レオナルド・ディカプリオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レオナルド・ディカプリオ
Leonardo DiCaprio
Leonardo DiCaprio
第60回ベルリン国際映画祭にて
本名 Leonardo Wilhelm DiCaprio
生年月日 1974年11月11日(39歳)
出生地 カリフォルニア州ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優
映画プロデューサー
脚本家
環境保護活動
ジャンル 映画
活動期間 1988年 -
活動内容 1988年:デビュー
1991年:映画初出演
2004年:初の映画プロデュース
主な作品
ギルバート・グレイプ
ロミオ+ジュリエット
タイタニック
ギャング・オブ・ニューヨーク
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
アビエイター
ディパーテッド
ブラッド・ダイヤモンド
シャッター アイランド
インセプション

レオナルド・ウィルヘルム・ディカプリオ: Leonardo Wilhelm DiCaprio, 1974年11月11日 - )は、アメリカ合衆国俳優映画プロデューサー脚本家

生い立ち[編集]

カリフォルニア州ロサンゼルスにて、父ジョージ・ディカプリオと母イルメリン・インデンバーケンとの間に生を受ける。父はイタリア系およびドイツ[1][2] の元ヒッピーで、アンダーグラウンド・コミックスを描いて生計を立てていた。母は1950年代にドイツルール地方からアメリカに移住してきた女性で[3]、母方の祖母エレーナ・スミルノワはロシアからドイツへ移民してきた人物であった[4] 。レオナルドの名は、母が妊娠中にイタリア美術館レオナルド・ダ・ヴィンチの絵画を鑑賞している最中に胎児が強い反応を示した(腹部を蹴った)ことに由来する。姓のディカプリオは『カプリ島の』の意。 生後間も無く両親は別居。レオナルドは母に引き取られたが、頻繁に父とも顔を合わせていた。幼少時はベースボールカード漫画の収集、さらに父と美術館に足を運ぶことが趣味であった。また、母の実家があるドイツを度々訪れ、そこで祖父母と時間を過ごすことが多かったため、堪能なドイツ語を身に付けた。

キャリア[編集]

父の再婚相手の息子(レオナルドの義兄)がテレビコマーシャルで多くの収入を得ていたことに感化され、俳優になることを志す。10歳頃からオーディションを受け始めたが幾度と無く不合格となり、挙句の果てには、本名の響きはエキゾチックであるとして「レニー・ウィリアムス」への改名を打診されるなど不遇の時期が続いた。

14歳で初めてテレビコマーシャルへの出演を果たすと、テレビドラマにも出演を重ねるようになり、1993年に出演した『ギルバート・グレイプ』で19歳にしてアカデミー助演男優賞にノミネート。その後も立て続けに映画への出演を重ね、『ロミオ+ジュリエット』ではベルリン国際映画祭銀熊賞 (男優賞)を受賞した。

ディカプリオを一躍スターに押し上げたのは、1997年公開の『タイタニック』である。数多くの興行収入記録を塗り替えたこの作品での、悲劇的にして純粋な役柄が生来の端整な顔立ちと相俟ってその名声と知名度が世界規模に飛び火した。日本では各種メディアがディカプリオをレオ様と表現し、文化系と呼ばれる層を中心に厚い人気を持った。

世界でも「レオマニア」と呼ばれる熱狂的ファンが生まれ、1990年代後半を象徴するセックス・シンボルとなった。さらにこの頃サービスが開始されたインターネットにおいても、世界で最もその名が検索された人物となった。

2001年、映画制作会社「アッピアン・ウェイ(アッピア街道の意)」を設立。翌2002年にはマーティン・スコセッシの監督作品『ギャング・オブ・ニューヨーク』に主演。アカデミー主演男優賞のノミネートを共演のダニエル・デイ=ルイスにさらわれる不運に見舞われたが、長年苦しんできたイメージの払拭に成功し、観客・評論家双方の高い評価を得ることに成功した。また同年秋に公開された『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』は各国でヒットした。

2004年、アッピアン・ウェイで初めて製作を担当した『アビエイター』でスコセッシと再度コンビを組んだディカプリオは実在したアメリカの大富豪、ハワード・ヒューズを演じゴールデングローブ賞 ドラマ部門主演男優賞を受賞。アカデミー主演男優賞受賞の期待も高まったが、同じく実在の人物、レイ・チャールズを演じた『Ray/レイ』のジェイミー・フォックスの前に涙を呑んだ。

