ゴースト もういちど抱きしめたい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴースト もういちど抱きしめたい
監督 大谷太郎
脚本 佐藤嗣麻子中園ミホ
製作 一瀬隆重
製作総指揮 奥田誠治、菅沼直樹
出演者 松嶋菜々子
ソン・スンホン(宋承憲)
鈴木砂羽
橋本さとし
芦田愛菜
樹木希林
音楽 大島ミチル
主題歌 平井堅アイシテル
撮影 石坂拓郎
編集 深沢佳文
製作会社 オズ
配給 パラマウントピクチャーズジャパン
松竹
公開 日本の旗 2010年11月13日
韓国の旗 2010年11月25日
上映時間 116分
製作国 日本の旗 日本
韓国の旗 韓国
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 日本語
テンプレートを表示

ゴースト もういちど抱きしめたい』(ゴースト もういちどだきしめたい)は、2010年日本映画で、1990年アメリカ映画ゴースト/ニューヨークの幻』のリメイク映画である。

概要[編集]

本作はパラマウント映画初となる日本映画作品である。監督は劇場映画デビューとなる大谷太郎。出演は『眉山』や『ホワイトアウト』の松嶋菜々子と『宿命』のソン・スンホン。2006年頃にプロデューサーの一瀬隆重がロサンゼルスのパラマウント社から呼び出され、日本映画を製作したいので何か良いアイデアないか聞かれたところ、一瀬が好きな作品である『ゴースト/ニューヨークの幻』のリメイクを提案したために企画が始まり[1]、2010年5月に製作発表が行われた[2]。撮影は同年6月中旬から7月30日まで行われた[3]

キャッチコピーは「見えなくても 触れられなくても あなたをずっと想いつづける」。

2010年11月12日以降ミヤギテレビほかでテレビ特番『NEWS ZEROが見た映画「ゴースト もういちど抱きしめたい」公開直前SP』(55分枠)と『映画情報「シネマガ」拡大版映画『ゴースト もういちど抱きしめたい』公開記念SP』(30分枠)が放送。一部の上映館では日本語字幕版を上映。2010年11月25日より韓国での約100スクリーンでの公開のほか、台湾、シンガポール、タイなどアジア5カ国でも公開が予定されている[4]

2010年11月13日から全国305スクリーンで公開され、9日間成績が動員34万5、690人(309スクリーン)、興行収入4億386万500円となった[5]

ストーリー[編集]

大企業『アイ・アクロス』経営の星野七海は誕生日パーティーの帰り道に公園で陶芸家志望の韓国人キム・ジュノと運命的な出会いを果たし恋に陥るも、事件に巻き込まれ命を落としてしまう。彼には見えないゴーストとなって彼の傍に留まり続ける事を選ぶが、彼女の事件はジュノをも巻き込もうとしていた。但しカールに相当する人物はオリジナル版がガラス片で死亡するのに対し本作品では警察官に包囲され逮捕されるものとなっている。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

平井堅アイシテル
映画にちなみ、PVではゴーストのように棺桶から起きて歌う演出をしている。PVの監督は三木孝浩

オリジナルとの対比[編集]

  • サム・ウィート(主人公) → 星野七海
  • モリー・ジェンセン(陶芸家の恋人) → キム・ジュノ
  • オダ=メイ・ブラウン(霊媒師) → 運天五月
  • カール・ブルーナー(主人公の友人) → 上条未春
  • ウィリー・ロペズ(主人公を殺した人物) → 黒田竜二
  • 地下鉄のゴースト(主人公に協力する幽霊)→ 少女のゴースト

出典[編集]

  1. ^ 製作報告記者会見を行いました”. オフィシャルブログ (2010年8月4日). 2010年8月7日閲覧。
  2. ^ デミ・ムーアが世界を泣かせた『ゴースト ニューヨークの幻』アジア版に松嶋菜々子とソン・スンホンが主演”. シネマトゥデイ (2010年5月12日). 2010年8月7日閲覧。
  3. ^ 映画『ゴースト もういちど抱きしめたい』製作報告会見のソン・スンホン全コメント”. livedoor (2010年8月4日). 2010年8月7日閲覧。
  4. ^ “菜々子ゴースト”アジア進出!デイリースポーツ 2010年11月14日
  5. ^ 連合通信放送映画速報「ゴースト〜」21日現在興行成績

外部リンク[編集]