アウェイ・フロム・ハー君を想う

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アウェイ・フロム・ハー君を想う
Away from Her
監督 サラ・ポーリー
脚本 サラ・ポーリー
原作 アリス・マンロー
『クマが山を越えてきた』
製作 ジェニファー・ワイス
シモーン・アードル
ダニエル・アイロン
製作総指揮 アトム・エゴヤン
ダグ・マンコフ
出演者 ジュリー・クリスティ
音楽 ジョナサン・ゴールドスミス
撮影 リュック・モンテペリエ
編集 デヴィッド・ワーンズビー
配給 アメリカ合衆国の旗 ライオンズゲート
日本の旗 ヘキサゴン・ピクチャーズ/アニープラネット
公開 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 2007年5月4日
日本の旗 2008年5月31日
上映時間 110分
製作国 カナダの旗 カナダ
言語 英語
製作費 CAD 4,000,000
興行収入 $9,194,283[1]
テンプレートを表示

アウェイ・フロム・ハー君を想う』(Away from Her)は、カナダの映画2006年トロント国際映画祭2007年サンダンス映画祭上映作品。

女優サラ・ポーリーアリス・マンローの短編小説『クマが山を越えてきた』を映画化、彼女の長編映画監督デビュー作品となる。主演のジュリー・クリスティ第65回ゴールデングローブ賞主演女優賞(ドラマ部門)など、数多くの映画賞を受賞している。

ストーリー[編集]

グラントとフィオナはオンタリオ州 ブラントに住む夫婦。40年以上も連れ添った二人だが、ある時フィオナにアルツハイマーの兆候が現れ始める。

自分の症状が進んでいることに気が付いたフィオナは介護施設に入ることを自ら決心するが、その施設では環境に適応するため、最初の30日間は誰も面会できないという規則があった。グラントはその規則に納得いかなかったものの、フィオナのためを思って入居に同意した。

最初の30日間が終わり、グラントが妻フィオナを訪ねてみると、フィオナはすでに彼のことを忘れ、入居者の一人である身体の不自由なオーブリーという男性に好意を寄せていることを知る。自分の妻と他の男性が徐々に親密になっていく姿を見ることになったグラントは、覗き見をしているような立場に置かれ、いたたまれない時を過ごすことになる。あるとき、オーブリーの妻が経済的な理由によりオーブリーを自宅に引き取ることになる。オーブリーを失ったフィオナは精神的に落ち込み、症状が悪化してしまう。それを見たグラントはオーブリーの妻マリアンを訪ね、ある提案をする。

キャスト[編集]

主な受賞[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Away from Her”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年12月9日閲覧。

外部リンク[編集]