興行収入

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

興行収入こうぎょうしゅうにゅう)とは、映画に関して映画館での入場料から得られる売り上げ合計のこと。興収とも。英語では、チケット売り場も示すBox Officeと言う。映画以外の興行でも言う場合がある。

日本においては、映画の成績発表に配給収入が使われていたが、海外(アメリカ)に合わせて2000年度から興行収入の発表に切り替えられた。配給収入に比べ、実質の観客動員数に近い数字を求められる事や、作品による比率の差が少ないなど、データ上の利点がある。映画によってその比率は変わるが、興行収入のおおよそ50%~60%、洋画メジャー大作等の場合は70%が配給収入(配給会社の取り分)にあたる。日本映画の場合、この配給収入から宣伝費等が差し引かれた上で配給マージン(30~50%)が引かれた分が製作会社の取り分となるため、制作費の回収には数倍の興行収入が必要である。

年度別週末興行収入1位の映画一覧[編集]

関連項目[編集]