ドナルド・クリスプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドナルド・クリスプ
Donald Crisp
Donald Crisp
Shining Victory』(1941年)予告編より
本名 George William Crisp
生年月日 1882年7月27日
没年月日 1974年5月25日(満91歳没)
出生地 イングランドの旗 ロンドン
死没地 アメリカ合衆国の旗 ロサンゼルス
国籍 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優映画監督
ジャンル 映画
活動期間 1908年 - 1963年
配偶者 マリー・スターク(? - 1919年)
ジェーン・マーフィン[1](1932年 - 1944年)
主な作品
わが谷は緑なりき』(1941年

ドナルド・クリスプDonald Crisp1882年7月27日[2] - 1974年5月25日)は、ロンドン出身で主にアメリカで活動したイングランド俳優映画監督

ハリウッド創世記から活躍し、後の映画業界に強い影響力を有していた俳優であり、『わが谷は緑なりき』(1941年)でアカデミー助演男優賞を受賞するなど様々な映画に出演した名脇役として知られる。

略歴[編集]

1882年ロンドンで8人兄弟姉妹の1人として生まれる[2]

1906年アメリカに渡る際の船で歌の才能を買われて仕事を得る。翌年にはニューヨークで舞台監督として活動するようになる。その後、後の名監督D・W・グリフィスと出会い、友人となる。1912年にグリフィスと共にハリウッドに渡り、グリフィスの助手をしながら演出を学んだ後、約70本の映画を監督する。並行して自ら俳優として100本近くのサイレント映画に出演する。1914年に初めて監督としてクレジットされた映画『Little Country Mouse』が公開される。1915年にはグリフィス監督の大作映画『國民の創生』でグラント将軍を演じ、1919年には同じくグリフィス監督の『散り行く花』ではヒロイン(リリアン・ギッシュ)を虐待する父親役を演じる。また、これらのキャリアの合間に第一次世界大戦に従軍している。

1930年の映画『The Runaway Bride』を最後に監督業を引退、俳優に専念することになり、1941年の映画『わが谷は緑なりき』でアカデミー助演男優賞を受賞する。

第二次世界大戦の際には米陸軍予備役登録する(階級は大佐)。

戦後も俳優業を続け、1963年に引退、1974年脳梗塞で死去する。

主な出演作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 脚本家。
  2. ^ a b 1880年7月27日にスコットランドで生まれたとの資料もある。ドナルド・クリスプ”. キネマ旬報映画データベース. 2011年7月30日閲覧。

外部リンク[編集]