスの親会社)の会長兼CEOだったバリー・ディラーが保有した。また、設立の際にルパート・マードックが帰化、合衆国市民となっている。

同年10月9日放送開始。放送開始時は直営局6局(1985年に独立局の運営会社・メトロメディアを買収)と加盟局90局で80%をカバーしたが、210〜215局で97%をカバーする3大ネットワークと比べると貧弱であった(ちなみに、2003年には直営局・加盟局合わせて180局で96.18%をカバーしている)。

1989年、現在まで続く人気アニメーション『ザ・シンプソンズ』が放送開始。

1993年、それまでCBSが保有していたNFL・NFC(ナショナル・フットボール・カンファレンス)の放映権を破格の放映権料(4年間15.8億ドル。それまでCBSが支払っていた放映権料は4年間2.9億ドル)で獲得。これによる加盟局の増加と合わせて、フォックスの4大ネットワーク入りに大きく貢献した。

また、1990年代初頭〜中盤にかけて、『ビバリーヒルズ高校白書/青春白書』や『メルローズ・プレイス』といった若者向けドラマがヒット。1993年に放送を開始した『Xファイル』は初めて全米年間視聴率トップ25に入った。そして、現在『アメリカン・アイドル』が全米で一番多くの視聴者数を得る番組となっている。

2004年9月、NFL中継を皮切りに高精細度テレビジョン放送(720p)による放送を開始した。

2007-08年シーズンは、平均世帯視聴者数(1,120万人)、18歳〜49歳の平均視聴率(4.2%、シェア11%)で3大ネットワークを抑え、ネットワークが始まって以来初めて2冠を獲得した([1]

2013年にはニューズ社会社分割したことで、21世紀フォックスの傘下となった。。

旧来の3大ネットワークで放送している朝夕の全国ネットのニュースショーはない。全国ネットの定時の報道番組は日曜の朝に60分番組が一本組まれているのみである。報道特別番組はフォックスニュースから伝えられる。ローカルのニュース番組は米東部時間の平日では主に17時・18時・22時台に組まれるほか、朝に長時間のニュースワイド番組を組んでいるローカル局も多い(『Good Day L.A.』など)。一方でローカルニュースの制作を同じ地域の3大ネットワークの加盟局に委託している局(ピッツバーグなど)も存在する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]