2006年には『ディパーテッド』、『ブラッド・ダイヤモンド』と2作品に出演。前者はアカデミー作品賞を受賞し後者では自身がアカデミー主演男優賞にノミネートされた。

2013年、ドイツのビルト紙上において俳優休業宣言をした[5]

人物像[編集]

俳優以外の活動に広く知られているのがエコロジー関連の活動である。自身監修のエコサイトの開設や、レクサス・LSトヨタ・プリウス[6]等のハイブリッドカーを複数台所有ならびに宣伝[7](一方で高級車として名高いブガッティ・ヴェイロンも所有)している。アカデミー賞授賞式にプリウスを自ら運転して登場し話題になった。 2014年からは、電気自動車の普及促進を目的として、ベンチュリーと共同で、ベンチュリーグランプリ・フォーミュラEチームを率いて、FIA フォーミュラE選手権に参戦する[8]。 さらに環境問題を題材にしたドキュメンタリー映画ナレーションを務めている。ベジタリアンとしても知られている。

これまでに出演映画の宣伝を主目的に9度来日している。

本田技研工業オリコカードスズキ自動車トヨタ自動車オリックス不動産といった日本企業のテレビコマーシャルに出演している。日本のTOTO製最新型ウォシュレットNeorest 500を購入した。

過去に交際した女性は、ジゼル・ブンチェン(ブラジル出身のモデル)、バー・ラファエリ(イスラエル出身のモデル)[9][10]ブレイク・ライヴリー(アメリカ出身の女優)[11]。2011年よりモデルのエリン・ヘザートンと交際している[12]

親友はトビー・マグワイアルーカス・ハース。過去にトビーと、近年はルーカスと世界を駆け回っている。『タイタニック』や『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』で共演したケイト・ウィンスレットとも親友で、よく食事に出かけている。

収入[編集]

2011年9月、経済誌『フォーブス』によるランキング「エンターテインメント界で最も稼いだ男性」では、2011年の5月までの1年間の収入が7,700万ドル(日本円で約58億5,200万円)とされ、8位にランクインした[13]

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1991 クリッター3
Critters 3
ジョシュ 日本未公開
1992 ボディヒート
Poison Ivy
ガイ
1993 ボーイズ・ライフ
The Boy's Life
トバイアス・“トビー”・ウルフ
ギルバート・グレイプ
What's Eating Gilbert Grape
アーニー・グレイプ アカデミー助演男優賞ノミネート
ゴールデングローブ賞 助演男優賞ノミネート
1995 百一夜
Les Cent et une nuits de Simon Cinéma
ハリウッド俳優 クレジット表記なし
クイック&デッド
The Quick and the Dead
フェー・ヘロド (“ザ・キッド”)
バスケットボール・ダイアリーズ
The Basketball Diaries
ジム・キャロル
太陽と月に背いて
Total Eclipse
アルチュール・ランボー
1996 ロミオ+ジュリエット
Romeo + Juliet
ロミオ ベルリン国際映画祭男優賞受賞
マイ・ルーム
Marvin's Room
ハンク
1997 タイタニック
Titanic
ジャック・ドーソン ゴールデングローブ賞 主演男優賞(ドラマ部門)ノミネート
1998 仮面の男
The Man in the Iron Mask
ルイ14世/フィリップ ゴールデンラズベリー賞ワースト・スクリーン・カップル賞受賞
セレブリティ
Celebrity
ブランドン・ダロー
2000 ザ・ビーチ
The Beach
リチャード
あのころ僕らは
Don's Plum
デレク
2002 ギャング・オブ・ニューヨーク
Gangs of New York
アムステルダム・ヴァロン
キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
Catch Me If You Can
フランク・W・アバグネイル
2004 アビエイター
The Aviator
ハワード・ヒューズ 製作総指揮
ゴールデングローブ賞 主演男優賞(ドラマ部門)受賞
アカデミー主演男優賞ノミネート
英国アカデミー賞 主演男優賞ノミネート
2006 ディパーテッド
The Departed
ビリー・コスティガン ゴールデングローブ賞 主演男優賞(ドラマ部門)ノミネート
英国アカデミー賞 主演男優賞ノミネート
ブラッド・ダイヤモンド
Blood Diamond
ダニー・アーチャー アカデミー主演男優賞ノミネート
ゴールデングローブ賞 主演男優賞(ドラマ部門)ノミネート
2007 The 11th Hour
The 11th Hour
ナレーション 製作
日本未公開
2008 ワールド・オブ・ライズ
Body Of Lies
ロジャー・フェリス
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで
Revolutionary Road
フランク・ウィーラー ゴールデングローブ賞 主演男優賞(ドラマ部門)ノミネート
2010 シャッター アイランド
Shutter Island
エドワード・“テディ”・ダニエルズ
インセプション
Inception
ドミニク・"ドム"・コブ
2011 J・エドガー
J. Edgar
ジョン・エドガー・フーヴァー
2012 ジャンゴ 繋がれざる者
Django Unchained
カルヴィン・キャンディ
2013 華麗なるギャツビー
The Great Gatsby
ジェイ・ギャツビー グレート・ギャツビー』の5度目の映画化
ウルフ・オブ・ウォールストリート
The Wolf of Wall Street
ジョーダン・ベルフォート 兼製作
ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門) 受賞
 ???? The Low Dweller
The Rise of Theodore Roosevelt セオドア・ルーズベルト
The Chancellor Manuscript ピーター・チャンクラー

