チェンジリング (1980年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チェンジリング
The Changeling
監督 ピーター・メダック
脚本 ウィリアム・グレイ
ダイアナ・マドックス
原作 ラッセル・ハンター
製作 ジョエル・B・マイケルズ
ガース・H・ドラビンスキー
出演者 ジョージ・C・スコット
トリッシュ・ヴァン・ディヴァー
メルヴィン・ダグラス
音楽 リック・ウィルキンス
撮影 ジョン・コキロン
編集 リラ・ピーターソン
配給 日本の旗 ジョイパックフィルム
公開 カナダの旗 1980年3月28日
日本の旗 1980年8月23日
上映時間 115分(102分PAL)
製作国 カナダの旗 カナダ
言語 英語
製作費 $7,600,000
テンプレートを表示

チェンジリング』 (The Changeling) は、1980年のカナダ映画。ピーター・メダック監督。取り替え子をテーマにポルターガイスト現象を描いた ホラー映画である。

概要[編集]

妻子に先立たれた男の心理を観客に追わせながら、当時盛んだった特殊メーキャップや大量の流血などを演出に使用しないで、唐突な関連小道具の出現や音響効果を使って恐怖を作り出した。

ストーリー[編集]

交通事故で妻子を一度に失った作曲家のジョン・ラッセルは、妻子と暮らしたニューヨークを離れシアトルの大学へ音楽を教えにいく。シアトルでは友人を通して紹介された歴史保存協会に勤めているクレアから、カーマイケル財団が所有するチェスマン・ハウスと呼ばれる古い屋敷を借りて住むことにした。ラッセルがその屋敷に移り住むと夜な夜な何かを叩く轟音が発生したのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ジョン・ラッセル ジョージ・C・スコット 久米明
クレア・ノーマン トリッシュ・ヴァン・ディヴァー 田島令子
ジョセフ・カーマイケル メルヴィン・ダグラス 千葉耕市
ペンバートン教授 バリー・モース

日本公開[編集]

ヒカシューの『パイク』がイメージ曲として日本での配給会社により本来のエンディング曲と差し替えられて上映された。テレビ放送時、日本語音声は本来のエンディング曲で副音声の英語には『パイク』が流れるという逆転現象が生じた。

外部リンク[編集]