呪いの家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
呪いの家
The Uninvited
監督 ルイス・アレン
脚本 ドディ・スミス
フランク・パートス
出演者 後述
音楽 ヴィクター・ヤング
撮影 チャールズ・ラング
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1944年2月10日
日本の旗 1946年6月
上映時間 99分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
スペイン語
テンプレートを表示

呪いの家』(のろいのいえ、原題:The Uninvited)は、1944年アメリカ合衆国の映画作品である。原作はドロシー・マカードルの小説“Uneasy Freehold”で、ジャンルはホラー・ラブストーリーである。

チャールズ・ラングはこの映画で1945年のアカデミー撮影賞にノミネートされた。

あらすじ[編集]

作曲家であるリックと、パメラのフィッツゼラルド兄妹は、イングランドにある空家の邸宅を気に入り、幽霊屋敷であることを理解したうえで購入する。二人は引っ越した晩から、相次ぐ怪奇現象に見舞われた。 その後、二人は、邸宅の前の持ち主であるビーチ中佐の孫娘ステラ・メレデスを晩餐に誘うが、事態は思いもよらない方向へと転がった。

キャスト[編集]

エキストラ(クレジットなし)

評価[編集]

映画監督のマーティン・スコセッシは、この映画をもっとも怖かった11のホラー映画のうちの一つに入れた[1]

脚注[編集]

  1. ^ Scorsese, Martin (2009年10月28日). “11 Scariest Horror Movies of All Time”. The Daily Beast. 2009年11月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]