モーガン警部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モーガン警部』(原題: Sheriff of Cochise, U.S. Marshal)はデジル・プロダクションおよびナショナル・テレフィルム・アソシエイツ製作で、ジョン・ブロムフィールド主演の、アリゾナを舞台にした全58話のテレビ西部劇である。アメリカ本国では1956年から1958年にかけてシンジゲート放送され、日本では1958年にNTVで放送された[1][2]。放送時間は金曜21:15 - 21:45。大日本製薬(現:大日本住友製薬)一社提供

概要[編集]

警部とあるが、主役のモーガンは保安官で、西部劇刑事ドラマが合体したような設定になっている。アメリカでの放送は『シェリフ・オブ・コーチャイス』(1956-57)と『USマーシャル』(1957‐58)の2シーズンに分かれており、第1シーズンでは、アリゾナ州コチセ郡郡保安官だったモーガンが、第2シリーズでは連邦保安官となり、アリゾナ州全土を股にかけて活躍するという筋立てである。『ゴースト・ライダーズ・イン・ザ・スカイ』の作者であるスタン・ジョーンズが、24回にわたって、モーガンの助手であるハリー・オルソン役を演じている。他にも助手役としてフランク・ファーガソンらが出演している。

1961年には東映が主演のジョン・ブロムフィールドを招き、関川秀雄監督・鶴田浩二の共演で『モーガン警部と謎の男[3]を制作している[1][2]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「BonusColumn 海外テレビ映画の放映」『超人画報 国産架空ヒーロー40年の歩み』 竹書房/イオン編、竹書房1995年11月30日、50頁。C0076。ISBN 4-88475-874-9
  2. ^ a b c 番組ガイド:「モーガン警部」【海外ドラマ番組ガイド☆テレプレイ】
  3. ^ 最初はアメリカが舞台で砂漠があるが日本でロケをしたもの。川本三郎筒井清忠『日本映画 隠れた名作 昭和30年代前後』(中公選書 2014年)p.108。
  4. ^ "Sheriff of Cochise (1956)" Internet Movie Data Base

外部リンク[編集]

日本テレビ 金曜21:15 - 21:45枠
【当番組より大日本製薬一社提供枠】
前番組 番組名 次番組
モーガン警部