ゴースト/ニューヨークの幻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴースト/ニューヨークの幻
Ghost
監督 ジェリー・ザッカー
脚本 ブルース・ジョエル・ルービン
製作 リサ・ウィンスタイン
製作総指揮 スティーヴン=チャールズ・ジャッフェ
出演者 パトリック・スウェイジ
デミ・ムーア
ウーピー・ゴールドバーグ
音楽 モーリス・ジャール
主題歌 ライチャス・ブラザーズアンチェインド・メロディ
撮影 アダム・グリーンバーグ
編集 ウォルター・マーチ
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 パラマウント映画/UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1990年7月13日
日本の旗 1990年9月28日
上映時間 128分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $22,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $505,702,588[1]
アメリカ合衆国の旗 $217,631,306[1]
日本の旗 28億円[2] (配給収入)
テンプレートを表示

ゴースト/ニューヨークの幻』(原題:Ghost)は、1990年アメリカ映画恋愛映画

2005年から放送されていたテレビドラマの『ゴースト 〜天国からのささやき』とは関係ない。

概要[編集]

ロマンスコメディファンタジーホラーといったいくつかのジャンルに含まれる。愛する人が幽霊となって目の前に現れるというアイデアは、この映画のメガヒットで多くの亜流映画・小説を生む。

ウーピー・ゴールドバーグアカデミー助演女優賞を受賞し、作品自体もアカデミー作品賞編集賞作曲賞にノミネートされたが、『ダンス・ウィズ・ウルブズ』という強豪の存在のため他はアカデミー脚本賞(ブルース・ジョエル・ルービン)を受賞するにとどまった。

主題歌は、ライチャス・ブラザーズの「アンチェインド・メロディ」(もともとは、1955年の映画『アンチェインド』(日本未公開)の主題歌だった。作曲はアレックス・ノース)。

監督は『裸の銃を持つ男』や『フライング・ハイ』などのコメディを得意とするジェリー・ザッカー。母のシャルロッテ・ザッカーを銀行の受付役、妹のスーザン・ブレスラウをサムの同僚のスーザン役で登場させている。1995年にもシリアス路線で『トゥルーナイト』を監督した。

また、脚本のブルース・ジョエル・ルービンの母親も小切手を受け取る慈善団体の教会のシスター役で登場している。

ストーリー[編集]

舞台はニューヨーク

温厚誠実な銀行員【サム・ウィート】(パトリック・スウェイジ)は、陶芸家として成功しつつある最愛の恋人【モリー・ジェンセン】(デミ・ムーア)と幸せな時間を過ごし、同僚の友人【カール・ブルーナー】(トニー・ゴールドウィン)とも良好な関係を維持しながら順調に仕事をこなし、平和な日々を送っていた。

ある日、銀行のオフィスで、サムはコンピュータにある口座のデータに異変を発見した。カールが手伝おうとしたが、サムは断り残業して調べる…。

後日、サムとモリーが「マクベス」を観劇しての帰り道、モリーがサムに自分の心を打ち明けた。「貴方と結婚したい」。今まで、彼女が避けていた問題だったのでサムは驚く。悩むサムに、モリーはなぜ「愛してる」と言葉にしてくれないのかと問い詰める。「愛してる……」とモリーが言うと、サムは必ず「Ditto(同じく)」と答えていた。

しかしそのとき、暗がりから一人の暴漢がサムを襲った。もみあいになり暴漢が持っていた拳銃が発砲された。暴漢は逃げ、サムは諦めて戻ると、モリーが血だらけの自分を抱いていた。サムは死んでゴーストになってしまった。

ゴーストになったサムはモリーのアパートで彼女と共にいた。サムは彼女には見えないし話しても聞こえない。カールはサムが死んでモリーに近づいていくようになり、モリーは断ったが気分転換の散歩は承諾する。2人が散歩に出かけると、ある男がモリーのアパートに侵入して来た。サムは驚愕した。それは自分を襲い、殺した張本人だった。サムはその男に殴りかかるが空を切るばかり。そこにモリーが帰ってきてしまい、サムは危険を知らせようとするが効果がない。咄嗟にサムはモリーの猫【フロイド】をけしかけて男を追い出し、後を追った。

地下鉄に乗ったサムを見知らぬ男【サブウェイゴースト】(ヴィンセント・スキャヴェリ)が「ここは俺の縄張りだ!」と襲ってきた。その男もゴーストだったのだ。その場を逃れて、追跡したサムは男のアパートを突き止めた。名前は【ウィリー・ロペス】(リック・アビルス)。アパートを出ると、近くに霊媒師の看板を見つけ、サムは中へ入った。何やらインチキ臭い霊媒師【オダ=メイ・ブラウン】(ウーピー・ゴールドバーグ)が客を相手にしていた。彼女がやっていることは明らかにインチキだったが、サムが声を出すとオダ=メイは反応したのだ。彼女はそのとき初めて霊媒師として才能を開花させた(ちなみに、彼女の祖母と母には生来霊媒の能力があった)。

サムはオダ=メイをなんとか説得し(1晩中「ヘンリー8世君」[3]を聞かせ続けるという半ば脅迫めいたやり方だったが)、モリーに会わせた。サムしか知らないことをオダ=メイは言って信じることになる。自分を殺した犯人がウィリーだと言わせた。

モリーはそのことをカールに話し相談するが、カールはオダ=メイはペテン師だと決め付け信じなかった。しかし、思い直したカールは何処かへ出掛ける。

モリーのアパートから出たカールの後をつけたサムは、驚くべき真相を知る。カールは不正を働き、不当に入手した金を資金洗浄することで正当な金に見せかけていたのだ。それをサムに嗅ぎ付けられたと思い、ウィリーと組んでサムを殺したのだった。

