ジュリー・クリスティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジュリー・クリスティ
Julie Christie
Julie Christie
1997年
本名 Julie Frances Christie
生年月日 1941年4月14日(73歳)
出生地 インドの旗 インド アッサム州チュークア
国籍 イギリスの旗 イギリス
配偶者 ダンカン・キャンベル (2007年 - )

ジュリー・フランシス・クリスティJulie Frances Christie, 1941年4月14日 - )は、イギリス女優

プロフィール[編集]

来歴[編集]

父親が紅茶のプランテーションを経営していた[1]ため、インドアッサム州チュークアで生まれる[2]。母親はウェールズ人の画家。

ロンドンの演劇学校(スクール・オブ・スピーチ・アンド・ドラマ)で学び、1957年にエセックスのFrinton Repertoryのメンバーとしてデビュー。ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの舞台などに出演して、1961年に映画デビュー。1965年のイギリス映画『ダーリング』でアカデミー主演女優賞を受賞し、一躍トップ・スターになる。以後、多数のハリウッド作品に出演。1980年代頃からイギリスに戻り、イギリス国内の作品を中心に活動している。

2006年(劇場では2007年)公開の女優サラ・ポーリーの長編監督デビュー作品である『アウェイ・フロム・ハー君を想う』での演技が高く評価され、第65回ゴールデングローブ賞主演女優賞(ドラマ部門)など多数の映画賞を受賞、第80回アカデミー賞主演女優賞にもノミネートされた。

私生活[編集]

1960年代、70年代はテレンス・スタンプウォーレン・ベイティと交際。1979年からジャーナリストのダンカン・キャンベルとはパートナーの関係であったが、2007年に結婚した[3]

1970年代頃から動物の権利、環境保護、反核主義者などの政治的行動に活発である[4][5]

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1965 若き日のキャシディ
Young Cassidy
デイジー
ダーリング
Darling
ディアナ・スコット アカデミー主演女優賞 受賞
英国アカデミー賞 主演女優賞 受賞
ニューヨーク映画批評家協会賞 主演女優賞 受賞
ドクトル・ジバコ
Doctor Zhivago
ラーラ
1966 華氏451
Fahrenheit 451
クラリス/リンダ
1967 TONITE! LET'S ALL MAKE LOVE IN LONDON
Tonite Let's All Make Love in London
遥か群衆を離れて
Far from the Madding Crowd
バテシバ
1968 華やかな情事
Petulia
ペチュリア
1970
The Go-Between
マリアン
1971 ギャンブラー
McCabe & Mrs. Miller
コンスタンス・ミラー
1973 赤い影
Don't Look Now
ローラ・バクスター
1975 ナッシュビル
Nashville
本人役
シャンプー
Shampoo
ジャッキー・ショーン
1977 デモン・シード
Demon Seed
スーザン・ハリス
1978 天国から来たチャンピオン
Heaven Can Wait
ベティ・ローガン
1981 鏡の国の“D”
Memoirs of a Survivor
D
1982 戦場の罠
The Return of the Soldier
キティ
1983 熱砂の日
Heat and Dust
アン
1986 キングの報酬
Power
エレン・フリーマン
ミス・メリー
Miss Mary
メリー
愛と野望のドイツ家
Väter und Söhne - Eine deutsche Tragödie
シャーロット テレビ・ミニシリーズ
1988 ミッドナイト・プリズナー
Dadah Is Death
バーバラ テレビ映画
1990 フールズ・オブ・フォーチュン
Fools of Fortune
クイントン夫人
1996 ドラゴンハート
Dragonheart
アイリン女王
ハムレット
Hamlet
ガートルード
1997 アフターグロウ
Afterglow
フィリス・マン ニューヨーク映画批評家協会賞 主演女優賞 受賞
全米映画批評家協会賞 主演女優賞 受賞
2001 ルーヴルの怪人
Belphégor - Le fantôme du Louvre
グレンダ・スペンサー博士
2002 アムステルダム 恋の旅
Snapshots
ナーマ
2004 トロイ
Troy
テティス
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
Harry Potter and the Prisoner of Azkaban
マダム・ロスメルタ
ネバーランド
Finding Neverland
デュ・モーリエ夫人
トゥルーへの手紙
A Letter to True
ナレーション
2005 あなたになら言える秘密のこと
The Secret Life of Words
インゲ
2006 アウェイ・フロム・ハー君を想う
Away from Her
フィオーナ・アンダーソン ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門) 受賞
ニューヨーク映画批評家協会賞 主演女優賞 受賞
2009 ニューヨーク、アイラブユー
New York, I Love You
イザベル
ブラック・レコード〜禁じられた記録〜
Glorious 39
エリザベス叔母さん
2011 赤ずきん
Red Riding Hood
おばあちゃん
2012 ランナウェイ/逃亡者
The Company You Keep
ミミ・ルーリー

脚注[編集]

  1. ^ http://www.filmreference.com/film/64/Julie-Christie.html
  2. ^ http://www.dailymail.co.uk/pages/live/femail/article.html?in_article_id=513285&in_page_id=1879 Daily Mail - 11 February 2008
  3. ^ “In brief: Julie Christie gets married”. The Guardian (London). (2008年1月30日). http://film.guardian.co.uk/news/story/0,,2249161,00.html 2010年5月7日閲覧。 
  4. ^ Palestine Solidarity Campaign: Patrons”. Palestine Solidarity Campaign (n.d.). 2009年3月10日閲覧。
  5. ^ Board Members at Reprieve's web site

外部リンク[編集]