コリーン・デューハースト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コリーン・デューハースト
Colleen Dewhurst
生年月日 1926年3月6日
没年月日 1991年8月22日(満65歳没)
出生地 モントリオール
死没地 ニューヨーク州
国籍 カナダの旗 カナダ
配偶者 James Vickery (1947 - 1960)
ジョージ・C・スコット(1960年 - 1965年、1967年 - 1972年)

コリーン・デューハースト(Colleen Dewhurst, 1926年3月6日 - 1991年8月22日)はカナダモントリオール出身の俳優。

略歴[編集]

元フットボール選手の父親と、秘書をしていた母親の間に生まれる。 American Academy of Dramatic ArtsとJoseph Anthony and Harold Clurmanで演技を学び、1952年にブロードウェイの舞台『楡の木陰の欲望』で俳優デビュー。舞台では2度トニー賞、TVでは『TVキャスター マーフィー・ブラウン』の母親役で二度エミー賞を受賞している。

映画では『11人のカウボーイ』『マックQ』『アニー・ホール』『夕暮れにベルがなる』『デッドゾーン』などに出演しているが、一般的には『赤毛のアン』のマリラ役の方が馴染みがある。

三度の結婚と離婚経験があり、その内の2度の相手は俳優ジョージ・C・スコット。彼との間に生まれた息子キャンベル・スコットはその後俳優になった。

1991年8月22日に死去。

出演作品[編集]

外部リンク[編集]