ジャック・アルバートソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャック・アルバートソン
Jack Albertson
Jack Albertson
本名 Harold Albertson
別名義 ジャッキー・アルバーツ
生年月日 1907年6月16日
没年月日 1981年11月25日(満74歳没)
出生地 マサチューセッツ州モールデン
死没地 カリフォルニア州ハリウッド
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優コメディアンダンサー歌手
ジャンル 舞台、映画、テレビ・ラジオ
活動期間 1938年 - 1981年
配偶者 ウォレス・トンプソン(1952年 - 1981年)

ジャック・アルバートソンJack Albertson, 1907年6月16日 - 1981年11月25日)は、アメリカ合衆国俳優コメディアンダンサー歌手である。ジャック・アルバートスンとも表記される。身長185cm。

女優メイベル・アルバートソンは姉。

経歴[編集]

1907年マサチューセッツ州モールデンで、ロシア生まれのユダヤ人移民の夫婦、レオポルド・アルバートソンとフローラ・クラフトの間に生まれる。高校を中退し、ニューヨークに渡ってショービジネスでの成功を目指すが、部屋を借りる金もなかったため、セントラル・パークで野宿していたこともあった。その後、ボードビリアンとして仕事をするようになる。

1964年から1966年まで上演されたフランク・D・ギルロイピューリッツァー賞受賞戯曲The Subject Was Roses(バラが問題だ)』でトニー賞演劇助演男優賞を、またその映画化作品1968年)の同じ役でアカデミー助演男優賞を受賞した名優。また、主演ドラマ『Chico and the Man』(1974年 - 1978年NBC)で1975年から1977年まで3年連続ノミネートされ、そのうち1976年には受賞を果たすなど、テレビでも活躍。

ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームにテレビ分野で名前が刻まれている。

1981年大腸癌で死去。

主な出演作品[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]