マイケル・ダグラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイケル・ダグラス
Michael Douglas
Michael Douglas
2012年 トライベッカ映画祭にて
本名 Michael Kirk Douglas
生年月日 1944年9月25日(69歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニュージャージー州
職業 俳優
配偶者 Diandra Luker(1977 - 2000)
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ(2000 - )
家族 息子:キャメロン・ダグラス
父:カーク・ダグラス
母:ダイアナ・ダグラス
弟:ジョエル・ダグラス
異母弟:エリック・ダグラス
異母弟:ピーター・ダグラス
主な作品
危険な情事
ウォール街
氷の微笑
恋するリベラーチェ

マイケル・ダグラスMichael Douglas、本名: Michael Kirk Douglas、1944年9月25日 - )はアメリカ合衆国俳優プロデューサー。俳優のカーク・ダグラスの息子である。

来歴[編集]

ニュージャージー州出身。父方の祖父母はベラルーシ(当時はロシア帝国)からの移民でユダヤ系[1]。母親はバミューダ諸島出身の女優Diana Dill。カリフォルニア大学サンタバーバラ校で学ぶ傍ら演劇の訓練も受け、助監督として映画界に入ったが、俳優に転向。1972年から放映されたテレビシリーズ『サンフランシスコ捜査線』で評価されるようになる。1975年には『カッコーの巣の上で』でプロデューサーを務め、作品賞を受賞した。1987年、『ウォール街』でアカデミー主演男優賞を受賞。2004年のゴールデングローブ賞では、功労賞であるセシル・B・デミル賞を受賞するが、この賞は父カーク・ダグラスも受賞しており、史上初の親子2代での受賞となった[2]

ミソジニー的な傾向があると指摘されている『危険な情事』、『ローズ家の戦争』、『氷の微笑』、『ディスクロージャー』等に主演しており、女性に翻弄される中高年男性を演じる役柄が多い。

俳優以外では政治活動、特に反原発活動家として知られている。原子力事故を描いた映画『チャイナ・シンドローム』を製作、出演した。また、国連平和大使にも任命されている[3]2008年アメリカ合衆国大統領選挙の前年には、ヒラリー・クリントン支持を表明していた[4]

2014年1月14日、ユニセフは彼の長年の核兵器廃絶運動への取り組みを評価して、「ダニー・ケイ人道平和賞」を贈呈した[5]

私生活[編集]

1977年に結婚し息子キャメロン(俳優)[6]をもうけるが後に離婚。2000年に『トラフィック』で共演したキャサリン・ゼタ=ジョーンズと結婚[7][8]して1男1女の2人の子供がいる[9][10][11]

2009年8月、過去にもドラッグ購入やコカイン所持で逮捕歴のあった息子キャメロンが、メタンフェタミンを販売目的で所持していた容疑で逮捕された[12][13]。これについてマイケルは、「非常に動揺している」、「非常に残念だ」などとコメントした[14][15]

2010年8月、ステージ4の末期の喉頭癌を患っていることを公表[16]抗癌剤治療と放射線治療を受けていたが、2011年1月16日の第68回ゴールデングローブ賞授賞式に夫婦揃って久しぶりに公の場に姿を現した。その際に受けたインタビューにて咽頭癌を克服した旨を明らかにした(但し、月1回の検査は引き続き受けているとのこと)。

作品[編集]

出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1969 マイケル・ダグラス/ヒーロー
Hail, Hero!
カール・ディクソン
1970 マイケル・ダグラス/アダム
Adam at Six A.M.
アダム
1972 ジョディ・フォスターのライオン物語
Napoleon and Samantha
ダニー
1977 コーマ
COMA
マーク・ベローズ
1979 ランニング
Running
マイケル・アンドロポリス
チャイナ・シンドローム
The China Syndrome
リチャード・アダムス 兼製作
1983 密殺集団
The Star Chamber
スティーヴン・R・ハーディン判事
1984 ロマンシング・ストーン 秘宝の谷
Romancing the Stone
ジャック・コルトン 兼製作
1985 コーラスライン
A Chorus Line
ザック
ナイルの宝石
The Jewel of the Nile
ジャック・コルトン 兼製作
1987 危険な情事
Fatal Attraction
ダン・ギャラガー
ウォール街
Wall Street
ゴードン・ゲッコー アカデミー主演男優賞 受賞
ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ドラマ部門) 受賞
1989 ローズ家の戦争
The War of the Roses
オリヴァー・ローズ
ブラック・レイン
Black Rain
ニック・コンクリン
1992 氷の微笑
Basic Instinct
ニック・カラン刑事
嵐の中で輝いて
Shining Through
エド
1993 フォーリング・ダウン
Falling Down
ウィリアム・フォスター
1994 ディスクロージャー
Disclosure
トム・サンダース
1995 アメリカン・プレジデント
The American President
アンドリュー・シェパード大統領
1996 ゴースト&ダークネス
The Ghost and the Darkness
チャールズ・レミントン 兼・製作総指揮
1997 ゲーム
The Game
ニコラス・ヴァン・オートン
1998 ダイヤルM
A Perfect Murder
スティーヴン・タイラー
2000 ワンダー・ボーイズ
Wonder Boys
グレイディ・トリップ
トラフィック
Traffic
ロバート・ウェイクフィールド
2001 ジュエルに気をつけろ!
One Night at McCool's
バーマイスター 兼製作
サウンド・オブ・サイレンス
Don't Say a Word
ネイサン・コンラッド医師
2003 セイブ・ザ・ワールド
The In-Laws
スティーヴ・トバイアス
グロムバーグ家の人々
It Runs in the Family
アレックス・グロムバーグ 兼製作
2004 マイ・シネマトグラファー
Tell Them Who You Are
本人 ドキュメンタリー
2006 トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合
You, Me and Dupree
トンプソン
ザ・センチネル/陰謀の星条旗
The Sentinel
ピート・ギャリソン 兼製作
2007 カリフォルニア・トレジャー
King of California
チャーリー
2009 ゴースト・オブ・ガールフレンズ・パスト
Ghosts of Girlfriends Past
ウェイン
ダウト 〜偽りの代償〜
Beyond a Reasonable Doubt
マーク・ハンター
ソリタリー・マン
Solitary Man
ベン・カルメン
2010 ウォール・ストリート
Wall Street: Money Never Sleeps
ゴードン・ゲッコー
2012 エージェント・マロリー
Haywire
オリヴァー
2013 恋するリベラーチェ
Behind the Candelabra
リベラーチェ 第2回テレビ批評家協会賞主演男優賞(テレビ映画・ミニシリーズ部門)受賞
ラスト・ベガス
Last Vegas
ビリー・ゲルソン

