恋人よ帰れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
恋人よ帰れ
Lover Come Back
監督 デルバート・マン
脚本 スタンリー・シャピロ
ポール・ヘニング
製作 マーティン・メルチャー
スタンリー・シャピロ
製作総指揮 ロバート・アーサー
出演者 ロック・ハドソン
ドリス・デイ
音楽 フランク・デ・ヴォル
主題歌 ドリス・デイ「Lover Come Back」
撮影 アーサー・E・アーリング
編集 マージョリー・ファウラー
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1961年12月20日
日本の旗 1962年2月24日
上映時間 107分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 8,500,000ドル(北米市場配給収入)
テンプレートを表示

恋人よ帰れ』(こいびとよかえれ、原題・英語: Lover Come Back)は、1961年に製作・公開されたアメリカ映画である。イーストマン・カラー作品

概要[編集]

1959年の『夜を楽しく』に続くロック・ハドソンドリス・デイ主演作品であり、デルバート・マンが監督を務めている。トニー・ランドールは『夜を楽しく』に引き続いて共演した。

ニューヨークの広告代理店が舞台となっている。

キャスト[編集]

  • ジェリー・ウェブスター:ロック・ハドソン
  • キャロル・テンプルトン:ドリス・デイ
  • ピーター・ラムゼイ:トニー・ランドール

スタッフ[編集]

  • 監督:デルバート・マン
  • 製作総指揮:ロバート・アーサー
  • 製作:マーティン・メルチャー、スタンリー・シャピロ
  • 脚本:スタンリー・シャピロ、ポール・ヘニング
  • 音楽:フランク・デ・ヴォル
  • 撮影監督:アーサー・E・アーリング
  • 編集:マージョリー・ファウラー
  • 美術:ロバート・クラットワーシー、アレクサンダー・ゴリツィン
  • 装置:オリヴァー・エマート
  • ドリス・デイの衣裳:アイリーン

映画賞ノミネーション[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]