モリーはオダ=メイが詐欺師の前科があることを警察に告げられショックを受ける。カールはそこに付け込み、モリーにキスをしようとする。その場面を見ていたサムはとっさに飛び込み写真立てが崩れ、二人は離れた。

そしてサムはあの地下鉄のゴーストを探し出し、物体を動かす方法を伝授してもらった。人間に触れることはできないが、物体なら動かせるようになる。

サムは再びオダ=メイを訪ねると、銀行へ連れて行き、カールの架空口座から400万ドルを引き出した。そして、その金をそっくり慈善団体へ寄付してしまう。

一方、カールは口座に金が無いのを知り、青くなった。このままでは組織に殺されてしまうカールは金を取り返そうと、ウィリーと共にオダ=メイのアパートへ向かった。逃げ惑うオダ=メイだったが、相手からすれば目に見えないサムは物体を動かし、2人を恐怖の底へ突き落とした。ウィリーは無我夢中で逃げ惑った結果、乗用車とバスに挟まれ死亡し、ゴーストとなった。やがて、周りから闇の住人と思われる者達が現れ、ウィリーを闇の世界へ引きずり込んで行った。

オダ=メイはモリーのアパートに逃げ込んだが、モリーはオダ=メイがかつて詐欺師として悪事を働き服役までしていたことを知った後であり、オダ=メイの能力をペテンだと思い、再び信じようとしなくなっていた。しかし、サムがかつてモリーに与えた「お守りの1セントコイン」を動かして示したことによりモリーは完全にゴーストのサムの存在とオダ=メイの能力を信じる。事情を理解してもらい警察を呼び待機していたが、「もう1度モリーに触れたい」というサムの言葉を聞いたオダ=メイはサムに自分の肉体を貸す。束の間の時間、モリーとサムは再び触れ合うことができた。

しかし警察が到着するよりも早くカールがモリーのアパートを訪ねてきてしまった。屋根裏までモリーとオダ=メイを追い詰めるが姿の見えないサムに逆に追い詰められ逃げ惑う。その最中、天井から吊るされたワイヤーを投げ、部屋の窓から逃げようとしたが逆にワイヤーでガラスを割ってしまい残っていたガラスが落下して胸に刺さり死亡。ウィリーと同様、殺人に手を染めたカールは闇に引きずり込まれていった。

サムの心残りだったモリーに危険がなくなったことで、サムの元に天国からの迎えが訪れる。ついにモリーはサムのゴーストに会うことができる。サムのゴーストはモリーに対して初めて「愛している」と告げた。彼女の答えは、サムがいつも口にしていた「Ditto(同じく)」だった。サムは、モリーとオダ=メイに別れを告げ、天国へと歩いてゆくのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
VHS・DVD フジテレビ テレビ朝日
サム・ウィート パトリック・スウェイジ 江原正士 堀内賢雄
モリー・ジェンセン デミ・ムーア 高島雅羅 金野恵子 松井菜桜子
オダ・メイ・ブラウン ウーピー・ゴールドバーグ 小宮和枝 今井和子 片岡富枝
カール・ブルーナー トニー・ゴールドウィン 大塚芳忠 鈴置洋孝 家中宏
ウィリー・ロペズ リック・アビレス 牛山茂 福田信昭 西凜太朗
地下鉄のゴースト ヴィンセント・スキャヴェリ 吉水慶 青野武 水野龍司
緊急治療室のゴースト フィル・リーズ 峰恵研 中庸助
ローザ・サンティアゴ アンジェリカ・エストラーダ 秋元千賀子
クララ アルメリア・マックィーン 達依久子
ルイーズ ゲイル・ボグス 深見梨加
巡査部長 スティーヴン・ルート 有本欽隆
婦警 ローラ・ドレイク 火野カチコ
オーランド オージー・ブラント 小関一
オーティーシャ ヴィヴィアン・ボネル 片岡富枝
ライル・ファーガソン ブルース・ジャーチョウ 城山堅
銀行の同僚 ウィリアム・コート 秋元羊介
ゴースト J・クリストファー・サリヴァン 幹本雄之
アーセニオ・ホール 小室正幸
ローズ マルティナ・ディーグナン 亀井芳子
タクシードライバー サイード・ファラジ 古田信幸

興行収入[編集]

製作予算は22,000,000ドルで、興行収入は世界で約500,000,000ドル[1]1991年最高興行収入映画の一覧で最高10位にランクインした。現在でも、ロマンス・ファンタジー映画の興行収入では、1位になっている。

リメイク[編集]

2010年、当作品に着想を得たアジア版『ゴースト』の制作が発表された。松嶋菜々子と、韓国ドラマ『秋の童話』や『エデンの東』に主演する俳優ソン・スンホンとの共演で、6月クラインインで2010年秋公開[4]

舞台化[編集]

2011年7月に、『ゴースト・ザ・ミュージカル(原題:Ghost the Musical)』として、イギリスピカデリー劇場で上演。2012年4月からは、アメリカブロードウェイネダーランダー劇場にて上演されることが決定している。[5][6]

日本[編集]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 演出:吉川徹
  • 脚色:砂本量
  • 音楽:玉麻尚一
  • 振付:西祐子
  • 美術:堀尾幸男
  • 照明:高見和義
  • 音響:山本浩一
  • イリュージョン:アンギュラ
  • アクション:渥美博
  • 衣装:宇野善子
  • 特殊メイク:馮啓孝
  • ヘアメイク:片山昌子
  • 演出助手:小川美也子
  • 舞台監督:二瓶剛雄
  • 照明チーフ&ムービング:山本義徳

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]