テレビ[編集]

放送年 邦題
原題
役名 備考
1990 Parenthood ゲイリー・バックマン
The New Lassie 少年
Santa Barbara 少年時代のメイソン・カプウェル
1991 Roseanne ダーレンのクラスメート
1991 - 1992 愉快なシーバー家
Growing Pains
ルーク・ブラウワー

プロデュース[編集]

公開年 邦題
原題
備考
2004 リチャード・ニクソン暗殺を企てた男
The Assassination of Richard Nixon
製作総指揮
アビエイター
The Aviator
2007 The 11th Hour
The 11th Hour
製作
Gardener of Eden
2008 Greensburg
2009 エスター
Orphan
2011 赤ずきん
Red Riding Hood
スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜
The Ides of March
製作総指揮

脚注[編集]

  1. ^ LEONARDO DICAPRIO; Scumsville superstar; HIS PARENTS WERE HIPPIES, AND HE GREW UP IN THE POOREST PART OF TOWN.(Features) - The People (London, England) - HighBeam Research”. Highbeam.com (1998年4月19日). 2009年1月13日閲覧。
  2. ^ Poverty and family split spurred Leo to pounds 3m a film Titanic stardom; Gran tells of screen idol's battle”. The Mirror (London, England). Highbeam (1998年1月28日). 2009年1月13日閲覧。
  3. ^ Interview with Leonardo DiCaprio’s Oma
  4. ^ Interview with Leonardo DiCaprio’s Oma
  5. ^ “レオナルド・ディカプリオが長期休養へ?”. 映画.com. (2013年1月21日). http://eiga.com/news/20130121/7/ 2013年3月1日閲覧。 
  6. ^ Leonardo DiCaprio gets the keys to a $100,000 car — a hybrid – latimes.com. Latimesblogs.latimes.com (2011-08-18). Retrieved on 2012-03-08.
  7. ^ “ディカプリオ、電気自動車フィスカーとパートナーシップ”. シネマトゥデイ. (2012年7月8日). http://www.cinematoday.jp/page/N0043746 2013年3月1日閲覧。 
  8. ^ http://www.fiaformulae.com/teams/venturi
  9. ^ Leo and Bar. What's Going On?”. 2008年8月15日閲覧。
  10. ^ “ディカプリオ、5年来の恋人と破局!スーパーモデルのバー・ラファエリとこれで3度目の別れ”. シネマトゥデイ. (2011年5月12日). http://www.cinematoday.jp/page/N0032254 2013年3月1日閲覧。 
  11. ^ “レオナルド・ディカプリオ、恋人ブレイク・ライブリーと5か月で破局!”. シネマトゥデイ. (2011年10月5日). http://www.cinematoday.jp/page/N0035896 2013年3月1日閲覧。 
  12. ^ “レオナルド・ディカプリオ、新恋人のヴィクトリア・シークレットのモデルを母親に紹介”. シネマトゥデイ. (2012年1月6日). http://www.cinematoday.jp/page/N0038297 2013年3月1日閲覧。 
  13. ^ http://www.cinematoday.jp/page/N0035355

外部リンク[編集]