ヴィクター・ヤング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィクター・ヤング
Victor Young
基本情報
出生 1899年8月8日
死没 1956年11月10日(満57歳没)
職業 作曲家指揮者、編曲家、ヴァイオリン奏者

ヴィクター・ヤングVictor Young, 1899年8月8日 - 1956年11月10日)は、アメリカ合衆国作曲家指揮者、編曲家、ヴァイオリン奏者。代表曲としてジャズのスタンダードとなった「Stella by Starlight」がある。

略歴[編集]

イリノイ州シカゴ出身のユダヤ系。最初コンサートヴァイオリニストとして出発したが、テッド・フィオリト楽団に参加したことで、ポピュラー音楽の分野に移った。多くの軽音楽を作り、ビング・クロスビーなどの歌手に曲を提供した。1930年代中頃より映画音楽に専念するために、ハリウッドに移った。

彼はアカデミー賞に22回ノミネートされたが、生前に受賞することはできず、死後に『八十日間世界一周』(1956年)でアカデミー作曲賞を受賞した。『ゴールデン・ボーイ』(1939年)、『誰が為に鐘は鳴る』(1943年)、『ラブレター』(1945年)、『サムソンとデリラ』(1949年)、『愚かなり我が心』(1949年)、『血闘』(1952年)、『静かなる男』(1952年)、『戰う雷鳥師団』(1952年)、『シェーン』(1953年)などがある。最後の作品はヤングの死後、1957年パラマウント映画から公開されたコーネル・ワイルド主演の『勇者カイヤム』であった。

カリフォルニア州パームスプリングス脳出血のため57歳で死去。

受賞歴[編集]

アカデミー賞[編集]

受賞
1957年 アカデミー劇・喜劇映画音楽賞:『80日間世界一周
ノミネート
1939年 アカデミーオリジナル音楽賞:『Army Girl』、『氷上リズム
1940年 アカデミー作曲賞:『ゴールデン・ボーイ』、『ガリヴァー旅行記』、『Man of Conquest
1940年 アカデミー音楽賞:『Way Down South
1941年 アカデミー作曲賞:『アリゾナ』、『暗黒の命令』、『北西騎馬警官隊
1941年 アカデミー音楽賞:『囁きの木陰
1942年 アカデミードラマ音楽賞:『Hold Back the Dawn
1943年 アカデミードラマ音楽賞:『フライング・タイガー』、『賭博の女王』、『Take a Letter, Darling
1944年 アカデミードラマ音楽賞:『誰が為に鐘は鳴る
1946年 アカデミードラマ・コメディ音楽賞、アカデミー歌曲賞(Love Letters) ※作曲:『ラヴレター
1949年 アカデミーミュージカル音楽賞:『皇帝円舞曲
1950年 アカデミー歌曲賞(My Foolish Heart) ※作曲:『愚かなり我が心
1951年 アカデミードラマ・コメディ音楽賞:『サムソンとデリラ
1957年 アカデミー歌曲賞(Written on the Wind) ※作曲:『風と共に散る

ゴールデングローブ賞[編集]

受賞
1952年 作曲賞:『旅愁
ノミネート
1953年 作曲賞:『静かなる男

文献[編集]

  • Young, Victor. Cinema Rhapsodies: The Musical Genius of Victor Young Ontario: (Hit Parade Records, 2006).