ジェームズ・メイソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェームズ・メイソン
James Mason
James Mason
北北西に進路を取れ』より
生年月日 1909年5月15日
没年月日 1984年7月27日(満75歳没)
出生地 ハダーズフィールド
国籍 イギリスの旗 イギリス
配偶者 パメラ・ケリノ (1940-1964)
クレリッサ・ケイ (1971-1984)

ジェームズ・メイソンJames Mason, 1909年5月15日 - 1984年7月27日)はイギリス出身の俳優。イングランドウエストヨークシャー州生まれ。

生涯[編集]

毛皮商人の家に生まれる。建築家を目指してケンブリッジ大学で建築を専攻し学位も取ったが、折からの不況で軌道に乗らず、もう一つの夢であった演劇に関わるようになる。学生劇の舞台に立った後、ある舞台劇の地方公演の主演者を募集しているのを聞きつけて応募、1931年に、その芝居の公演でプロとしてスタートを切る。クロイドンの舞台をへて、1933年ロンドンにデビュー、まもなくロンドンのオールド・ヴィック・シアター[1]ダブリンのゲート・シアターにも参加するようになった。1935年に映画にもデビュー、1943年に変質者の主人公を演じた『灰色の男』や、1945年の女の横っ面をひっぱたくシーンが物議を醸した『第七のヴェール』が出世作となり、さらに1946年にはキャロル・リードの『邪魔者は殺せ』で人気は決定的なものとなった。ベルベット・ボイスと呼ばれた柔らかい声が激情と共に太く変化していく怖さと几帳面な演技は批評家に絶賛される。この頃にデイリー・メール紙によって最もポピュラーなイギリス俳優として選出される。

1947年にはブロードウェイにデビュー、ハリウッドにも進出して『砂漠の鬼将軍』、『五本の指』、『ジュリアス・シーザー』、『スタア誕生』などによって幅広いファンをつかむ。自分の気に入らない役は絶対に引き受けないと公言するほどの自信家で、何より当時のハリウッドではメイソンのような屈折したニヒリストを演じきれる俳優が皆無だった。役の善悪を問わず、主役から脇役まで自由自在に演じ、1984年の死去までに出演作が100本以上に及ぶ息の長い俳優人生であった。

重厚な文芸映画から、かつて荒唐無稽の代名詞だったSF映画まで、出演した映画のジャンルは多岐にわたるが、そのことが俳優キャリアにとっては仇となり、ローレンス・オリビエと並び称されるイギリス人俳優でありながら、大きな賞とは縁のない俳優人生を送った。アカデミー賞にも『スタア誕生』『ジョージー・ガール』『評決』でノミネートされながら、ついに一度も受賞はしなかった事から、彼を指して「無冠の名優」「無冠の帝王」などと呼ぶことも多い。[2]

1940年に共同で脚本を執筆したことのあるパメラ・ケリノと結婚、一男一女を儲け、二人して1949年1957年に本も出版するが、1964年に離婚。1969年に『としごろ』で共演した女優クレリッサ・ケイ1971年に再婚した。

晩年はスイスに移住し、1984年ローザンヌの自宅にて心臓発作で亡くなった[3]。隣村に住んでいた晩年のチャップリンと親交があったという。 1981年には自伝も出版。