製作[編集]

公開年 邦題
原題
担当 備考
1975 カッコーの巣の上で
One Flew Over the Cuckoo's Nest
製作 アカデミー作品賞受賞
1984 スターマン/愛・宇宙はるかに
Starman
製作総指揮
1990 myベスト・フレンズ
Eyes of an Angel
製作
1991 フラットライナーズ
Flatliners
製作
1992 ラジオ・フライヤー
Radio Flyer
製作総指揮
1993 メイド・イン・アメリカ
Made in America
製作
1997 フェイス/オフ
Face/Off
製作総指揮
レインメーカー
The Rainmaker
製作

日本語吹替[編集]

日本語吹き替え版では、小川真司がほぼ専属で担当している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Tugend, Tom (2006年12月12日). “Lucky number 90”. The Jerusalem Post. http://fr.jpost.com/servlet/Satellite?cid=1164881875567&pagename=JPost/JPArticle/ShowFull 2006年12月12日閲覧。 
  2. ^ “M・ダグラス、功労賞を受賞”. シネマトゥデイ. (2003年11月20日). http://www.cinematoday.jp/page/N0004110 2009年8月20日閲覧。 
  3. ^ “ジョージ・クルーニーさん国連平和大使に、ダルフール紛争取り組みで”. AFPBB News. (2008年1月19日). http://www.afpbb.com/article/entertainment/news-entertainment/2338241/2535285 2009年8月20日閲覧。 
  4. ^ “マイケル・ダグラス、クリントン上院議員を支持”. AFPBB News. (2007年8月31日). http://www.afpbb.com/article/entertainment/news-entertainment/2274685/2060292 2009年8月20日閲覧。 
  5. ^ 国連平和大使のM・ダグラス、ユニセフが人道平和賞を授与”. 2014年1月18日閲覧。
  6. ^ Cameron Douglas - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  7. ^ “マイケル・ダグラス夫妻、ついに挙式”. シネマトゥデイ. (2000年11月15日). http://www.cinematoday.jp/page/N0000082 2009年8月20日閲覧。 
  8. ^ “Cheesy chat up line that snagged Catherine Zeta-Jones”. The Sydney Morning Herald. (2007年7月12日). http://www.smh.com.au/news/people/how-cheesy-can-you-get/2007/07/12/1183833634622.html 
  9. ^ “キャサリン・ゼタ・ジョーンズ出産”. シネマトゥデイ. (2000年8月10日). http://www.cinematoday.jp/page/N0000007 2009年8月20日閲覧。 
  10. ^ “C・ゼタ=ジョーンズ、2人目は女の子”. シネマトゥデイ. (2003年4月23日). http://www.cinematoday.jp/page/N0003259 2009年8月20日閲覧。 
  11. ^ “Carys — a name rooted in love”. BBC News. (2003年4月22日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/film/2966821.stm 2006年9月25日閲覧。 
  12. ^ “M・ダグラスの息子、「大量」の覚せい剤所持で逮捕”. asahi.com. (2009年8月4日). http://www.asahi.com/showbiz/enews/RTR200908040082.html 2009年8月20日閲覧。 
  13. ^ “マイケル・ダグラスの息子、麻薬強制捜査で逮捕”. シネマトゥデイ. (2009年8月5日). http://www.cinematoday.jp/page/N0019108 2009年8月20日閲覧。 
  14. ^ “M・ダグラス、息子の逮捕に「非常に動揺している」”. asahi.com. (2009年8月13日). http://www.asahi.com/showbiz/enews/RTR200908130051.html 2009年8月20日閲覧。 
  15. ^ “マイケル・ダグラス、息子の逮捕に「残念」”. シネマトゥデイ. (2009年8月17日). http://www.cinematoday.jp/page/N0019224 2009年8月20日閲覧。 
  16. ^ “Michael Douglas to Undergo Throat Cancer Treatment”. ABC News. http://abcnews.go.com/Entertainment/michael-douglas-undergo-throat-cancer-treatment/story?id=11413860&page=2 2010年8月16日閲覧。 

外部リンク[編集]