赤ずきん (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
赤ずきん
Red Riding Hood
監督 キャサリン・ハードウィック
脚本 デヴィッド・レスリー・ジョンソン
製作 レオナルド・ディカプリオ
ジェニファー・デイヴィソン・キローラン
アレックス・メイス
ジム・ロウ
ジュリー・ヨーン
製作総指揮 キャサリン・ハードウィック
マイケル・アイルランド
ジム・ロウ
音楽 ブライアン・レイツェル
撮影 マンディ・ウォーカー
編集 ナンシー・リチャードソン
ジュリア・ウォン
製作会社 アッピアン・ウェイ・プロダクションズ
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年3月11日
日本の旗 2011年6月10日
上映時間 100分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カナダの旗 カナダ
言語 英語
製作費 $42,000,000[1]
興行収入 $89,162,162[1]
テンプレートを表示

赤ずきん』(原題: Red Riding Hood)は、2011年のアメリカ合衆国の映画である。デヴィッド・レスリー・ジョンソンが童話『赤ずきん』を基にして脚本を書いたホラー映画である。監督はキャサリン・ハードウィックが務め、レオナルド・ディカプリオが率いるアッピアン・ウェイ・プロダクションズが製作した[2][3]

ストーリー[編集]

小さな村の美しい娘ヴァレリーは、木こりのピーターと愛し合っていたが、母親が鍛冶屋のヘンリーを婚約者に決めてしまう。そんな村に、久しぶりにオオカミが現れ、ヴァレリーの姉ルーシーが犠牲になる。オーガスト神父の反対をよそに、自警団が組織され、見事オオカミを退治するが、ヘンリーの父親が第2の犠牲者になってしまう。翌日、魔物ハンターとして知られるソロモン神父の一行が村に到着し、村人たちに意外な事実を知らせる。犯人はオオカミではなく、村人にまぎれて暮らしている人狼の仕業だというのだ。果たして、赤い月夜の晩、どこからともなく人狼が現れ、またまた犠牲者がでてしまう。人狼は誰なんだ! 村人たちが疑心暗鬼になる中、ヴァレリーは恋人ピーターや婚約者ヘンリーにも疑いの目を向けるようになる。

キャスト[編集]

ヴァレリー
演 - アマンダ・サイフリッド、日本語吹替え - 甲斐田裕子
村に住む美しい少女。「いい子」を演じている。
ソロモン神父
演 - ゲイリー・オールドマン、日本語吹替え - 辻親八
魔物ハンターとして知られ、狼を退治するために部下を連れて村にやって来る。
二人の娘を救うために人狼となった妻を殺した過去を持つ。
セザール
演 - ビリー・バーク、日本語吹替え - 咲野俊介
ヴァレリーの父親。
ピーター
演 - シャイロ・フェルナンデス、日本語吹替え - 小松史法
ヴァレリーの幼なじみで恋人。
ヘンリー
演 - マックス・アイアンズ、声 - 星野貴紀
ヴァレリーの婚約者。村一番の裕福な家の息子。
ヴァレリーの姉ルーシーに好意を寄せられていたが、ヴァレリーを愛している。
スゼット
演 - ヴァージニア・マドセン、日本語吹替え - よのひかり
ヴァレリーの母親。ヘンリーの父エイドリアンを愛していた。
ヴァレリーの姉ルーシーはエイドリアンとの間に生まれた娘。
オーガスト神父
演 - ルーカス・ハース、日本語吹き替え - 上田燿司
ソロモン神父を頼りにしていたが、彼のやり方に反発を覚えるようになる。
おばあちゃん
演 - ジュリー・クリスティ、日本語吹替え - 土井美加
ヴァレリーの祖母。セザールの母親。
ヴァレリーに赤い頭巾を作ってやる。

公開[編集]

元々は2011年4月22日公開を予定していた[4]が、同年3月11日に早まった[5]

Blu-ray / DVD[編集]

日本ではワーナー・ホーム・ビデオより発売。

  • 【初回限定生産】赤ずきん ブルーレイ&DVDセット(2枚組、2011年10月19日発売)
    • ディスク1:本編Blu-ray
      • 映像特典
        • インムービー・エクスペリエンス(本編と同時に監督・製作総指揮:キャサリン・ハードウィック、アマンダ・サイフリッド、シャイロー・フェルナンデス、マックス・アイアンズによる映像解説をピクチャー・イン・ピクチャー形式で鑑賞可能)
        • ビハインド・ストーリー
          • 真正“赤ずきん”のダークな世界
          • “赤ずきん”のイケメン紹介
          • “赤ずきん”の音楽
          • 人狼が出来上がるまで
          • キャスティングについて
            • シャイロー・フェルナンデス
            • マックス・アイアンズ
            • シャイローとマックス
          • リハーサルの風景
            • ダンスのシーン
            • 祭りのシーン
            • 人狼の襲撃シーン
          • 短編“赤ずきん”
        • 未公開シーン集
          • クロードとルーシーの出会い
          • ルーシーを思うヴァレリー
          • ヴァレリーとおばあちゃん
          • セザールのあこがれ
        • NG集
        • ミュージック・クリップ
          • “The Wolf”by Fever Ray
          • “Just a Fragment of You”by Anthony Gonzalez and Brian Reitzell
    • ディスク2:本編DVD
      • 映像特典
        • 未公開シーン集(本編Blu-rayと同様)
    • 封入特典
      • オリジナル・ブックレット
    • 期間限定特典
      • デジタルコピー

参考文献[編集]

  1. ^ a b Red Riding Hood (2011)”. Box Office Mojo. Internet Movie Database. 2012年2月25日閲覧。
  2. ^ Seyfried insults DiCaprio. RealBollywood.com. Retrieved 2011-01-06.
  3. ^ Sperling, Nicole (2010-04-23). 'Twilight' director Catherine Hardwicke talks new project: 'The Girl With the Red Riding Hood'. HollywoodInsider.ew.com. Retrieved 2011-01-06.
  4. ^ Twilight director Catherine Hardwicke looking for “Red Riding Hood”
  5. ^ Red Riding Hood Comes Early. DreadCentral.com. Retrieved 2011-01-06.

外部リンク[編集]