ジョージ・C・スコット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョージ・C・スコット
George C. Scott
ジョージ・C・スコットGeorge C. Scott
生活の設計』の公開記念イベントにて
本名 George Campbell Scott
生年月日 1927年10月18日
没年月日 1999年9月22日(満71歳没)
出生地 バージニア州
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優

ジョージ・キャンベル・スコット(George Campbell Scott, 1927年10月18日 - 1999年9月22日)はアメリカ合衆国バージニア州出身の俳優

来歴[編集]

1945年から1948年まで海兵隊に参加。その後、ミズーリ大学でジャーナリズムを学ぶが、演劇に興味を持つようになり、1年で大学を去る。ブロードウェイの舞台に出演するようになり、『The Andersonville Trial』などで高い評価を得る。1959年に映画デビューし、同年ジェームズ・スチュワートと共演した『或る殺人』でアカデミー助演男優賞にノミネートされた。1961年にも『ハスラー』で助演男優賞にノミネートされたが、この時は即座にノミネートを辞退した[1]

1970年には『パットン大戦車軍団』でアカデミー主演男優賞を受賞したが、これを辞退した[2]。栄えあるアカデミー賞の受賞辞退という前代未聞の行動が話題になった。この時、スコットは主催者へ丁重に辞退を申し入れたが、別の所では「あんなのは皆、下らないお祭り騒ぎさ。関わるのはご免だね。」と語っていた[1]1971年の『ホスピタル』でも主演男優賞にノミネートされたが、これも辞退した。主演男優賞の受賞を辞退した例としては他にマーロン・ブランドがいるが、スコットの場合はついに最後まで1度も壇上に現れることはなかった。

1980年代初頭までは、リベラルで、時に重厚かつ正統派の演技者として厳格な存在感を示していた。しかし、1984年の『クリスマス・キャロル』以降は性格俳優として不気味な悪役や、ホラー映画でのヒーローなど別の一面を披露。同時に大型テレビシリーズ『ムッソリーニ』では、20世紀初頭のイタリアを統率したムッソリーニを演じ、いぶし銀の魅力に箔をかけていた。また『ジェネシスを追え』ではブランドと共演し、演技合戦に火花を散らせたことで話題になる。1990年代も主に大作映画では脇役で存在感を示し、B級作品での主演などでも第一線であった。晩年は、テレビドラマでの活躍が主だった。

博士の異常な愛情』のタージドソン将軍役について、スタンリー・キューブリック監督はアドリブで強い印象を残したピーター・セラーズと対比して「同じ演技を何度でも繰り返せる俳優」とコメントしている。

私生活[編集]

生涯で5度結婚しており、2度結婚した女優のコリーン・デューハーストとの間の息子キャンベル・スコットは俳優になった。

晩年、最後に連れ添ったトリッシュ・ヴァン・ディヴァーとは幾度か共演作を残している。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1959 縛り首の木
The Hanging Tree
ジョージ
或る殺人
Anatomy of a Murder
クロード・ダンサー アカデミー賞助演男優賞ノミネート
1961 ハスラー
The Hustler
バート・ゴードン アカデミー賞助演男優賞ノミネート
1964 博士の異常な愛情
Dr. Strangelove or: How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb
バック・タージドソン将軍
黄色いロールス・ロイス
The Yellow Rolls-Royce
パオロ
1966 天地創造
The Bible: In the Beginning...
アブラハム
おれの女に手を出すな
Not with My Wife, You Don't!
タンク・マーティン
1967 恋とペテンと青空と
The Flim-Flam Man
モルデカイ
1968 華やかな情事
Petulia
アーチー
1970 パットン大戦車軍団
Patton
ジョージ・S・パットン大将 アカデミー賞主演男優賞受賞
ジェーン・エア
Jane Eyre
エドワード・ロチェスター テレビ映画
1971 ラスト・ラン/殺しの一匹狼
The Last Run
ハリー・ガームス
ホスピタル
The Hospital
ハーバート・ボック アカデミー賞主演男優賞ノミネート
1972 センチュリアン
The New Centurions
Kilvinski
激怒
Rage
ドン・ローガン 監督・主演
1973 オクラホマ巨人
Oklahoma Crude
ノーブル・メイソン
イルカの日
The Day of the Dolphin
ジェイク・テレル
1974 悪の天才たち・銀行略奪大作戦
Bank Shot
ウォルター・アップジョン・バレンティン
ロンリー・アイランド
The Savage Is Loose
ジョン 監督・主演
1975 ヒンデンブルグ
The Hindenburg
フランツ・リッター大佐
1976 美女と野獣
Beauty and the Beast
野獣 テレビ映画
1977 海流の中の島々
Islands in the Stream
トーマス・ハドソン
王子と乞食
Crossed Swords
Ruffler
1978 ブルックリン物語
Movie Movie
Gloves Malloy/Spats Baxter
1979 ハードコアの夜
Hardcore
ジャック・ヴァンドーン
1980 チェンジリング
The Changeling
ジョン・ラッセル
ジェネシスを追え
The Formula
バーニー・ケイン
1981 タップス
Taps
ハーラン・ベイシュ将軍
1982 オリバー・ツイスト
Oliver Twist
ファギン テレビ映画
1983 チャイナ・ローズ
China Rose
バートン・アレン テレビ映画
1984 炎の少女チャーリー
Firestarter
ジョン・レインバード
クリスマス・キャロル
A Christmas Carol
スクルージ テレビ映画
1985 ムッソリーニ
Mussolini: The Untold Story
ベニート・ムッソリーニ テレビ・ミニシリーズ
1986 パットン将軍 最後の日々
The Last Days of Patton
ジョージ・S・パットン大将 テレビ映画
モルグ街の殺人
The Murders in the Rue Morgue
C・オーギュスト・デュパン
1990 エクソシスト3
The Exorcist III
キンダーマン
引き裂かれた天使
Descending Angel
フロリアン・ストロイア テレビ映画
1993 カリブの渇いた銃弾
Curacao
コーネリウス・ウェッターリング テレビ映画
冷たい月を抱く女
Malice
マーティン・ケスラー
1995 どんな時も
Angus
イヴァンおじいさん
1996 ザ・タイタニック/運命の航海
Titanic
エドワード・J・スミス テレビ映画
1997 ファミリー・レスキュー
Country Justice
クレイトン・ヘイズ テレビ映画
12人の怒れる男/評決の行方
12 Angry Men
陪審員3 テレビ映画
1999 グロリア
Gloria
ルビー
ロッキー・マルシアーノ/伝説のチャンプ
Rocky Marciano
Pierino Marchegiano テレビ映画
風の行方
Inherit the Wind
マシュー・ハリソン・ブラディ テレビ映画

脚注[編集]

  1. ^ a b Show Business: Meat Parade” (英語). TIME (1971年5月8日). 2010年5月24日閲覧。
  2. ^ “Actor George C. Scott Dead at 71”. The Washington Post. Associated Press. (1999年9月23日). http://www.washingtonpost.com/wp-srv/aponline/19990923/aponline075119_000.htm 2011年12月23日閲覧。 

外部リンク[編集]