カール・マルデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール・マルデン
Karl Malden
Karl Malden
私は告白する』予告編より
本名 Mladen George Sekulovich
生年月日 1912年3月22日
没年月日 2009年7月1日(満97歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス
民族 セルビア系およびチェコ系[1]
身長 184 cm
職業 俳優
ジャンル 映画・テレビ
活動期間 1936年 - 2000年
配偶者 モナ・グリーンバーグ(1938年 - 2009年)※死別
公式サイト http://www.karlmalden.com/
主な作品
欲望という名の電車

カール・マルデンKarl Malden, 1912年3月22日 - 2009年7月1日)は、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ出身の俳優アカデミー賞受賞歴1回。1938年から71年間続いた結婚生活はハリウッドの歴史で3番目に長い[1]

略歴[編集]

イリノイ州シカゴで生まれる。父親はセルビア系、母親はチェコ系[1]。5歳の時にシカゴのセルビア人居留地から家族でインディアナ州ゲーリーに移り、そこで育つ[2]。幼稚園に入るまで英語は全く話せなかった[1]

1931年にゲーリーのエマーソン高校を優秀な成績で卒業し、地元のUSスチール製鉄所で1934年まで3年間働いた後、アーカンソー州立教育大学(Arkansas State Teachers College、現在のアーカンソー中央大学)に短期間在籍、その後、シカゴのグッドマン劇場英語版の演劇学校に通う。3年後にニューヨークに渡り、1937年に舞台デビューすると、エリア・カザンの目に留まり、後にアーサー・ミラーの『みんな我が子』やテネシー・ウィリアムズの『欲望という名の電車』に出演することになる[1]

1940年に映画デビュー、1951年には映画『欲望という名の電車』で原作舞台劇で演じた役と同じ役を演じ、第24回アカデミー賞助演男優賞を受賞する。その後は映画を中心に活動するが、1970年代以降、活動の中心はテレビドラマになる。

1968年から1989年までアメリカン・エキスプレスのCMキャラクターを務める[1]

1989年から1992年まで映画芸術科学アカデミー(アカデミー協会)の会長を務め、2003年には第75回アカデミー賞授賞式に過去の受賞者として出席する。

2009年に老衰のため死去[2]

出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1947 影なき殺人
Boomerang!
ホワイト
死の接吻
Kiss of Death
ウィリアム
1950 拳銃王
The Gunfighter
マック
歩道の終わる所
Where the Sidewalk Ends
トーマス
地獄の戦場
Halls of Montezuma
ドク
1951 欲望という名の電車
A Streetcar Named Desire
ミッチ アカデミー助演男優賞 受賞
1952 国務省の密使
Diplomatic Courier
語らざる男
Operation Secret
ルビイ
Ruby Gentry
ジム
1953 私は告白する
I Confess
ラルー警視
あの高地を取れ
Take the High Ground!
1954 謎のモルグ街
Phantom of the Rue Morgue
波止場
On the Waterfront
バリー
1956 ベビイ・ドール
Baby Doll
アーチー
1957 栄光の旅路
Fear Strikes Out
ジョン
祖国への反逆!第5捕虜収容所
Time Limit
囚人 監督・出演
B52爆撃隊
Bombers B-52
チャック・V・ブレナン
1959 縛り首の木
The Hanging Tree
フレンチー
1960 ポリアンナ
Pollyanna
ポール・フォード
片目のジャック
One-Eyed Jacks
デヴリン神父
1961 二十歳の火遊び
Parrish
ジャド・ライケ
1962 終身犯
Birdman of Alcatraz
ハーヴェイ・シューメイカー
ジプシー
Gypsy
ハービー・ソマーズ
西部開拓史
How the West Was Won
ゼブロン・プレスコット
1963 翼のリズム
Come Fly with Me
ウォルター・ルーカス
1964 誰が私を殺したか?
Dead Ringer
ジム・ホブソン
シャイアン
Cheyenne Autumn
1965 シンシナティ・キッド
The Cincinnati Kid
シューター
1966 ネバダ・スミス
Nevada Smith
トム・フィッチ
サイレンサー/殺人部隊
Murderers' Row
ジュリアン・ウォール
ホテル
Hotel
黄金作戦・追いつ追われつ
The Adventures of Bullwhip Griffin
ヒギンズ判事
1968 血と怒りの河
Blue
ドク・モートン
1970 パットン大戦車軍団
Patton
オマー・N・ブラッドリー大将
1971 夕陽の挽歌
Wild Rovers
ウォルター・バックマン
わたしは目撃者
Il gatto a nove code
フランコ・アルノ
1972 サマータイム・キラー
Un verano para matar
ジョン
サンフランシスコ捜査線
The Streets of San Francisco
マイク・ストーン テレビシリーズ、120エピソードに出演
1979 ポセイドン・アドベンチャー2
Beyond the Poseidon Adventure
ウィルバー・ハバード
メテオ
Meteor
ハリー・シャーウッド
1981 新聞記者の信疑
Word of Honor
マイク・マクニール テレビ映画
ミラクル・オン・アイス
Miracle on Ice
ハーブ・ブルックス テレビ映画
1982 トワイライト・タイム
Twilight Time
マルコ
1983 スティング2
The Sting II
ガス
1984 疑惑
Fatal Vision
フレディ テレビ映画
1985 不思議の国のアリス
Alice in Wonderland
テレビ映画
1987 ナッツ
Nuts
アーサー
1988 アナザー・ベトナム/父と子の追想
My Father, My Son
エルモ テレビ映画
1993 集団誘拐!消えたスクールバス
They've Taken Our Children: The Chowchilla Kidnapping
エド テレビ映画
2000 ザ・ホワイトハウス
The West Wing
トーマス・カバナー司教 テレビシリーズ、エピソードTake This Sabbath Day

受賞歴[編集]

アカデミー賞[編集]

受賞
1952年 アカデミー助演男優賞:『欲望という名の電車
ノミネート
1955年 アカデミー助演男優賞:『波止場

ゴールデングローブ賞[編集]

ノミネート
1957年 助演男優賞:『ベビイ・ドール
1963年 助演男優賞:『ジプシー
1976年 男優賞 (ドラマ部門):『The Streets of San Francisco

参照[編集]

  1. ^ a b c d e f Karl Malden - Biography” (英語). IMDb. 2013年4月16日閲覧。
  2. ^ a b McLellan, Dennis (2009年7月1日). “Oscar-winning actor Karl Malden dies at 97”. Los Angeles Times. http://www.latimes.com/news/obituaries/la-me-karl-malden2-2009jul02,0,5658128.story 2009年7月1日閲覧。 

外部リンク[編集]