星影のステラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

星影のステラ』(ほしかげのステラ、原題:Stella by Starlight)は、ビクター・ヤングが、1944年の映画『呪いの家』(配給:パラマウント映画)のために作曲したジャズ・スタンダードである。原曲は歌詞のないインストゥルメンタルであるが、1946年にネッド・ワシントンが歌詞をつけた。詞には題名である“Stella by Starlight”が歌い込まれているが、曲の最初や最後ではなく、全体の4分の3あたりという奇妙な位置に入っている。

カバーなど[編集]

『星影のステラ』は、もっとも有名なジャズ・スタンダードナンバーの一つであり、jazzstandards.comでは10位にランクインしている。1947年5月にハリー・ジェームズとその楽団が演奏した際、このバージョンはポップ・チャートで21位を記録した。2ヵ月後、フランク・シナトラ&アクセル・ストーダル楽団が演奏したバージョンも21を記録した。1952年1月、チャーリー・パーカーがアルト・サックスを用いて収録を行った。その後もスタン・ゲッツが1952年12月にテナー・サックス・バージョンを演奏した。バド・パウエルがピアノ版を発表しただけでなく、スタン・ケントンがトロンボーン奏者であるジョージ・ロバーツを迎えたビッグバンドでカバーした。インストゥルメンタル版は、マイルス・デイヴィスが『1958マイルス』でカバーしたほか、アール・グラントデクスター・ゴードンといったアーティストもカバーした。また、歌詞のあるバージョンはビリー・エクスタインディック・ハイムズレイ・チャールズヘレン・レディトニー・ベネットエラ・フィッツジェラルドなどがカバーした。

「呪いの家」での使用[編集]

この楽曲が『呪いの家』で用いられた際、演奏したのはヴィクター・ヤング楽団だった。この楽曲は本編中の重要な場面、メインキャラクターのロッド(レイ・ミランド)がステラ(ゲイル・ラッセル)にセレナーデを演奏している場面で用いられている。

他作品での使用[編集]

外部リンク[編集]