ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ストラトフォード・アポン・エイヴォンにある劇場

ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー(Royal Shakespeare Company)は、イングランドストラトフォード・アポン・エイヴォンを拠点にする劇団。略してRSCとも呼ばれる。ストラトフォード・アポン・エイヴォンにロイヤル・シェイクスピア劇場、スウォン劇場、ジ・アザー・プレイス劇場(再建中)の3つを有している。

1875年に設立されたシェイクスピア記念劇場を前身に持つ、非常に歴史の古い劇団であり、また大規模な劇団のため、有名なイギリスの舞台俳優・映画俳優でここに在籍していた者は非常に多い。現在はチャールズ皇太子が理事長を務めている。

作品の多くは世界中でツアーを行い、日本でも定期的に上演を行っている。

レパートリーの中心はやはりシェイクスピア作品であるが、シェイクスピアと同時代の劇作家や現代の劇作家の戯曲も数多く手がけている。

過去に関わった日本人には、日本人役者としてはじめてカンパニーメンバーとなった伊川東吾(1986)、RSCとの共同制作『ペール・ギュント』(1991年)とRSC公演『リア王』(1999) を演出した演出家 蜷川幸雄、『ペール・ギュント』に出演した壤晴彦、『リア王』に出演した真田広之がいる。

RSCのカンパニーメンバーだった俳優[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]