日経エンタテインメント!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日経エンタテインメント!
ジャンル 情報誌
刊行頻度 月刊(毎月4日)
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 500円(2012年時点)
出版社 日経BP社
発行人 加藤栄
編集長 吉岡広統
副編集長 山本伸夫
ISSN 1342-842X
雑誌名コード 07183-4
刊行期間 1997年4月号 -
ウェブサイト 公式サイト

日経エンタテインメント!』(にっけいエンタテインメント)とは日本経済新聞社の子会社である日経BP社が毎月4日に発売する情報誌。定価500円(税込み)。略称は日経エンタ

概要[編集]

映画音楽テレビを中心にゲームラジオ演劇インターネットデジタル家電等の流行のものや人物等を幅広く掲載している。

毎回様々なテーマに沿ったランキングを掲載しており、2002年以降、芸人ランキングを年に1回行うようになっている。毎号、男優女優をユニークな軸を用いて分類したチャートが登場する。

歴代編集長[編集]

  • 初代 - 品田英雄(その後発行人に)
  • 二代目 - 小川仁志(現在本誌別冊編集長、『大人のロック!』編集長)
  • 三代目 - 品田英雄(現在本誌編集委員)
  • 四代目 - 大谷真幸(現在日経新聞編集委員)
  • 五代目 - 吉岡広統

好きな芸人・嫌いな芸人ランキング[編集]

2002年から本誌が独自に調査し、作成しているお笑い芸人の人気ランキングである。調査は日経BP社、日経BPコンサルティングの調査モニター『日経エンタテインメント!』が発行するメールマガジン『日経エンタテインメント!メール』受信者を対象としたウェブ調査で行われる。調査は毎年3月上旬以降に行われる[1]。編集部が選出した全国ネットのテレビ番組などで活躍するお笑い芸人100組以上の中からメール受信者が、「好きな芸人」「嫌いな芸人」「この1年で最もブレイクした芸人」「来年消えると思う芸人」の4項目について、1組ずつ挙げる形式である。また、「ネタ」「キャラクター」「ルックス」「(メディア)露出の仕方」「周囲の評判」など、その理由も書かなければならない[2]。調査協力者の年齢は10代から60代、男女比率は、男性が7割、女性が3割である[1][2]2012年から休止され、2014年に復活した。

「好きな芸人」1位は調査開始の2002年から2014年まで11度連続で、明石家さんまが2位と大差をつけて選ばれている。「嫌いな芸人」では、2002年から2010年までの9年連続で江頭2:50が選ばれており、こちらも2位と大差をつけての首位。江頭が2011年も首位に選ばれなかったのは、本誌の分析によれば、2011年は調査が4月下旬から5月上旬と東日本大震災後に行われていたことから、3月に被災地へ支援に赴いた江頭の姿がメディアで取り上げられたのが影響した。また、2008年度調査から彼を「嫌い」に選びながらも、選出理由の項目に彼を応援する声を送る人が増え始めていた[2]。なお、江頭の10年連続1位を阻止したのが、島田紳助だった[3]。3年ぶりに復活した2014年の同ランキングで江頭が再び「嫌いな芸人」1位に帰り咲く。

連載コラム[編集]

現在[編集]

過去[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「お笑い芸人人気ランキング 要注意人物11」、『日経エンタテインメント!』第10巻第8号、日経BP社東京都、2006年6月、 pp.25、2011年7月8日閲覧。
  2. ^ a b c 木村尚恵、遠藤敏文、鈴木淳史「2008年版お笑い芸人人気ランキング 好きな芸人 嫌いな芸人」、『日経エンタテインメント!』第12巻第8号、日経BP社東京都、2008年6月、 pp.32、2011年7月8日閲覧。
  3. ^ Narinari.com編集部 (2011年7月7日). ““嫌いな芸人”江頭が遂に陥落、V10阻みトップに立ったのは島田紳助。” (日本語). 東京都. http://www.narinari.com/Nd/20110715860.html 2011年7月8日閲覧。 
  4. ^ 2冊の内容から選りすぐったのを合本として新潮文庫より『変なおじさん完全版』として刊行された。

外部リンク[編集]