息子のモーガン・メイソンは子役を経て、映画プロデューサーとなり歌手のベリンダ・カーライルと結婚。孫のジェームズ・デューク・メイソンも俳優となった。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1943 灰色の男
The Man in Grey
ローハン
1944 あるスパイの末路
Hotel Reserve
ピーター
激情
Fanny by Gaslight
Lord Manderstoke
1945 第七のヴェール
The Seventh Veil
ニコラス
妖婦
The Wicked Lady
ジェリー・ジャクソン
1947 邪魔者は殺せ
Odd Man Out
ジョニー・マックイーン
霧の夜の戦慄
The Upturned Glass
マイケル・ジョイス
1949 魅せられて
Caught
ラリー
ボヴァリー夫人
Madame Bovary
ギュスターヴ・フローベール
無謀な瞬間
The Reckless Moment
マーティン
1951 パンドラ
Pandora and the Flying Dutchman
Hendrik van der Zee
砂漠の鬼将軍
The Desert Fox: The Story of Rommel
エルヴィン・ロンメル
1952 五本の指
5 Fingers
ユリシーズ
ゼンダ城の虜
The Prisoner of Zenda
ルパート・ヘンツォ伯爵
ハルコア号の冒険
Face to Face
船長
1953 三つの恋の物語
The Story of Three Loves
チャールズ
流刑の大陸
Botany Bay
ポール・ギルバート
砂漠の鼡
The Desert Rats
エルヴィン・ロンメル
ジュリアス・シーザー
Julius Caesar
ブルータス
二つの世界の男
The Man Between
Ivo Kern
1954 炎と剣
Prince Valiant
サー・ブラック
スタア誕生
A Star Is Born
ノーマン・メイン ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門) 受賞
海底二万哩
20,000 Leagues Under the Sea
ネモ船長
1956 黒の報酬
Bigger Than Life
エド 出演/製作
1957 日のあたる島
Island in the Sun
マックスウェル
1958 針なき時計
Cry Terror!
ジム
1959 北北西に進路を取れ
North by Northwest
フィリップ・ヴァンダム
地底探険
Journey to the Center of the Earth
オリヴァー・S・リンデンブルック
美女と詐欺師
A Touch of Larceny
マックス・イーストン
1962 ロリータ
Lolita
ハンバート・ハンバート教授
野性の太陽
Tiara Tahiti
Capt. Brett Aimsley
1963 潜水艦ベターソン
Beta Som
Captain Blayne
1964 ローマ帝国の滅亡
The Fall of the Roman Empire
ティモニデス
女が愛情に渇くとき
The Pumpkin Eater
ボブ・コンウェイ
1965 ロード・ジム
Lord Jim
ブラウン
ジンギス・カン
Genghis Khan
カム・リン
太陽が目にしみる
Los Pianos mecánicos
パスカル
1966 ブルー・マックス
The Blue Max
クルーガーマン伯爵
ジョージー・ガール
Georgy Girl
James Leamington
恐怖との遭遇
The Deadly Affair
チャールズ・ドブス
1968 太陽を盗め
Duffy
チャールズ・カルヴァート
うたかたの恋
Mayerling
フランツ・ヨーゼフ1世
1969 としごろ
Age of Consent
ブラッドレイ・モラハン 出演・製作
1970 夜の訪問者
De la part des copains
ロス
1971 殺し
Kill!
アラン・ハミルトン
無頼プロフェッショナル
El hombre de Río Malo
フランシスコ・パコ・モンテロ
1973 シーラ号の謎
The Last of Sheila
フィリップ
マッキントッシュの男
The MacKintosh Man
ジョージ・ホイーラー
真説フランケンシュタイン/北極に消えた怪奇人間!
Frankenstein: The True Story
ジョン・ポリドン テレビ映画
1974 マルセイユ特急
The Marseille Contract
ジャック・ブリザード
新・おしゃれ泥棒
11 Harrowhouse
チャールズ・D・ワッツ
1975 マンディンゴ
Mandingo
ウォレン・マックスウェル
デッドリー・ディール
La città sconvolta: caccia spietata ai rapitori
Filippini
プリンセスの自叙伝
Autobiography of a Princess
シリル
怪盗軍団
Inside Out
アーネスト
1976 さすらいの航海
Voyage of the Damned
フアン・レモス
1977 戦争のはらわた
Cross of Iron
ブラント大佐
ナザレのイエス
Jesus of Nazareth
アリマタヤのヨセフ テレビ・ミニシリーズ
1978 天国から来たチャンピオン
Heaven Can Wait
ジョーダン
ブラジルから来た少年
The Boys from Brazil
エドゥアルド・セイベルト
1979 北海ハイジャック
North Sea Hijack
フランシス・ブリンスデン卿
名探偵ホームズ/黒馬車の影
Murder by Decree
ジョン・H・ワトソン
ザ・パッセージ/ピレネー突破口
The Passage
John Bergson
華麗なる相続人
Bloodline
アレック・ニコルス
死霊伝説
Salem's Lot
リチャード・K・ストレイカー テレビ映画
1982 地中海殺人事件
Evil Under the Sun
オデル・ガードナー
アイバンホー
Ivanhoe
Isaac of York テレビ映画
12月の熱い夏/裏切りが呼ぶ、陰謀の炎
A Dangerous Summer
ジョージ
評決
The Verdict
エド・コンキャノン
1984 ジョージ・ワシントン
George Washington
テレビ・ミニシリーズ
1985 炎のレジスタンス
The Assisi Underground
ニコリーニ
死を呼ぶ晩餐
Dr. Fischer of Geneva
フィッシャー テレビ映画

その他[編集]

手塚治虫の漫画にメイソンという名のキャラクターが度々登場するが、モデルはもちろんジェームズ・メイソンであり、これは手塚がメイソンの大ファンであったからである。

脚注[編集]

  1. ^ Brian McFarlane "Mason, James (1909-1984)", BFI screenonlione; McFarlane (ed) The Encyclopedia of British Film, London: Methuen/BFI, 2003, p.438
  2. ^ 週刊『ザ・ムービー』48号など
  3. ^ Obituary Variety, 1 August 1984.

外部リンク[編集]