天国から来たチャンピオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
天国から来たチャンピオン
Heaven Can Wait
監督 ウォーレン・ベイティ
バック・ヘンリー
脚本 エレイン・メイ
ウォーレン・ベイティ
原作 ハリー・シーガル
Heaven Can Wait
製作 ウォーレン・ベイティ
製作総指揮 ハワード・W・コッチ・Jr
チャールズ・H・マグワイア
出演者 ウォーレン・ベイティ
ジュリー・クリスティ
音楽 デイヴ・グルーシン
撮影 ウィリアム・A・フレイカー
編集 ロバート・C・ジョーンズ
ドン・ジマーマン
製作会社 パラマウント映画
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 パラマウント映画/CIC
公開 アメリカ合衆国の旗 1978年6月28日
日本の旗 1979年1月20日
上映時間 101分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $81,640,278[1]
テンプレートを表示

天国から来たチャンピオン』(てんごくからきたチャンピオン、Heaven Can Wait)は、1978年アメリカ合衆国ファンタジー映画。『幽霊紐育を歩く』(1941年制作、1946年日本公開)のリメイク作品である。原作はハリー・シーガル英語版の舞台劇『Heaven Can Wait』。監督はウォーレン・ベイティバック・ヘンリー英語版、製作・主演はウォーレン・ベイティ。第51回アカデミー賞で9部門にノミネートされ、美術監督・装置賞を受賞している(詳細は後述)。

当初は、ボクシングを舞台にモハメド・アリ主演での制作を予定していたが、アリ側に断られたため舞台をアメリカンフットボールに変更し、ベイティが主演も兼ねて制作した[2][3]

後に続く「亡くなった人が天国の水先案内人の協力で帰ってくる」という設定の映画・ドラマのはしりとなった映画である[要出典]

ストーリー[編集]

ロサンゼルス・ラムズの控えクォーターバックのジョー・ペンドルトンは、出場の決まったスーパーボウルを前に交通事故に遭って急死してしまう。自分の死に納得できないジョーが、天使長ジョーダンに抗議したところ、まだ50年もの寿命が残っており、担当天使のミスで50年早く天国に召されたことがわかった。ジョーは即刻地上に舞い戻ることになったが、ジョーの肉体は既に火葬された後だった。

ジョーのためにジョーダンが代わりの身体を探すが、フットボール選手に戻りたいジョーの注文はうるさい。何人かの候補を断った後に提案された大富豪レオ・ファーンズワースの遺体もジョーは断ろうとするが、ファーンズワースに公害問題で抗議に来た女性ベティに一目惚れしたジョーはしばらくの間という条件でファーンズワースの身体を借りることにする。しかしファーンズワースは妻ジュリアとその愛人でファーンズワースの秘書であるトニーに殺されたのだ。何故か生き返ったファーンズワースに驚いたジュリアとトニーはその後も何とかしてファーンズワースを殺そうとするがことごとく失敗する。一方、ファーンズワースになったジョーは猛勉強の末にベティの願いを聞き入れ、公害問題の解決のために工場建設計画を放棄する。これをきっかけにベティもジョーに惹かれて行く。

ジョーは親友のトレイナーであるマックスを呼び出し、ジョーしか知らない事実を話すことで、自分がジョーであることをマックスに納得させると、スーパーボウル出場のために猛特訓を始める。そして、ラムズを買収して入団テストを受けることになる。はじめは金持ちの道楽としてジョーに対して敵対心をむき出しにしていたチームの選手らも、ジョーの実力を認め、ジョーはスーパーボウルに出場することになる。一方、ジョーとベティの仲は急速に深まるが、ジョーは担当天使からファーンズワースの身体を使えるのがあとわずかであることを知らされる。ジョーはベティに生まれ変わって再会することを示唆する言葉を告げる。そして、ジョーはジュリアとトニーによって射殺され、遺体は井戸に落ちる。ジョーはジョーダンとともに再び次の身体を探すことになる。

大富豪ファーンズワースが失踪したとして世の中は大騒ぎとなる。特にベティとマックスは警察に対して必死に捜査を依頼するが、担当刑事クリムの捜査は要領を得ない。そんな中、スーパーボウルのテレビ中継を観ていたジョーはラムズのクォーターバック・トムが試合中に大怪我を負う様子を目にする。ジョーダンとともにスタジアムにやって来たジョーはトムがこのまま亡くなることを知り、トムに生まれ変わることを決める。トムになったジョーは試合で大活躍し、ラムズは勝利を収める。一方、ファーンズワースの屋敷ではファーンズワースの遺体が見つかったことから、仲違いしたジュリアとトニーの殺人が露呈する。

テレビ中継を観ていたマックスは、復活したトムがジョーであることに気付き、試合後のジョーのもとに駆けつけ、抱き合って喜ぶ。しかし、そこにジョーダンが現れ、ジョーがこれまでの記憶を失って完全にトムとして生きて行くことになると告げて姿を消す。ジョーは完全にトムとなり、マックスとのこれまでのことも忘れてしまう。状況を受け入れたマックスは1人、ジョーとの思い出に浸る。

スタジアムを後にしようとしたトムの前にベティがマックスを探しに現れる。初対面のはずの2人だったが、互いに惹かれ合うものを感じると、運命に導かれるように肩を並べてスタジアムを後にする。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
TV版1 TV版2
ジョー・ペンドルトン ウォーレン・ベイティ 野沢那智
ベティ・ローガン ジュリー・クリスティ 小原乃梨子 鈴木弘子
ジョーダン ジェームズ・メイソン 中村正
マックス・コークル ジャック・ウォーデン 富田耕生
トニー・アボット チャールズ・グローディン 安原義人 羽佐間道夫
ジュリア・ファーンズワース ダイアン・キャノン 中村晃子 小原乃梨子
ジョー担当の天使 バック・ヘンリー
クリム刑事 ヴィンセント・ガーディニア

映画賞受賞・ノミネート[編集]

映画祭・賞 部門 候補 結果
アカデミー賞 作品賞 ノミネート
監督賞 ウォーレン・ベイティ
バック・ヘンリー
主演男優賞 ウォーレン・ビーティ
助演男優賞 ジャック・ウォーデン
助演女優賞 ダイアン・キャノン
脚色賞 ウォーレン・ベイティ
エレイン・メイ
撮影賞 ウィリアム・A・フレイカー
美術賞 ポール・シルバート
エドウィン・オノドヴァン
ジョージ・ゲインズ
受賞
作曲賞 デイヴ・グルーシン ノミネート
ゴールデングローブ賞英語版 作品賞 (ミュージカル・コメディ部門) 受賞
主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門) ウォーレン・ベイティ
助演女優賞 ダイアン・キャノン

脚注[編集]

  1. ^ Heaven Can Wait (1978)” (英語). Box Office Mojo. 2011年12月25日閲覧。
  2. ^ Heaven Can Wait (1978)” (英語). TCM.com. 2013年10月27日閲覧。
  3. ^ Heaven Can Wait (1978) - Trivia” (英語). TCM.com. 2013年10月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]